2018年10月28日 ほっともっとフィールド神戸

智辯和歌山vs大阪桐蔭

2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

智辯和歌山、最高の準備野球で大阪桐蔭を破る!



8回2失点の好投を見せた池田泰騎(智辯和歌山)

 大阪桐蔭vs智辯和歌山。今季3度目の対決。

 この試合は智辯和歌山が自慢の打線がしっかりと発揮できるか。前日では好投手擁する大阪偕星学園にコールド勝ち。これまでの経験者はさらに円熟味が増し、隙のない打線となっているが、勝負所を見逃さず、叩き込めるか。

また、絶対的な投手がいない智辯和歌山は、どうすれば、大阪桐蔭打線を最少失点にしのぐことができるか。そこがポイントとなっていた。

 智辯和歌山は冷静な試合運びを見せた。まず1回表、大阪桐蔭に内野ゴロから1点を先制されるが、2回裏、智辯和歌山は一死二、三塁から8番池田 泰騎(1年)の遊ゴロ内野安打で同点に追いつくと、恐怖の9番・綾原 創太(1年)が痛烈な中前適時打で勝ち越しに成功する。綾原はグラウンドから離れると、初々しい高校1年生だが、打席に立つと雰囲気がある。どっしりとした構えから手元までボールを呼び込んで高速スイングで、打ち返す打撃技術の高さは9番打者ではない。綾原は「中谷先生から口すっぱしくいわれている『最高の準備』。得点圏の場面でどう打ち返すのか。それを実践できてよかったです」と笑顔で振り返った綾原。その後、二夜連続押し出しもあり、4点目を入れる。

 さらに3回裏には8番池田泰が適時二塁打を放ち、5対1と点差を広げる。池田は投手ではあるが、打撃が実に良い。構え方がゆったりとしていて、シャープなスイングを実現する。また投手としては、インステップ気味に踏み込んで、一気に回旋をさせる投球フォームから常時120キロ後半~130キロ前半のストレート、カーブ、スライダーを投げ分ける。

 この日は大阪偕星学園戦よりも制球が安定していて、初球からストライクを取れる。これは正捕手・東妻 純平(2年)が前日の試合後の取材でも課題にしていたことで、今日の池田泰はよどみなくストライクが取れる。それを実現するためにバッテリーで工夫したことがある。それは捕手が構える位置をボール寄りにしたこと。

 前日の試合後、バッテリーとの話し合いで、池田泰はボール寄りに構えたほうが投げやすいと東妻に申し出て、東妻もそれに応じ構え方を工夫した。結果として東妻は「前日の試合よりコントロールが良かった」と絶賛。また、大阪桐蔭打線は直球が強いと分析していた東妻は、変化球でどうストライクを取ることができるかを考えていた。そのために打者の動きを見逃さず、変化球を狙っているとみれば、ストレート勝負。ちょっとした動きを見逃さなかった。池田泰は「前日の試合は急ぎすぎて投げてしまったところがあったので、落ち着いてゆっくりと投げることができた」と手ごたえを感じながら投球を進めていった。協力して抑えるバッテリーを見て、中谷監督も「冴えたリードができていました」と目を細めた。

 8回表、大阪桐蔭は3番西野 力矢(1年)の適時打で反撃したが、9回表、池田 陽佑(2年)が大阪桐蔭打線を抑え、ついに勝利。準決勝を決めた。念願の勝利といえるが、当の選手たちはそれほど意識しているわけではない。近畿大会準々決勝、どこと当たっても、強敵だとみていたからだ。次は明石商。中谷監督は「明石商さんは高校生では難易度が高い作戦を実行するチーム。戦いにくい相手ですので、もう一度、しっかりと準備をして臨みたいと思います」と語った。

 最高の準備。今年の智辯和歌山はこの言葉を合言葉に、近畿の頂点を目指す。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世那、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1140回 1年から名門・智辯和歌山の4番に座る徳丸天晴。目指すは高校通算50本塁打 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs智辯和歌山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る