2018年10月23日 山日YBS球場

習志野vs東海大甲府

2018年秋の大会 第71回秋季関東大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

習志野 会心の選手&投手起用!山梨1位の東海大甲府に完勝!



高橋雅也(習志野)

 地元開催・山梨1位の東海大甲府が登場。大会4日目で登場と、これは1会場ために遅い登場だ。東海大甲府は全校応援、習志野も1回戦に引き続き吹奏楽部を動員。小瀬を会場にした全国大会のような雰囲気となっていた。

 2年ぶりの選抜を目指す東海大甲府。先発を託されたのは東海大甲府の先発・加藤 匠(2年)だ。三塁側のプレートを踏んで、インステップ気味に踏み込んで真っ向から振り下ろす右のオーバーハンドだ。2年前の主戦格だった松葉を思い出す投手である。加藤はその松葉よりも球速はある。常時130キロ~138キロ(最速140キロ)の速球派威力があり、スライダー、カーブの精度もまずまず。関東大会でもなかなかのレベルの投手だといえる。

 だが、習志野、今日は全体的にバットが振れている。1回表には根本 翔吾(2年)の三塁打、2回表には三塁打をきっかけに二死満塁のチャンス。1番角田 勇斗の押し出し四球、2番小澤 拓海のプッシュバントが一塁手の頭を超え、2点目を入れると、3回表には5番に入った高橋 雅也(1年)が二塁打。この日の高橋は加藤のボールに対し、実に合っている。高橋雅はさすが5番に入るだけあって、鋭いレベルスイングでパンチショットができる選手で、こういう選手が控えているのだから心強い。ちなみに彼も角田、小澤と同じく佐倉シニア出身である。佐倉シニアおそるべし。

 さらに3回表、一死一、二塁では7番・櫻井 亨佑(1年)がストレートをとらえセンターの頭を超える長打。二者生還し、5対0とする。

 ここで3回裏、東海大甲府は攻撃に入る前に、村中秀人監督は選手を集め、座らせて話し込んだ。すると、2番・齊藤龍成(2年)が左中間を破る適時二塁打、3番・鈴木虎我(2年)も甘く入ったスライダーを逃さず左中間を破る適時二塁打で2対5と3点差へ。

 習志野は先発・山内翔太(1年)は降板。山内はいつも降板する特異、ライトを守るが、今回はそのまま降板。2番手としてマウンドに登ったのは岩沢 知幸(2年)がマウンドに登る。岩沢は110ロ台の速球と緩いカーブで勝負する右のアンダースロー。実は公式戦初登板。こんなタイプの投手がいるのかと驚きを隠せなかった。秘密兵器が成功するのは立ち上がりが不可欠。岩沢は4回裏、あっさりと無失点で退けると、さらに5回裏も、一死満塁のピンチもしっかりとしのぐ。

 追加点を入れたい習志野は7回表、二死から4番高橋 一翔(2年)が安打で出塁。5番高橋雅がこの日、3安打目となる右前安打で一死一、三塁。ここで東海大甲府の敵失が飛び出し、1点を追加。さらに追い打ちをかけたい習志野は二死二、三塁とチャンスを拡大させ、7番櫻井が一塁強襲安打で二者生還して、8対2と6点差に広げた。

 しかし7回裏、3番小林が甘く入った変化球をひきつけてとらえた打球はレフトスタンドへもっていく2ラン本塁打で4点差に迫る。もし追加点がなければ1点差になっていただけに大きい3得点だった。それにしても3安打の小林の安打はすべて長打。ストレートにも強く、変化球にも強い。それができるのは癖のない構えからしっかりとタイミングが取れているから。インサイドアウトのスイングで、さらに軸がぶれずにキレイに腰を回転ができている。三塁守備を見ていても1つのエラーはあったが、動きはよく、肩も強いので、高いレベルでも活躍できる素養を持った野手である。

 岩沢は先頭打者に四球を与えたところで降板。マウンドに登ったのは飯塚 脩人。やはり2日前に、9イニングを投げた影響からか、ボールの走りは今ひとつで、常時135キロ前後で、突き刺さるような威力あるストレートは少ない。それでも不調でも粘れるのが成長点。一死満塁のピンチも併殺打に打ち取る。飯塚は9回になってエンジン全開。本日最速の144キロのストレートでねじ伏せ、山梨チャンピオンの東海大甲府を下し10年ぶりの4強入りを決めた。

 今回は選手起用が会心だった。1番角田、2番小澤コンビで2得点をもぎとり、5番に入った高橋雅が3安打の活躍、関東大会から2試合続けてスタメンの櫻井が鋭い打球を飛ばし、また投手起用では左の山内、右アンダー・岩沢、速球派・飯塚のリレーと、東海大甲府打線を翻弄した。

 県大会から見続けてきた打撃内容、選手の起用、すべてがはまるという会心の試合内容で関東大会ベスト4入りを決めた習志野ナインの勝負強さに感服である。

(文・=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【山梨】東海大甲府が山梨学院の5連覇を阻止!1年生大会は山梨学院が2連覇!今年行われた3大会を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
高部 瑛斗(現ロッテ)は東都2部の歴代最多安打記録を更新!2015年夏、全国16強入りを果たした東海大甲府ナインのその後 【ニュース - 高校野球関連】
第151回 「まるで打球音が違った」ミスタードラゴンズの道を突き進む高橋周平(東海大甲府出身)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
常総学院vs東海大甲府【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1249回 スラッガー・渡部海夢(東海大甲府)の強みは実戦に即した努力ができること。最後の夏に才能が開花!【後編】 【2020年インタビュー】
第1247回 飛距離は高橋周平以上!?名将も認めた渡部海夢(東海大甲府)の長打力の秘密とは?【前編】 【2020年インタビュー】
第1016回 戦国千葉2020を制するのは?激戦が予想される準々決勝の見所を徹底紹介【大会展望・総括コラム】
習志野vs県立船橋【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
第270回 習志野期待のプロ注目スラッガーコンビ・和田泰征と櫻井享佑が見逃せない【ドラフト特集コラム】
習志野vs船橋東【千葉県 2020年夏の大会 2020夏季千葉県高等学校野球大会 地区トーナメント】
第1016回 戦国千葉2020がスタート。8ブロック別で注目カード、注目の逸材を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1057回 高部瑛斗(国士舘大) 国士舘大のイチロー・高部瑛斗が持つ打撃の神髄【後編】 【2019年インタビュー】
第1053回 常に成長を促した競争意識とチャレンジャー精神。そしてイチローの存在 高部瑛斗(国士舘大)【前編】 【2019年インタビュー】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
東海大甲府 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
第71回 秋季関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (10)

習志野東海大甲府戦雑草の如く逞しく 2018.10.23
今日も全員野球、選抜出場おめでとう。かっこよすぎて涙が出ました。
習志野やったやったo(^▽^)oo(^▽^)o習志野ファン 2018.10.23
新チーム強いぞ!!関東大会優勝狙える!
習志野レッツゴー習志野習志野ファン 2018.10.23
習高頑張れ!!
習志野やれる‼️習志野ファン歴28年 2018.10.22
最後まで諦めない❗油断しない❗
習志野なら出来る⤴️⤴️⤴️
もっともっと応援させてください(^o^)/
習志野レッツゴー習志野チーバくん 2018.10.22
明日は勝ってくれ〜
土曜日にまた山梨に行きたいよ
習志野野球習志野ファン 2018.10.22
習志野のらしい野球で勝ちましょう‼️
東海大甲府必勝甲府頑張って! 2018.10.22
東海大甲府ファンです!頑張ってください
習志野初戦突破おめでとう‼‼中村ルフィ 2018.10.22
初戦とてもいい試合でした‼あと一勝‼一旦帰ってまた来ます‼絶対勝つぞ‼‼
習志野あとひとつ勝って選抜当確を!!習志野ファン 2018.10.21
まずはあと1勝!!頑張れ習高o(^▽^)o
習志野一戦一戦習志野ファン 2018.10.21
習高の野球で勝利目指して頑張って下さい!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る