2018年10月27日 四日市市営霞ヶ浦第一野球場

東邦vs中京学院大中京

2018年秋の大会 第71回秋季東海地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

底力を見せた東邦、9回5点差を追いつき延長10回、再逆転のサヨナラ勝ち



サヨナラ勝ちに歓喜する東邦の選手たち

 大会前から下馬評の高かった愛知県1位と岐阜県1位の両校。2回戦ではそれぞれコールドゲームで勝ち上がってのベスト4進出である。そういうところから見ても、まずは、評判通りの力を示したと言っていいであろう。そんな流行の対戦だけに、レベルの高いぶつかり合いが期待された。

 ところが、その試合は、思いがけない形のラストシーンが待っていた。

 試合展開としては、2回に中京学院大中京は7番元君、東邦は8番杉浦君と、ともに下位の打者とは思えないような鋭い打球で2ランを打ち合って2対2。これで試合は活発な打ち合いになっていくのかなというイメージで始まった。東邦は、3回にも7番長屋君の右越ソロ本塁打でリードする。

 しかし4回、中京学院大中京はこの回3四球と二村君の犠飛、井上君、申原君の連続二塁打などで4点を奪う。東邦の投手陣も、森田泰弘監督が「植田は調子がよくない」と見極めて、4回一死で交代したものの、2番手の奥田君もそのイニングは制球が定まり切らなかったということもあって、4失点に繋がってしまった。

 こうして、中京学院大中京が3点リードした形で、試合は以降やや膠着気味となる。中京学院大中京の不後君は「安定感としては一番」という評価でもあり、流れとしては中京学院大中京かなと思えた。9回にも二死満塁から元君の右線二塁打で2点を追加したことで、これがダメ押しになっていくかなと思われた展開だった。ただ、この回に5番に入っている不後君が腰のあたりに死球を受ける。その後の展開を考えるとこれが微妙に影響してしまったかなという気がしないでもない形となった。

 というのも、東邦が粘り強かったこともあるが5点差を守り切れなかった。

 「5点リードされていた状況でも、ベンチは明るかったので、まだ諦めないで、一つずつ返していこう」

 それを伝えたという森田泰弘監督だが、その通りになっていったのだから見事だった。

 この回東邦は、先頭の2番河合君がポテン安打で出ると、最も期待されている石川君は三振。しかし、その後熊田君と、成沢君、坂上君と3連打で1点を返しなおも一死一二塁というところで、長屋君が起死回生の3ランを左翼へ放つ。まさに、「ここはホームランしかない」という場面での一発である。その勝負強さというか、驚異的な粘りは敬服に値するといってもいいであろう。

 こうして試合は、延長にもつれ込むこととなった。意識としては、勝っていた試合を追いつかれた中京学院大中京と、9割がた負けていた試合を追いついた東邦。延長に入ってのモチベーションは違うだろうなと思っていたが、10回に中京学院大中京は先頭の9番二村君が二塁打して、それを生かして1点を奪う。ただ、さらに続いたチャンスを生かし切れなかったことが、その裏に響いてしまった。

 その裏の東邦、先頭の2番河合君は四球で出ると、ここで中京学院大中京の橋本哲也監督は、ここまで頑張った不後君から左翼手として守っていた元君にスイッチした。元君は、県大会決勝では大垣日大に対して投げ勝っているだけに、信頼もある。

 しかし、東邦は石川君の一打が、風の影響もあって、ポテン安打で一二塁とする。熊田君の一打はあわや逆転サヨナラ打と思われたが、大きな右飛で一死。それでも、続く成沢君の打球は左翼線にポトリと落ちて、これが2者を帰す逆転サヨナラ打となった。

 東邦の森田監督は、10回に1点リードされても、「(9回に)5点返せたんだから、1点くらいは軽いだろう」と、選手をリラックスさせながら送り出して、それが結果を見出した。「よく堪えて、よく頑張ったと思いますよ」と、選手たちの辛抱した力を評価していた。

 一方、思わぬ形になってしまった中京学院大中京の橋本哲也監督は、終始ため息交じりで残念だったとしか言いようがないという様子だった。

(文・写真=手束 仁
(写真:img34~ 松倉 雄太

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
最高条件で仮契約を結んだ石川昂弥(東邦)は2020年代を担う三塁手になれるか? 【ニュース - 高校野球関連】
夏4強・中京学院大中京の二刀流・元謙太のこれまでと新主将としてのチーム作り 【ニュース - インタビュー】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1045回 アイツは真ん中に構えるだけでいい。剛腕・赤塚健利の持ち味を引き出した藤田健斗の操縦術【後編】 【2019年インタビュー】
第1047回 甲子園4強に導いたプロ注目捕手・藤田健斗(中京学院大中京)のクレバーさに迫る 【後編】 【2019年インタビュー】
第1042回 周囲から高評価も慢心は一切ない好捕手・藤田健斗(中京学院大中京)が成長できた「客観的視点」【前編】 【2019年インタビュー】
第1042回 規格外のスケールを誇る剛腕・赤塚 健利(中京学院大中京)の能力を引き出した「2つの教え」【前編】 【2019年インタビュー】
履正社vs中京学院大中京【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
中京学院大中京vs八戸学院光星【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第228回 石川、森、韮澤…。プロ志望表明のU-18代表野手はプロで活躍できる魅力が備わっている【ドラフト特集コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第22回 世界一への道は、野手陣の成長が最重要!U-18野手の走攻守の課題を洗い出し!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
千葉日大一vs東邦大東邦【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
中京学院大中京vs作新学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
中京学院大中京 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
第71回 秋季東海地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

東邦静岡から愛を込めて銕川みどり 2018.10.27
父が東邦の卒業生で野球部でした。
毎回 テレビで応援していました!
全国大会は、生で応援しに行きます。
頑張って下さい!
中京学院大中京東海大会中京OB 2018.10.22
三重戦と同じく勝つと思うな思えば負けよ負けてもともとこの胸に奥に生きている柔の夢を・・・詩はまだ続きますが、この心意気で試合をして下さい。応援しています。顔晴れ中京学院大中京。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る