2018年11月03日 ほっともっとフィールド神戸

龍谷大平安vs履正社

2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

龍谷大平安が履正社をコールドで下す

 来年のセンバツ出場が有力視されているチーム同士の一戦。両チームとも翌日の決勝を見据えてかエースを先発させることはなかった。龍谷大平安の先発は準々決勝の市立和歌山戦で好投した背番号11の左腕・野澤 秀伍(2年)。野澤は変化球でカウントを取って勝負所でインコースのストレートを突く投球がハマり、4回まで履正社打線を無安打に抑える。一方の履正社先発の植木佑斗(2年)も初回を三人で抑える上々の立ち上がり。序盤の流れでは緊迫した好ゲームになるかと思われた。

 しかし、3回裏に試合は大きく動く。先頭の9番・野澤が左中間を破る三塁打で出塁。続く中島 大輔(2年)はセンターフライに打ち取られるが、一死後に2番・北村 涼(2年)が外角のストレートを上手くライト前に弾き返し、適時打で1点を先制する。さらに二死一、二塁とチャンスは続き、5番の奥村 真大(1年)が内角高めのストレートを力強く振り抜き、レフトスタンドへ突き刺さる3ランで大きな追加点を挙げる。この奥村の本塁打で試合の流れは一気に龍谷大平安へと傾いた。

 4点を先制された履正社はたまらず4回からエースの清水 大成(2年)を投入。1回戦、準々決勝と好投を見せていた清水だが、この日は制球が定まらず本来の投球ではなかった。4回こそ無失点に抑えるが、5回には一死一塁から4番の水谷 祥平(2年)に2ラン本塁打を浴びて6点差とされてしまう。7回にも一死二塁から3連続四球を与えて押し出しで7回コールドを決められてしまった。

 この結果、龍谷大平安が優勝した2013年以来5年ぶりの決勝進出。この日は先発した野澤が3安打完封という素晴らしい投球を見せた。味方の4失策で走者を出す場面も多かったが、勝負所でインコースのストレートが決まり、強力打線の履正社を封じ込めた。野澤は府大会でエースナンバーを背負うも結果を残せずに近畿大会では背番号11に降格。悔しい思いをしたが、この日の投球は「これぞエース」という内容だった。球速も自己最速タイの138㎞を記録し、状態は右肩上がり。センバツでは再びエースナンバーを奪い取れるだろうか。打線も中軸の水谷と奥村に本塁打が出るなど、好調を維持している。京都府大会から苦戦を強いられることが多かったが、接戦をものにして試合を重ねるごとに力を付けているような印象だ。

 履正社は3回に4点を先制されて後手後手に回ってしまった印象だ。1回戦と準々決勝では打線が活発だったが、この日は野澤の丁寧な投球に翻弄されてしまった。岡田龍生監督は「対応力がないバッターが多い。凡退の内容がよくなかった」と反省点を述べた。思わぬ敗戦となったが、力のあるところは実証済み。出場の可能性が高い来年のセンバツでは能力の高さを存分に発揮してほしい。

(文=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
井上、遠藤など昨年の阪神ドラフト指名の高校生5人がはつらつとした活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
1本塁打2安打3打点の阪神2位の井上広大の活躍の背景にあった打ち損じしない技術の高さ 【ニュース - 高校野球関連】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
天理vs履正社【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1059回 ボールの見極めをチームで徹底し、悔しい敗戦を糧に頂点までのぼりつめた 井上広大【後編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
海星vs履正社【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

履正社履正社はカメ大王 2018.11.06
履正社の皆様は来年のセンバツに向けて、勝利を目指して頑張っているはずです
履正サイドの皆様は来年のセンバツに向けて、今秋の近畿地区大会の準決勝では7回コールド(勝ち)されたことをカテに歯を食いしばりながら練習して、勝利を目指して頑張って下さい
私も岡山から来年のセンバツでは履正社を応援したいです
ガンバレ履正社!!めざせ甲子園における勝利☆☆
履正社が来年のセンバツでも勝利を挙げることを楽しみにしています
龍谷大平安決勝進出おめでとうございます。平安ファン 2018.11.03
水谷くんのホームランは、すごかった!というよりキャプテンシーは抜群です。今年の平安は元気!!これからも水谷くんが主将として元気な平安を見せてください。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る