2018年10月27日 ほっともっとフィールド神戸

大阪桐蔭vs橿原

2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

大阪桐蔭、13安打10得点で6回コールド勝ちを決める



コールドを決める二塁打を放った西野力矢(大阪桐蔭)

 5季連続の甲子園出場を狙う大阪桐蔭が盤石の強さを見せた。まず2回裏、二死から6番山田 優太(2年)から二塁打を放ち、7番石井雄也の適時打で1点を先制。3回裏、一死二塁から2番宮本涼太(2年)が左中間を破る適時二塁打で2点目を入れると、4回裏には石井の2安打目と適時打と、さらに1番柳本 直輝(2年)が3ラン。次につなぐつもりで打席に入った柳本。それが良い形で実った。柳本が参考にしているのは先輩の宮﨑 仁斗

「同じレフトですし、右打者。守備、打撃は参考にしています。とにかく先輩たちから学びたいのは粘りうち。粘って粘って次につなぐ執念があったので、それができるようにしたい」

 まだ高校通算2本目。バッティングを見てみてもバットを立てた構えから内回りのスイングでボールをとらえる選手。スイングスピードや打球速度を見ても、前チームのレギュラーと比べても劣っている選手に見えない。これほどの選手が夏はベンチ外だったのだから、恐るべし選手層の厚さである。

 そして6回裏、9番西浦 喬太郎(2年)の適時打、内野ゴロで2点を入れ、一死一、二塁の場面で打席に立ったのは3番西野 力矢(1年)。これまでの打席で凡退していた西野は「今までの打席ではうまくタイミングがとれていなかったことを反省して打席に入りました」とタイミングの取り方を修正して、とらえた打球はレフトフェンス直撃の二塁打。二者生還して大阪桐蔭がコールド勝ちを決めた。

 西野は180センチ90キロの右のスラッガー。左足を高々と上げてからまっすぐ踏み込んでいく独特の足の上げ方は高校から始めたもの。狙いはタイミングの取り方をよくするためだ。「コーチの方に指摘を受けて少しずつ今の形にしていきました。少しずつその形になっていると思います」と手ごたえを感じている。この試合は凡打が多かったがコールドを決めた打席の打球速度の速さは1年生とは思えない。

 13安打10得点と完璧な試合運びで準々決勝進出を決めた大阪桐蔭。次の智辯和歌山戦が正念場となりそうだ。

(文・写真=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
健大高崎時代は3季連続甲子園出場 勝たせる捕手・柘植世那(西武)の軌跡を追う 【ニュース - 高校野球関連】
150キロ台到達へ!荒削りの145キロ右腕・牟田稔啓(香椎)の歩み 【ニュース - インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
第1100回 大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 【2020年インタビュー】
第1097回 憧れは野茂英雄。世界一、日本一の投手になるために1分1秒を無駄にしたくない 関戸康介(大阪桐蔭)【後編】 【2020年インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭 【高校別データ】
橿原 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

橿原11期橿高OB吉岡 靖史 2018.10.18
2019年春に甲子園で応援したい。何とか善戦!楽器を持って応援に行く?
橿原食らいつけ!橿高ファン 2018.10.17
相手がどこだろうと橿高魂で食らいつけ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る