桐蔭学園の優勝にみえた、内角は諸刃の剣だということ



優勝が決まり、長谷川颯(桐蔭学園)がガッツポーズ!

 神奈川2位の桐蔭学園、そして埼玉1位の春日部共栄。勝てば神宮大会への道が開ける決勝戦は、初回から思いもよらぬ展開となる。

 その前に触れておきたいことがある。それは桐蔭学園の打線の組み換えである。
春日部共栄戦】
1番・馬場 愛己
2番・冨田 健悟
3番・森 敬斗
4番・上川 航平
5番・山崎 駿
6番・神田 ―汰
7番・川久保 瞭太
8番・清水 聖
9番・山本 慎太朗

習志野戦】
1番・冨田 健悟
2番・山本 慎太朗
3番・森 敬斗
4番・上川 航平
5番・馬場 愛己
6番・川久保 瞭太
7番・神田 ―汰
8番・伊禮 海斗
9番・清水 聖
と先発が伊禮から山﨑に変わったことで、習志野戦で5番だった馬場が1番に上がるなどの大幅な変更があった。

 一方の春日部共栄は先発オーダーを変えず、マウンドには連投でエース・村田 賢一が上がる。村田はスピードそのものは昨日と比較してもさほど落ちていないが、ストライクゾーンになかなかボールが集まらない。加えて山梨学院戦の終盤で見せた体のキレがなくどこか疲労が見えた。

 桐蔭学園打線は、その村田の疲労を逃さなかった。
 1番・馬場がいきなりレフトへ三塁打でチャンスを作ると、続く2番・冨田がレフトへのタイムリーで桐蔭学園が先制。すると、ここで3番・森は追い込まれてから内角寄りの高めに来たボールを捉えると、本人は打球を行方を見ながら一塁へ歩く。その当たりを見れば一目瞭然。ライトへのホームランで2点を追加して3対0とする。

 その後、6番・神田と8番・清水のタイムリーで5対0と大量リードを奪った桐蔭学園だったが、春日部共栄がすぐに反撃を見せる。

 1番・黒川 渓がセンター前で出塁すると、2番・木村 大悟の打球を味方がエラー。黒川がホームを踏み1点を返すと、続く3番の平尾 柊翔がセンター前へタイムリー。さらに5番・石﨑 聖太郎がライトにホームランを放ち5対3。

 1つのエラーで流れが傾き失点した桐蔭学園。この悪い流れをなかなか止められない。
 続く2回には内野安打で出塁を許した8番・片平 進を1番・黒川のレフト前でホームに返されると、2番・木村にもタイムリーが飛び出しあっという間に5対5の同点。春日部共栄にすぐさま追いつかれてしまった。

 その後は5回に両校ともに1点ずつを奪って6対6で前半を折り返す。

 この打ち合いの結末はどうなるのか。観客の緊張した面持ちで見つめた後半はあの男の一撃で決した。