2018年10月22日 山日YBS球場

山梨学院vs前橋育英

2018年秋の大会 第71回秋季関東大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

山梨学院の恐怖の2番・菅野が4打数4安打4得点の活躍!7回コールド勝ちで4強へ



4安打を放った菅野 秀斗(山梨学院)

 ポテンシャルが高い選手が多く揃う山梨学院。その中で最も良い打者はだれか?となると、初戦で本塁打を放った野村健太(2年)ではなく、2番菅野 秀斗(2年)である。この選手の良さは操作性が高いバットコントロールである。中央学院戦の第1打席は低めの変化球をとらえて二塁打にしたように、どのコースに対しても、自在にレベルスイングができる打撃はハイレベル。関東大会に進むと、インサイドアウトで鋭い打球が打てる打者が多いが、菅野はどの状況、どのコースでもインサイドアウトのスイングができるのだ。菅野は1回戦に続き、見せ場を作った

 1回裏、無死一塁で打席に回った菅野の場面で、エンドランを敢行。菅野は中前安打でチャンスを拡大。そして3番相澤 利悛(2年)が三塁線を破る適時打で、1点を先制。さらに併殺で1点を追加。2回裏には、二死一、二塁の場面で打席に回った菅野はフルカウントからの7球目に外角ストレートをレフトへはじき返し、左前適時打を放ち、3点目。さらに相沢も右前適時打が飛び出し、4対1とする。そして、無死二塁からまたも2番菅野がストレートをとらえて左中間を破る適時二塁打。これで3打数3安打。一死三塁とチャンスを拡大し、4番野村が外角ストレートを右中間に飛び込む2ラン本塁打で、7対1と点差を広げた。

 5回裏、満塁のチャンスで再び2番菅野。甘く入ったボールを振り抜くと、ライトフェンス直撃の二塁打。これで菅野は4打数4安打4打点の活躍。本当にどのコースにもバットが出て、さらにコースに自在に打ち分けられる。本当に隙がない。だからこそエンドランを仕掛けることができる。

 打席内容を振り返ると、早いカウントからどんどん打っていくだけではなく、また粘りながら甘い球を逃さず、ヒットを放つなど、投手からすれば、嫌な打者だろう。関東大会では7打数6安打、打率.833と大当たり。左右に打ち分けられる打者としてさらに警戒される選手となるだろう。そこから結果を残すことができるか。

 先発・相沢をつないだ駒井 祐亮(2年)が好投。175センチ76キロと中背をした駒井は力強い投球を見せる。左オーバーから繰り出す直球は常時130キロ~140キロと、回転数が高いストレートを投げ込む。内回りのテークバックからトップを作り、真っ向から振り下ろすフォームは角度がある。プロ志望届けを出した垣越 建伸と比べるとタイプは違うが、魅力的。同じ山梨県だと、荘司 宏太駿台甲府)に似たタイプではないだろうか。荘司は2年春から出てきたが、駒井も素質面では負けていないので、145キロまで伸びる可能性は十二分に持っている。

 駒井は巧打者が揃う前橋育英打線相手に3.2回を投げて、被安打2、5奪三振、無失点の好リリーフ。山梨学院が4強入りをきめた。

 県大会では非常に苦しい戦いを見せていた山梨学院だったが、この2試合はしっかりと立て直しているように感じられる。チームが変わっても、素質の高い選手が多く揃っており、背番号10番台の選手でもスイングが鋭い選手が多い。準決勝の相手は春日部共栄横浜の勝者。さらにチームのレベルは高まるが、チーム力を高める良い機会。山梨学院は実りの秋を迎えようとしている。

(文・=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
白熱の試合展開!大会5日目2試合を徹底レポート!【秋季関東大会】 【ニュース - 高校野球関連】
山梨学院vs春日部共栄【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
山梨学院がベスト4!大会3日目3試合を徹底レポート!【秋季関東大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
山梨学院vs中央学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
前橋育英vs作新学院【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第800回 秋の関東も激戦!秋季関東大会2018 出場15校逸材ガイドブック!【大会展望・総括コラム】
第3回 「やっぱり漢字がいいね」の一声で変わった強豪校のユニフォームデザイン  【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
近江vs前橋育英【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
前橋育英vs近大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第719回 丸山和郁(前橋育英-明治大学)一日一歩ずつ歩んだ道程が大記録に繋がる 【2018年インタビュー】
第570回 丸山和郁(前橋育英)「日本の韋駄天、勝負の一手を決める」 【2017年インタビュー】
第541回 根岸 崇裕(前橋育英)「背番号1の期待に少しは応えられたかな」 【2017年インタビュー】
第470回 埼玉西武ライオンズ 髙橋 光成投手「『目の前に』集中すれば、どんなことも乗り切れる」 【2016年インタビュー】
前橋育英 【高校別データ】
山梨学院 【高校別データ】
第71回 秋季関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

山梨学院山梨学院高校はセンバツ圏内進出おめでとうカメ大王(山梨学院ファンの会社の先輩) 2018.10.22
山梨学院高校の皆様は今年の秋の大会にてセンバツ圏内進出おめでとうございます
秋の関東地区大会に臨む県勢のチームにとってセンバツ圏内は、その地区大会のベスト4ですよ!!♫
私の現職の山梨学院ファンである後輩に、今秋の関東地区大会の2回戦にて9−1で7回コールドにおける勝利を、遂げたことを教えるとその人は確実に喜ぶと断言出来ます!!♫
山梨学院ファンである会社の後輩は山梨学院大付という校名時代…長崎・清峰の時にそのチームを最後の甲子園で采配を揮った時は、長崎県勢の甲子園初優勝に導きました!!☆☆♫
そして清峰高校の吉田監督が自分の卒業した大学の付属の監督に就任が決まると、山梨県の高校野球のチームに甲子園にて優勝経験のある監督が就任するのは、史上初のビッグニュースになりました!!☆☆♪
ということもあり山梨学院高校が今秋の関東地区大会で準決勝に勝ち残ったからには、準決勝の勝利と優勝そして神宮でも勝利を願いたいです
今秋の関東地区大会の2回戦にて7回コールド(勝ち)させてもらった前橋育英の分まで、今秋の関東地区大会の準決勝以後も勝利を目指して頑張って下さい
さて今秋の関東地区大会の準決勝の対戦相手は横浜高校VS春日部共栄の勝者による関東地区の大都会の県1位通過チーム同士の対決ですね
このカードはどっちも10年以上前の秋の関東地区大会で優勝し神宮出場も遂げました!!
ひとまず岡山にて今秋の関東地区大会の山梨学院高校の準決勝の対戦相手が決まることを楽しみにしています
山梨学院サイドの皆様は今秋の関東地区大会の準決勝以後に向けてドン欲に勝利を目指して頑張って下さい
もちろん選手も吉田監督もその気なはずです
名古屋市中区の日本福祉大時代も含めて生まれながらの岡山県民である私の会社の同僚も岡山から山梨学院高校を応援していますよ!!♫
ガンバレ山梨学院!!めざせ公式戦における勝利☆☆
山梨学院高校が今秋の関東地区大会でひとまず決勝進出を遂げることを楽しみにしています

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る