2018年11月03日 ほっともっとフィールド神戸

明石商vs智辯和歌山

2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

明石商が智辯和歌山を圧倒

 兵庫王者の明石商と和歌山王者の智辯和歌山による注目の一戦はまさかのワンサイドゲームとなった。

 今大会初登板の山元雄太(2年)を先発に送った智辯和歌山に対して明石商は序盤から攻勢を仕掛ける。1回表に一死二、三塁のチャンスを作ると、4番・安藤 碧(2年)の内野ゴロでまずは1点を先制。続く2回には二死一、二塁から1番の来田 涼斗(1年)がライトスタンドへの3ラン本塁打を放ち、追加点を挙げる。さらに続く水上 桂(2年)もレフトへの本塁打を放ち、山本をノックアウト。

 智辯和歌山は2番手に小林 樹斗(1年)を送り込むが、明石商の勢いは止まらない。明石商は小林から連打で一、二塁のチャンスを作ると、5番・溝尾 海陸(2年)の左越え2点適時二塁打で2点を追加。さらに続く河野 光輝(2年)もライトオーバーの適時二塁打を放ち、この回だけで一気に7点を奪った。

 これまでに劣勢を何度も跳ね返した智辯和歌山だったが、「冷静さが逆に油断になってしまって簡単に初球を見逃してしまった」(黒川 史陽・2年)とまだいけるという自信が逆効果となってしまう。4回まで毎回のように走者を出しながらも明石商エースの中森 俊介(1年)を捉え切ることができない。

 智辯和歌山は主戦の池田 陽佑(2年)や池田 泰騎(1年)でも火のついた明石商打線を止められず5回までに12失点。最後まで試合の主導権を握った明石商は中森が最速145㎞のストレートを軸にキレのあるスライダーを織り交ぜながら5回を無失点に抑え、5回コールドで明石商が決勝進出を決めた。

 前評判からすれば予想外の結果となったが、明石商の強さが際立ったという印象だった。特に夏の甲子園でも躍動した来田と中森の1年生コンビが能力の高さをいかんなく発揮した。来田は4打数3安打1本塁打と大暴れ。二塁打が出ればサイクル安打達成という内容だった。これまでの2試合は8打数1安打と本来の打撃ではなかったが、ここにきてスーパー1年生の真骨頂を見せてくれた。

 好投した中森も1回戦の京都国際戦では先発するも3回3失点という不本意な投球だった。さらに準々決勝の報徳学園戦では先輩の宮口 大輝(2年)が完封勝利し、期するものがあったことだろう。準々決勝までは宮口が躍動していた中でエースが意地を見せつけた。

 智辯和歌山は序盤に主導権を握られ、自分たちの野球をさせてもらえなかった。経験の浅い投手が登板したとはいえ、ここまで一方的になるのは予想外と言っていいだろう。打線も軸となる黒川と東妻 純平(2年)が無安打に抑えられて打線が上手く機能していなかった。完敗と言える内容だったが、この悔しさをバネに強くなった姿を春に見せてほしい。

(文=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明石商業が7回コールドで3回戦進出!! 【ニュース - 高校野球関連】
中森俊介(明石商)の甲子園デビューまでのルーツを辿っていく【前編】 【ニュース - インタビュー】
第948回 驕ることなく地道に積み上げた鮮烈な甲子園デビューまでのルーツ 中森俊介(明石商)【前編】 【2019年インタビュー】
第948回 柳田悠岐2世を襲名し、2020年の高卒ドライチを狙う!来田涼斗(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第947回 今春の選抜の顔・来田涼斗(明石商)!今、明かされる小・中学時代の伝説!【前編】 【2019年インタビュー】
第879回 智辯和歌山、市立和歌山の2強に割って入る台風の目は?春季和歌山県大会の展望を考察!【大会展望・総括コラム】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第869回 平成最後のセンバツ 高校野球ドットコムが選ぶベストナイン!【大会展望・総括コラム】
東邦vs明石商【第91回選抜高等学校野球大会】
第15回 攻撃的な守備は丁寧さがあって成り立つ。甲子園を魅了したショートストップ・西川晋太郎の意識改革【センバツ2019】
明石商vs智辯和歌山 2【第91回選抜高等学校野球大会】
明石商vs智辯和歌山【第91回選抜高等学校野球大会】
智辯和歌山vs啓新【第91回選抜高等学校野球大会】
明石商vs大分【第91回選抜高等学校野球大会】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第891回 150キロは目前。藤本竜輝が追求する「下半身主導フォーム」と「ボールの回転数」【後編】 【2019年インタビュー】
明石商 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

明石商明石魂佐藤久文 2018.10.28
頑張って下さい応援しています
大阪桐蔭高等学校宮本慶一 2018.10.21
楽しんで試合頑張ってくださいね。゚(゚^∀^゚)゚。
地元から応援しています

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る