2018年10月21日 山日YBS球場

習志野vs桐生第一

2018年秋の大会 第71回秋季関東大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

延長14回に及ぶ激戦!習志野の勝利を生んだ投打の軸が大活躍!



勝利を決め、ガッツポーズを決める習志野のエース・飯塚

 県内2位同士の対決は歴史に残る大激戦となった。

 桐生第一の先発としてマウンドに登ったのは本木康介。下級生の時からマウンドに登っていた右の本格派。右スリークォーターから投げ込む直球は常時130キロ~135キロ前後(最速137キロ)と突出としたストレートを投げる投手ではないが、90キロ台のカーブ、100キロ台のスライダーと緩急をうまく使って抑える投手だ。まず1,2回を無失点に抑えると、2回裏、桐生第一の5番久保田 駿斗(2年)が変化球をとらえ、レフトスタンドへ飛び込む本塁打で1点を先制する。久保田はややオープンスタンスで、バットを寝かせ気味にして、ヘッドの重みを利かせたスイングでボールを飛ばす右打者で、スローイングでも、タイムは2.00~2.10秒前後と決して早くないのだが、コントロールが良い選手。

 しかし3回表、習志野は3番根本 翔吾(2年)の中前適時打で同点に追いつく。そして5回表、9番 が四球で歩くと、投手交代。背番号1の杉山が登板する。杉山は県大会では伸びのある快速球を投げ込んでいた投手。球速は120キロ後半~137キロとスピードは本木と変わりないがボールの質は確かに良い。しり上がりに調子を挙げていき、満塁のピンチも直球1本でしのぐ。6回表も一死一、三塁のピンチも併殺でしのぐ。

 6回裏、習志野は背番号1の飯塚 脩人(2年)が登板する。飯塚はデビューした春先と比べると、だいぶまとまりが出てきて、実戦力が大きく向上した。右スリークォーターから常時130キロ後半~145キロとこの時期としてかなり早い。120キロ前後のスライダーもなかなかの切れ味で、ボールの勢いとしては、1学年上の古谷 拓郎より上である。コントロールも両サイドへの投げ分けがしっかりしており、高めのつり球も使える。ただ古谷と違って緩急、縦の変化を使える投手ではないので、よりストレートのアベレージを高めるか、高速の変化球を習得すると、持ち味が出るのではないだろうか。

 また、桐生第一の杉山も回を重ねるごとも投球が冴え渡る。130キロ前半の速球だが、手元で伸びがあるのは、フォームが良いから。左足をじっくりと上げていき、体を沈み込ませていき、内回りのテークバックでしっかりとトップを作り、打者よりでリリースができるので、空振りが奪える。躍動感あるピッチングで、点を与えなかった。

 試合は両チームのエースが踏ん張り、延長戦へ。習志野は延長11回表、無死満塁の絶好のチャンスを作るも無得点。さらにお互い一打が出ず、延長13回。この回から大会特別規定によりタイブレークへ。延長13回表、習志野は二ゴロ、一直併殺で無得点。

 そして13回裏、桐生第一は代打・石垣創次郎(2年)が絶妙な犠打を決め、一死三塁のチャンスで、1番工藤ナイジェル(2年)が浅い中飛。桐生第一は勝負を仕掛けて、タッチアップ。しかしセンター・根本が好返球を見せ、ダブルプレー。これで二度目の捕殺。勝負は14回へ。14回表、一死一、二塁から7番角田 勇斗(2年)がレフトの頭を超える適時二塁打で2点の勝ち越しに成功する。そして飯塚はその裏、見事にしのいで、習志野が激戦を制し、準々決勝進出を決めた。

 習志野は飯塚の9回133球の力投、センター根本の二度の捕殺に尽きるだろう。前チームから経験を積んでいる2人がしっかりと持ちこたえてくれた。来年ドラフト候補として期待される飯塚にとってはこれ以上ない経験となった。これを機にどんな成長を見せるのか、楽しみである。

 敗れた桐生第一もがっぷり4つの試合展開を見せた。ピンチの場面でも粘り強い守備、杉山の力投は大きな武器である。ただ好投手への対策、走者二塁からの安打に対しての本塁への帰塁判断などいろいろな課題が見えた。それを乗り越えないと前橋育英、健大高崎の二強を破ることはできないだけに延長戦で敗れた悔しさを糧に大きな成長を見せることを期待したい。

(文・=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
群馬のホームランアーチスト・速水隆成(BC群馬)が清原和博からもらったアドバイスの内容とは 【ニュース - 高校野球関連】
千葉王者・習志野!今年のチームも粘り強さは健在だと証明した秋を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
桐生第一vs山梨学院【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
桐生第一vs桐光学園【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第98回 センバツをかけた関東大会が開幕!東海大相模、習志野が登場する大会初日の見所・注目選手リスト【大会展望・総括コラム】
第1046回 山田知輝(東洋大)「フライボールスラッガーは挫折をバネにプロの世界で花を咲かせる」【後編】 【2019年インタビュー】
第1045回 山田知輝「東洋大が誇る急成長株は、強い覚悟と決心をもって打者に挑んでいた」【前編】 【2019年インタビュー】
習志野vs拓大紅陵【千葉県 2019年秋の大会 千葉県大会】
第227回 全中優勝からあと一歩届かなかった甲子園制覇 星稜・奥川恭伸の3年間【ドラフト特集コラム】
第968回 3季連続の甲子園を狙う習志野、千葉ナンバーワン右腕・篠木擁する木更津総合など秋の千葉も序盤から激戦か【大会展望・総括コラム】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第11回 佐々木、飯塚ら史上最強投手陣の仕上がりは順調!あとは奥川恭伸の復調を期待するのみ!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第6回 飯塚 脩人(習志野)リリーフで強みを発揮する剛腕!日本代表でも窮地を救うピッチングを見せる!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1016回 名門・銚子商の4番を担う古井敬人!進化のきっかけとなった監督からのアドバイス 【2019年インタビュー】
第883回 習志野の元気印・根本翔吾!全力プレーで勝利と幸運を呼び込む! 【2019年インタビュー】
桐生第一 【高校別データ】
習志野 【高校別データ】
第71回 秋季関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (8)

習志野試合ごとに成長!NARASINO 2018.10.22
観戦していて感じます。桐生第一との試合は胃が痛くなるような内容でしたが、勝ちきるところが成長の証だと感じます。
選手達は皆気合いが入っていて、誰一人諦めていなかったように見えました。。次の試合では打線の爆発も期待します‼️
習志野ナイスゲーム雑草の如く逞しく 2018.10.22
久しぶりの関東大会出場、勝利おめでとうございます。東海大甲府戦は応援に行きますので全員野球で頑張ってください。
習志野まずは1勝!!習志野ファン 2018.10.19
残念ながら球場に行く事はできないけどネットでリアルタイムに応援します!
関東大会優勝!!そして選抜へ!
習志野習志野高校と共に鬱渤 2018.10.17
山梨応援に行きます。センバツ出場勝ち取って甲子園まで応援に行かせて下さい。そのために白い目に耐えつつ休み取りました。だから雨だけは勘弁……
優勝、準優勝しんご 2018.10.16
千葉県で勝ち取れ!
習志野行くぞ‼選抜‼中村ルフィ 2018.10.13
頑張れ習志野高校‼山梨まで応援に行きます‼絶対勝つぞ‼
習志野最低2勝!!はる 2018.10.12
今年こそ2勝して選抜確定してください!!!!
習志野選抜へlet's go習志野ファン 2018.10.12
相手がどこであれ一戦一戦勝ち進んで下さい。
選抜目指してlet's go❗️❗️

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る