2018年11月09日 明治神宮野球場

八戸学院光星vs東邦

2018年 第49回明治神宮野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

八戸学院光星、効いた初回の先制攻撃の5点。9回にもダメ押しで東邦を振り切る



渾身のガッツポーズをする後藤丈海(八戸学院光星)

 秋季地区大会の優勝校が集結している明治神宮大会。来春のセンバツ大会を占う上では、各地区のレベルもある程度はわかるし、非常に参考になる大会とも言える。東海地区の東邦と、東北地区の八戸学院光星の対戦は、非常に因縁のある対戦だ。というのも、2年前の夏の甲子園での2回戦で対決した両校。一時は最大7点差まで開き、9対5と八学光星がリードして迎えた9回、スタンドも巻き込んだ大応援となって東邦が5点を奪っての逆転サヨナラ勝ちとなった。この大逆転は、なぜかスタンド全体がタオルを回して東邦を応援するという空気になってしまっての逆転劇だった。そして、この逆転が、やがてタオル回しブームを呼んだことで、タオル回しそのものが禁止されるという要因にもなった。そんな因縁の試合の再現である。

 八学光星としては、甲子園の敵を神宮で…、といきたいところでもある。
 そんな八学光星の思いが初回に爆発した。「じゃんけんに負けて、先攻となったけれども、開幕戦で国歌斉唱や始球式、しかも朝8時半開始という早い時間に小雨が降っているという状況で、試合に入りにくい状況で、ベンチでは先攻でよかったというようなことを言っていた」という仲井宗基監督だったが、東邦の先発石川君が、まさに試合に入り切れないところを巧みにとらえた。 

 先頭の伊藤 大将君が中前打で出ると、バントは失敗するものの武岡君が左前打でつなぐ。二死となってから5番太山君が四球で満塁。ここで下山君に左前打が出て2者が帰る。さらに大江君が左中間二塁打して、原君も中前打でこの回いきなり打者一巡で5点が入った。

 いきなりの5失点となった東邦だが、5点までならばこの秋の東海大会も1イニングで追いついたという実績もある。その東邦、まずは杉浦君のバント安打と石川君の安打で一死二三塁として、二死後長屋君の左前打でまず1点を返す。そのまま試合はやや膠着したが、5回には下位の河合君と植田君が連打してチャンスメイクして一死二三塁から杉浦君の中犠飛で1点。そして、7回には一死後松井君と杉浦君の連打に相手失策などで満塁として4番熊田君の右前打で2点差としてなおも、一死満塁。東邦としてはイケイケの状況となっていたが、結局1点止まり。5回もそうだったが、追い上げの得点を挙げてなおもチャンスを迎えていたところであと一本が出なかった。このあたりは、八学光星の後藤君がよく粘って踏ん張っていたとも言えよう。

 そして、初回以降得点がなかった八学光星だったが9回、武岡君のバックスクリーンへ放り込むソロで追加点。さらに、死球と太山君の左前打で石川君をマウンドから降ろすと、奥田君の代わり端を下山君が捉えて右前打でこれが7点目のタイムリー。4点差となった。

 シチュエーションとしては2年前の夏と同じ9回で4点差となった東邦だったが、ここは八学光星の後藤君が臆することなくスイスイと投げ切って三人で抑えてそのままゲームセット。逆転の東邦はその底力を見せきれなかった。森田泰弘監督は「これが、力の差ということですから、仕方がないです」とサバサバ。「(石川投手は)ある程度は打たれるかなということは覚悟していましたが、捕手に聞いてもそうだったんですが、全体的にコースが甘かったですね。投手としては、まだ投げるだけですから、まだまだ学んでいかないといけないところがいっぱいある」と、この冬の成長に期待をしている様子だった。

 八学光星の仲井監督は、「石川君のエンジンがかかる前に上手く捉えて流れに乗れて一気に叩けたのは大きかった。2回以降はさすがに抑えられましたが、9回に追加出来たのは大きかった」と、展開としては非常に良かったという印象だったようだ。

 

(文=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
世代の逸材揃う神宮大会を徹底総括 【ニュース - コラム】
第782回 奥川、武岡、西原…平成最後の神宮大会で躍動した逸材たち【大会展望・総括コラム】
札幌大谷の優勝で幕を閉じた平成最後の神宮大会を総括! 【ニュース - コラム】
第781回 平成最後の神宮大会を総括 出場10チームの収穫と課題とは【大会展望・総括コラム】
高松商vs八戸学院光星【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第830回 2019年のスター候補生・武岡龍世(八戸学院光星) その素顔と意識の高さに迫る 【2018年インタビュー】
第823回 脈々と受け継がれる八戸学院光星の右のエース像 後藤丈海(八戸学院光星) 【2018年インタビュー】
第822回 本領発揮は来春の選抜までお預け!それでも潜在能力の高さは発揮した石川昂弥(東邦) 【2018年インタビュー】
第777回 平成最後の神宮大会を沸かせる逸材たち【大会展望・総括コラム】
第4回 八戸学院光星高等学校(青森・東北地区代表)「強打が持ち味の東北王者!」【第49回明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1回 東邦高等学校(愛知・東海地区代表)ミラクルが持ち味で、この秋も見せた9回裏の大逆転【第49回明治神宮野球大会 チーム紹介】
東邦vs中京学院大中京【2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会】
八戸学院光星vs盛岡大附【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
東邦vs中京大中京【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
第469回 八戸学院光星高等学校 田城 飛翔選手「武器は160キロ超えのスイングスピード!強打で支配下登録選手を勝ち取る」 【2016年インタビュー】
第358回 東邦高等学校 藤嶋 健人投手「最高の仲間とともに全国制覇へ」 【2016年インタビュー】
東邦 【高校別データ】
八戸学院光星 【高校別データ】
第49回 明治神宮野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

東邦東邦高校はカメ大王 2018.11.14
東邦高校の皆様は来年のセンバツに向けて勝利を目指して頑張っているはずです
東邦高校の今年の秋の大会は神宮の結果だけがとても残念でしたが、その東邦高校が来年のセンバツでも勝利を挙げて欲しいという気持ちは不動です
東邦サイドの皆様は今年の神宮では4点差にて八戸学院光星にリベンジされたことをカテに歯を食いしばりながら練習して、勝利を目指して頑張って下さい
私も岡山から東邦高校は今現在の監督になってから見ていて気が引き締まるカッコ良い(ロゴの)ユニホームを着続けていることもあって来年のセンバツでも応援したいです
ガンバレ東邦!!めざせ甲子園における勝利☆☆
東邦高校が来年のセンバツでもカッコ良いユニホームを着ながら勝利を挙げることを楽しみにしています
八戸学院光星リベンジだ!でーさん 2018.11.05
完全アウェーの甲子園で大逆転負けした東邦にリベンジしてくれ!
八戸学院光星2度目の優勝が見たいtad 2018.10.30
田村、北條時代以来の優勝を。
東北の選抜枠をもう1つ増やせ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る