2018年10月28日 ほっともっとフィールド神戸

明石商vs報徳学園

2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

明石商・宮口がフォーム修正の成果を発揮!4安打完封でベスト4入り!!



完封勝利の宮口(明石商)

 明石商報徳学園と東西兵庫覇者同士の対決が選抜出場をかけた準々決勝で実現。それもあって、解放されている内野席はほぼ満員。夏の大会を見ているような雰囲気だった。

 試合は明石商宮口 大輝(2年)、報徳学園林 直人(2年)の投げ合いとなった。宮口は176センチ69キロの右スリークォーター。常時125キロ~133キロ。突出とした球速はないのだが、報徳学園の打者が打ちにくそうにしている。なかなかの打ちにくさがあるのだろう。また両サイドへコントロールできる投手で、また、110キロ台のスライダーも低めに集めることができる。まず目についたのはコントロールが良いこと。クロスに決まる球筋が強いことだ。好投ができる要因としてフォーム修正にあるという。
「監督さんから上半身、下半身の動きがバラバラでしたので、連動するためにフォームの修正を受けました」
 スリークォーターで投げる宮口にとって一番気を付けないといけないのは、左肩の開きが早くなってしまうこと。これまでの宮口はその動きが課題となっていたが、左肩の開きを抑え、壁を作ることを意識。そこから下半身を捩じるようにして、一気に腰を回転させる。リリースポイントも安定し、130キロ前後のストレートは両サイドに集まり、さらに自信とするスライダーも抜け球が少なくなった。また、リードする水上も冴えていた。「スイングを見て、スライダーがいいかな?直球で押した方が良いかな?とそういう動きが見えたのでうまく攻められました」と、バッテリーで協力しあいながら、無失点を積み重ねた。

 また林は夏の甲子園の時や国体の時よりも格段に良い。178センチ73キロと均整がとれた体格。ボールの筋が実によく、常時130キロ後半~141キロのストレートは回転数が高く、両サイド自在に投げ分けることができる。110キロ後半のスライダー、カーブ、チェンジアップを投げ分け、くせ者揃いの明石商打線を抑える。投球フォームを見ても下半身主導で動き、しっかりと胸を張って内回りのテークバックから打者寄りでリリースできるフォームの良さがあり、高校生のうちに145キロ前後まで速くなる奥行きの良さを感じさせる。清水 大成(履正社)同様、ドラフト候補として見ていい投手ではないだろうか。林自身も「ストレートの勢いはあったと思います」と胸を張る。

 0対0のままで動き、ついに7回裏。明石商は一死から6番河野 光輝(2年)の左前安打をきっかけに、7番清水 良(2年)は中前適時打で続き、一死一、二塁。最大のチャンスに8番岡田 光(2年)が高めに抜けたカーブをとらえ、右中間を破る二塁打でついに投手戦の均衡を破る。9番宮口も右前適時打で二者生還し、3点目。林は2番水上 桂(2年)に安打を打たれたところで降板。林は終盤、球威が落ちていた。カウントをとりにいく130キロ中盤のストレートは威力不足。力を入れた時の130キロ後半~140キロ前半のストレートを7割ぐらいで投げられるエンジンまで備えられるようになると、ピッチングはもっと楽になるはずだ。

 8回裏にも1点を追加した明石商。宮口は最後まで安定していた。報徳学園打線を4安打無失点に抑え、完封勝利。ベスト4進出を決めた。狭間監督は「いつも修正したところ練習では良くても、試合では良くなかったことが多かったんです。
 試合前には1年生の中森ばかり頑張っていて、2年生のお前もしっかりとがんばれと。それが今日は本当に良く投げてくれました」と宮口の好投を称えていた。

 県内同士の対決。お互い手の内走っているだけに非常にやりにくい相手だと語った狭間監督。ライバルといえる相手に2年生の宮口が力投を見せベスト4。価値が大きいゲームだといえるだろう。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高校野球の春季兵庫大会中止  明石商、報徳学園など秋季大会上位4校の監督に聞く 【ニュース - 高校野球関連】
ちょうど1年前の3月30日の選抜甲子園 東邦、明石商、智辯和歌山の3校が順当に8強へ 【ニュース - 高校野球関連】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1105回 進学志望から一転。明石商の名捕手・水上桂(東北楽天)の野球人生を変えた日本代表の経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1105回 明石商を二季連続甲子園ベスト4に導いた水上桂が名捕手になるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第1005回 今年もたたき上げの精神で全国制覇を目指す明石商(兵庫)!直向きさが武器【野球部訪問】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第1098回 ドラ1を現実化へ。世代を代表するスラッガー・来田涼斗(明石商)の課題 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs東山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
海星vs霞ヶ浦【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
関東一vs明石商【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
明石商 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

明石商3位に負けるな!明石の高校野球ファン 2018.10.21
どうした投手陣?!頂点目指すなら打って勝て!!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る