2018年10月27日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

松山聖陵vs志度

2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

松山聖陵、腰を据えて戦い志度に7回コールド勝ち!



折田 玲(松山聖陵)

 「彼は打たれそうで打たれない」。1回表に志度・開 貴斗(2年・171センチ62キロ・右投右打・高松市立牟礼中出身)の投球練習を見るなり、新鞍 幸一監督が組み合わせ抽選会で発した弁が頭に浮かんだ。ストレートの球速は120キロながら、真横に曲がるスライダー、シンカーと球速帯はほぼ同じ。対戦相手が見極め方を誤れば打ちあぐねるタイプであることは明白であった。

 しかし、春夏一度ずつの甲子園指揮も経験している荷川取 秀明監督率いる松山聖陵は一枚上手だった。指揮官はこの試合にあたり低めを捨てさせた上で「外から入ってくるスライダーを左中間に叩く」を選手たちに指示。しかも連打の後、一死二・三塁から4番・折田 玲(2年・中堅手・170センチ64キロ・右投左打・美蹴館ヤング<兵庫>)の二塁ゴロで先制した初回は引っ張り一辺倒の布石を打った上で、2回以降からは作戦を当初予定通りに組み替えた。

 結果、志度・開は4回で7四死球と大きく制球を乱すことに。松山聖陵はそこに乗じ2回表は折田の左中間2点三塁打などで6点・3回表は1点・さらに4回表も1番・大村 侑希(2年・一塁手・185センチ85キロ・右投右打・松山市立雄新中出身)の右前適時打などで3点。計13安打4盗塁11得点で志度を圧倒した。

 対する志度も俊足リードオフマンの田村 大樹(2年・中堅手・172センチ64キロ・左投左打・三木町立三木中出身)が3回表に鎖骨骨折で退くアクシデントに見舞われながらも奮闘。3回裏には一死一・三塁から5番・國本 亮平(2年・三塁手・166センチ81キロ・右投右打・さぬき市立さぬき南中出身)が放った左中間2点二塁打などで3点を返したものの、松山聖陵の先手を打つ継投策に最後はかわされてしまった。

 こうして聖カタリナ学園相手に初回の大量失点で7回コールド負けを喫した愛媛県大会準決勝の反省を、腰を据えた7回コールド勝ちにつなげた松山聖陵。2年連続センバツ出場までの道のりは「あと2勝」である。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
種市篤暉に山本由伸、2016年ドラフト下位指名から飛躍しているのは? 【ニュース - 高校野球関連】
愛媛県の高校野球3大ニュース 全国大会で苦戦を強いられる愛媛県勢に現れた2年生の逸材たちに注目! 【ニュース - コラム】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
第10回 沖縄で着実に受け継がれる甲子園のDNA【沖縄の高校野球】
新田vs松山聖陵【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
松山聖陵vs小松【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
城南vs阿波【徳島県 2019年夏の大会 第101回選手権徳島大会】
志度vs三本松【香川県 2019年夏の大会 第101回選手権香川大会】
第934回 春夏連続・松山聖陵か?今治西復権か?それとも済美3連覇か? 急成長選手多き愛媛、大混戦大会到来【愛媛大会展望】【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第900回 【春季四国大会総括】夏の準備は、できているか?【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs松山聖陵【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
志度 【高校別データ】
松山聖陵 【高校別データ】
第71回 秋季四国地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

志度準優勝おめでとう小川 健次 2018.12.17
秋季香川た

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る