2018年10月21日 山日YBS球場

佐野日大vs東農大三

2018年秋の大会 第71回秋季関東大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

佐野日大が終盤に逆転!!東農大三の好投手を攻略!



逆転打を放った佐藤(佐野日大)

 5年ぶり出場の佐野日大東農大三との対決は1点を争う好勝負となった。

 佐野日大のエース・松倉 亮太(2年)。準決勝まで無失点に抑えていたという右のエースだが、それがうなづける投球内容。ノーワインドアップからじっくり始動し、左足をゆったりと上げていきながら、インステップ気味に踏み出し、滑らかなテークバックからトップを作り、リリースに入る。130キロ~135キロ前後の速球を両サイドに投げ分け、120キロ前後のスライダーをコーナーに散らせながら打たせてとっていく。感情の起伏が小さく、淡々とピッチングを組み立てていく投球は秋の段階では完成している。

 一方、東農大三の先発は飯島 一徹ではなく、サードを守る井口真之介(2年)。井口は183センチ76キロとサイズに恵まれており、右サイドから常時120キロ後半~137キロと、スピードはなかなかで、120キロ前後のスライダーの切れも悪くない。何より走者を背負ってからの粘り強さが光る投手だ。

 試合は2回表、佐野日大の松倉が自身を援護する適時打を放ったが、3回裏、1番加納 陸(2年)がしぶとくタイムリー。加納は県大会でも勝負所で必ず打つクラッチヒッターで、広角に打ち分ける技術の高さも光る右打ちの外野手で、センターの守備を見ていてもレベルが高く、頼もしいキャプテンである。

 1対1のままで動いていたが、6回裏、東農大三は2番堀大翔(2年)の二塁打でチャンスを作ると、一死三塁で、4番井口が三塁手の頭上を越えるポテンヒットで勝ち越しに成功した。ここまで力投の井口は8回まで1失点に抑えたが、9回表、試合が大きく動く。

 井口は先頭打者に四球を与えたところで降板。レフトに入っていたエース・飯島が登板。飯島は投球内容は悪くなく、最速139キロのストレートは威力があり、ボールの角度自体は、素晴らしく、145キロを計測した飯塚よりも角度があって見栄えがする。しかし、それだけで抑えることはできない。一死二、三塁の場面で、2番佐藤浩之(1年)が中前適時打で逆転すると、3番松本翔大(2年)がストレートをとらえ右中間を破る適時二塁打を放つと、さらに4番橋浦大和(2年)の左犠飛で5対2とした。そして松倉はそのまま逃げ切り、佐野日大が準々決勝進出を決めた。

 佐野日大はここ一番の集中打が見事。特に目についたのは、内外野の守備のスピード性。どの選手も動きが素早く、さらに確実性があって、鍛えられていることがうかがえた。準々決勝の大一番ではどんな戦いを見せてくれるのか。

(文・=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
花咲徳栄が26得点で快勝!所沢商業や市立川越らが勝利!【春季埼玉県大会・22日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
今年の埼玉は例年以上に熱い!熾烈極めるシード争い・関東大会出場争いを見逃すな! 【ニュース - コラム】
第884回 浦和学院vs白岡など今年の埼玉はシード争いと関東大会出場争いが例年以上に熱い!【大会展望・総括コラム】
第572回 「ストップ・ザ・作新」に向けた佐野日大のマインドセットに迫る【後編】【野球部訪問】
第571回 佐野日大の秋の躍進を生んだ「団結力」と「守備力」の秘密【前編】【野球部訪問】
第837回 試合内容、数字面で圧倒的に上回る東海大菅生に対し、関東地区はどう対抗するのか??【大会展望・総括コラム】
桐蔭学園vs佐野日大【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第800回 秋の関東も激戦!秋季関東大会2018 出場15校逸材ガイドブック!【大会展望・総括コラム】
春日部共栄vs東農大三【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県大会】
東農大三vs立教新座【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県大会】
東農大三vs山村学園【埼玉県 2018年秋の大会 埼玉県大会】
東農大三vs栄北【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
第338回 JR東日本 田嶋 大樹投手「『自分の道』を正しいものとするために」 【2015年インタビュー】
第336回 佐野日本大学高等学校 五十幡 亮汰選手「中学短距離二冠が語る速く走るためのポイント」 【2015年インタビュー】
第183回 佐野日本大学高等学校 田嶋 大樹投手 【2014年インタビュー】
佐野日大 【高校別データ】
東農大三 【高校別データ】
第71回 秋季関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

東農大三経験値は人生の糧。仲間に感謝して素敵な経験を東中野スポーツラボ代表のぐち径大(けいた) 2018.10.13
東農大三16期野球部OBです。私はメジャーや日本の野球選手のメディカルトレーナーをしております。実は、東農大三野球部の新聞を実家で作っています。いつも試行錯誤して頑張る選手と監督の情報を耳にしております。どんなに頑張っても悔いは残ります。とにかく突っ走って下さい。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る