2018年10月27日 ほっともっとフィールド神戸

智辯和歌山vs大阪偕星学園

2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

恐怖の9番綾原を生んだ確かな準備とケースバッティング



6打点の活躍を見せた綾原(智辯和歌山)

 今年も智辯和歌山打線は強烈だ。対するは大阪3位の大阪偕星学園。試合を優位に進めていった。

 大阪偕星学園の先発は背番号1をつけた福田 慈己(2年)だった。145キロ右腕・坪井 悠太(2年)は股関節の故障のため、登板回避。だが、福田もなかなかの好投手だった。177センチ73キロと均整がとれた体格をした福田は走者がいなくてもセットポジションから始動し、ゆったりと左足を上げていき、まっすぐ踏み出していきながら、内回りのテークバックから打者寄りのリリースで投げられる完成度の高い投球フォーム。常時135キロ~140キロの直球は回転数が高く、両サイドへ投げ分けができる精度の高さがある。智辯和歌山の打者陣は「うまく責められた」と振り返る。

 それでも1回表、智辯和歌山の1番細川 凌平(1年)、2番西川 晋太郎(2年)の連打を浴び、さらにバッテリーミスから1点を先制する。

 だが1回裏、大阪偕星学園は敵失からチャンスを作り、一死二塁から3番松山 侑生(2年)が右前適時打を放ち、1点を先制。二死一、二塁から6番鏑木 隆馬(2年)の左前適時打で2点目を入れる。さらに3回裏にも一、三塁のチャンスから併殺で1点を入れて3対1とされる。

 福田は強打の智辯和歌山打線に対し、丁寧なピッチング。135キロ前後の直球は見せ球にして、110キロ後半~125キロのスライダー、110キロ台のカーブ、125キロ前後の縦系の変化球を低めに集め、安打を打たれながらも要所を締めるピッチング。5回表に犠飛で1点を失ったが、またも、6番鏑木の適時打で4対2とした。

 大阪偕星学園がリードで折り返した6回表、智辯和歌山の中谷仁監督は「甲子園に行きたいやろ」と檄。ここから強打の智辯和歌山が牙をむく。

 一死一、二塁のチャンスから9番[player]綾原 創太[/player](1年)。綾原は「初回にエラーしていて自分の持ち味である声もでていなかった。次につなぐつもりで打席に入った」と打席に入った綾原は高めに入ったストレートを振り抜き、レフトスタンド最前列に飛び込む3ランで逆転に成功。これが公式戦2本目、高校通算4本塁打目となった。

 綾原は第1打席でも低めの変化球を打っているように対応力が高く、本塁打のシーンを振り返っても腰を鋭く回転させて持って行った。170センチ69キロと体格は大きくないが、技術、パワーが優れた9番打者として見逃せない存在だ。

 さらに猛攻は続く。1番細川がスライダーを押し込んで右中間を破る二塁打を放ち、二死一、二塁となって、4番東妻 純平(2年)が甘く入ったスライダーを逃さず弾丸ライナーでレフトフェンス直撃の適時二塁打。その後も佐藤 樹(2年)の適時打で、8対4と大きく点差を広げる。

 これで勢いに乗った智辯和歌山。7回裏に1点を失うが、8回表、智辯和歌山はスクイズでまず1点を追加すると、二死満塁から再び9番綾原。綾原は左中間を破る走者一掃の二塁打で12対5と7点差とした。9番打者ながら、3安打6打点の大活躍。主将の黒川史陽も「普段長打を打たないんですけど、あんなに長打が出てびっくりしています。今日のラッキーボーイですね」と1年生の活躍をたたえた。

 また活躍できているのは偶然ではなく、普段の練習の積み重ねが結実した。中谷監督は今年の打線について、6番、9番に走者がたまるので、6番、9番の活躍がキーマンになると語っている。そのために綾原は普段のケースバッティングから走者がたまった状況で打つことが多い。だから綾原はチャンスの場面でも心づもりができていた。

「練習からいつもああいう場面で打っていたので気持ちの準備はできていました」
実戦を想定した練習の積み重ねがラッキーボーイを生んだのだ。その後、3投手の継投リレーで、8回コールド勝ちを収めた智辯和歌山。序盤リードされていても、後半からの反撃は素晴らしく、18安打12得点。左打者は逆方向に鋭い打球が飛び、9番綾原は6打点と、高校通算11本塁打の黒川、17本塁打の東妻が3番、4番に控えていて、打線に隙がない。

 次の準々決勝・大阪桐蔭戦は正念場だ。

「一番大事な試合です。絶対に勝ち取りたい」と意気込むエース・池田。今年3回目の直接対決を制することができるか。

(文・写真=河嶋 宗一
(フォトギャラリー=中谷 明

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近畿地区で唸りをあげる速球派投手3名を紹介!!【今日のコム注】 【ニュース - 高校野球関連】
「捲土重来」を果たした江原佑哉(筑陽学園)の主将力に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第869回 「自己否定」と向き合い続けた江原佑哉(筑陽学園)の主将力 【2019年インタビュー】
第837回 黒川、東妻、来田など近畿の野手たちに注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本野手編】【大会展望・総括コラム】
第23回 俳優・吉村卓也の新年1発目のコラム!高校野球が教えてくれる事【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
第829回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
第862回 東海地区屈指のスラッガー・石川昂弥(東邦)が目指すのは「甲子園」と「世界」での活躍! 【2019年インタビュー】
第78回 2019年から始める! キミにぴったりの野球ノートの取り組み方は?【高校野球コラム】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集】
明石商vs智辯和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第804回 大阪桐蔭撃破のキーマン・東妻純平(智辯和歌山)細やかな準備が勝利を呼ぶ ! 【2018年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪偕星学園vs大体大浪商【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
智辯和歌山vs桐蔭【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
第744回 楽しさと辛さの両方を味わいながら甲子園準優勝! MIZUNO 田林正行さんが語る高校野球への想い【後編】 【2018年インタビュー】
第743回 無名球児から夏の甲子園準優勝投手へ! MIZUNO 田林正行さん(智辯和歌山出身)はいかにしてエースになったのか【前編】 【2018年インタビュー】
大阪偕星学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
平成30年度 秋季近畿地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (7)

大阪偕星学園残念!ジョージ 2018.10.27
力負けしましたね。
でもこれは必ず経験則となって必ず強くなります。
大阪桐蔭、履正社に二大勢力に次ぐ第三の勢力に成長して欲しい。
大阪偕星学園良く頑張りましたね!此花OB 2018.10.27
さすが、ちべん強し!
大阪偕星学園ナイスゲーム此花バスケ部OB 2018.10.27
いや〜強い、終盤 好球 必打 これが全国レベルかと感服しちゃいました。そんな相手に真正面からぶつかってこの好ゲーム、偕星の皆さんは伸びしろだらけですね!また春に向けて頑張ってください。父兄の方いつもドリンクいただきありがとうございます。応援では引退した先輩が声を枯らしてましたね。いいチームですね、きっと、もっと強くなる。応援してます!
大阪偕星学園輝け♩輝け♩輝け〜♩此花バスケ部OB 2018.10.27
この場に立てることを誇りにして、自分たちの力を思う存分試してほしいです。横綱相手の大金星、期待してますよ〜!
大阪偕星学園センバツ初出場!鯰江つよし 2018.10.20
智辯和歌山打線を坪井のスライダーで完封!頑張れ偕星!
大阪偕星学園打倒智辯和歌山此花OB 2018.10.18
今まで通りやれれば間違いなく勝てる応援行きます(^^)
大阪偕星学園まず1勝!ジョージ 2018.10.17
相手は甲子園常連校、名前負けしないよう頑張れ!
1勝しなければ選抜はない。
試合ごとに上手くなっている。自分の力を信じよう。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る