2018年10月23日 山日YBS球場

桐蔭学園vs佐野日大

2018年秋の大会 第71回秋季関東大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

手堅い試合運びは強い桐蔭学園そのもの!24年ぶりの4強入りを決める!



4安打を放った菅野 秀斗(山梨学院)

 1回戦の常総学院戦では主将・森 敬斗(2年)の逆転サヨナラ満塁本塁打で勝利した桐蔭学園。その勢いは準々決勝でも持続していた。

 試合は3回表、一死一、三塁のチャンスで迎えるは森。森は中犠飛で1点を先制すると、4回表、無死一、三塁の場面で、7番馬場 愛己(2年)の右前適時打で1点追加。さらに伊禮 海斗(2年)が絶妙なスクイズ。これで3点目。その後、内野ゴロで1点を追加し、5回表には4番上川 航平(2年)が右越え二塁打、5番神田 一汰(1年)の犠打で一死三塁とすると、6番川久保 瞭太(1年)の適時打で、5対0。佐野日大のエース・松倉 亮太(2年)はここで降板。外角付近に集まりすぎていたところはあったが、しっかりとコンタクトできていて、バント、盗塁と小技がどんどん決まり、完全に桐蔭学園のペースとなっていた。

 先発の伊禮は125キロ~130キロ前後の速球、スライダー、カーブ、チェンジアップを低めに集めるピッチングで、5回裏に1点を失うが、6回以降、桐蔭学園は着実に点を追加する。6回表には主将・森の適時二塁打、8回表にはスクイズ、9回表には森が二死満塁から一塁内野安打と8対1と点差を広げた。

 伊禮は最後までリズミカルなピッチング。そのピッチングを演出していたのは、内外野の堅い守備にある。ショートの森が三遊間に深いゴロを処理して自慢の強肩でアウトにすれば、外野へ奥深くに飛んでも落下地点に素早く到達する打球勘の良さでアウトにすることができていた。

 そして伊禮は6安打、2失点完投勝利で、平成6年の宇都宮開催で優勝した以来となる4強入りを決めた。

 桐蔭学園は無失策を記録した堅い守備。さらに、スクイズ、犠打を絡めた攻撃。機動力を絡めながら、確実な試合運びをしていく姿は強いときの「TOIN」と思わせるものだった。

 16年ぶりの選抜へ前進した内容となったが、次は習志野と対戦。駆け引きが優れた習志野との対戦はまたチーム力を高める良い機会となるはずだ。

(文・=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜が大苦戦!横浜や桐蔭学園、東海大相模などの6試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
大波乱の神奈川!?慶應義塾や桐蔭学園など強豪校が続々敗退【春季神奈川県大会・13日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
第203回 木製バットを握った野手陣の実力は?強肩捕手、逸材遊撃手たちを考察!【前編】【ドラフト特集コラム】
第870回 今年の神奈川はシード権をかけた3回戦に注目!序盤から見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第572回 「ストップ・ザ・作新」に向けた佐野日大のマインドセットに迫る【後編】【野球部訪問】
第571回 佐野日大の秋の躍進を生んだ「団結力」と「守備力」の秘密【前編】【野球部訪問】
啓新vs桐蔭学園【第91回選抜高等学校野球大会】
第861回 注目校・明石商や桐蔭学園が登場!大会5日目の見所【大会展望・総括コラム】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第868回 九州王者の背番号1・西雄大(筑陽学園)を成長させた九州大会の激闘 【2019年インタビュー】
筑陽学園vs桐蔭学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
桐蔭学園vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
習志野vs桐蔭学園【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
佐野日大 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
第71回 秋季関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

佐野日大レベル数段アップ辺わた 2018.10.23
松倉君と桐蔭打者あってしまい4回7安打5失点
緩いボール使わなあったのか?桐蔭は研究してきて絞られた感あり
もっともっとドン欲に野球を追求しないと関東あたりでも通用しない。
打線は2年前半である程度打てるめどを立てないとチームの勝利はない。栃木の打力は関東でも最低です。奮起をねがう・・よ
桐蔭学園感動をありがとう萌え出でし草 2018.10.23
「奇跡」という言い方が申し訳ないくらい、余りにも劇的なホームランでした。本当に素晴らしいキャプテンだ、森くん。

選手の皆さんがOBを気遣うコメントをするたびに、無言のプレッシャーをかけてはいないかと自戒してます。OBとか伝統とかに押し潰されることなく、それら全てが皆さんを見守る力だと思って頂ければ幸いです。

先のことは考えず、目の前の一球一球にベストを尽くして下さい。桐蔭ファイト!
桐蔭学園必勝!加藤富美 2018.10.22
常総高に逆転勝利した勢いをそのまま切らさずガンバレ~。
佐野日大佐野日大がんばれーこば 2018.10.22
あと 1勝 久しぶりの 選抜 目指せ佐日 がんばれー

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る