2018年10月20日 山日YBS球場

前橋育英vs作新学院

2018年秋の大会 第71回秋季関東大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

前橋育英の梶塚が熟練したピッチングで7安打完封!



完封勝利の梶塚(前橋育英)

前橋育英作新学院と北関東を代表する強豪校同士の一戦は、両チームのエースが持ち味を発揮し、1点を争う好勝負となった。

 前橋育英の先発・梶塚 彪雅前橋育英のエースらしい狙い球を絞らせない完成度の高いピッチング、1.00秒~1.10秒前後の高速クイック、フィールディングが完成された右投手。左肩の開きが抑えられた右のスリークォーターから投げ込む直球は130キロ~135キロ程度と突出した球速はない。ただ内外角、高低に自在に投げ分けができて、スライダー、カーブも低めに集める。梶塚の投球で特徴的なのはテンポの速さ。走者がいないときはキャッチャーからボールを受け取って4秒~6秒で投球動作に入 るので あ、考える暇を与えさせない。結果的にボールは変哲もないのだが、作新学院は狙い球を絞り切れない状況となるので、早打ちが多くなり、早く回が終わる。

一方、作新学院の先発の林 勇成作新学院)は、左腕を高く掲げて、真っ向から振り下ろす右のオーバーハンド。この投げ方をすると、リリースポイントが安定しない傾向があり、制球にはばらつきがある。コーナーへ自在に投げ分ける制球力はない。ただ、今日の林は右打者、左打者問わず内角直球と一点集中のピッチング。常時130キロ~135キロ前後の速球には威力があり、1回裏は二死三塁のピンチから4番森脇を内角直球で追い込み、高めのストレートで空振り三振に奪うなど力が入ったピッチング。これに味を占めたのか、2回裏も内角ストレートを主体にアウトはすべて三振と、2回まで4奪三振。

 前橋育英は県大会でも強打で勝ち上がってきたチームだが、その打線相手に空振りを奪える林のストレート。130キロ中盤だが、この球質のまま140キロ中盤まで早くなっていけばもっと見栄えする投手だ。

 林は110キロ台のスライダー、100キロを割るカーブを投げていたが、4回裏に甘く入ったところを連打され、一、二塁のピンチを迎えてからはストレート主体のピッチングに転換。今日の試合はストレート主体のピッチングがはまり、走者を出しながらも、打たせて取っていく。リスクのある配球ではなるが、変に変化球を投げて。小細工するよりも、力のあるストレートを投げた方が打ち取ることができる。参考になる配球であった。

 試合が動いたのは6回裏。前橋育英は3番剣持がライトスタンドへ飛び込む大会第1号本塁打を放ち、先制した。剣持はさらにレフト方向にも二塁打を放っており、無駄のないスイング軌道から広角に打ち分ける巧打のセカンドだ。

 前橋育英の梶塚は7被安打を打たれ、さらに7回表には打球が体に直撃するアクシデントに屈することなく投げ続け、完封勝利。準々決勝進出を決めた。

 前橋育英のエースは伝統的に精神力の強さがある。エースの力投にバックの守備が応えてくれた。11安打を打ったものの、1得点に終わったのは反省材料だが、打球内容を見ていてもよいので、準々決勝では勝負所で一打を見せてくれるかもしれない。

(文・=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
14日開幕の春季群馬県大会の組み合わせが決定!前橋育英、桐生第一の初戦は? 【ニュース - 高校野球関連】
佐野日大、国学院栃木が16日登場!【春季栃木県大会・地区予選抽選結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第909回 山梨学院の曲者・菅野秀斗 卓抜したバットコントロールは独特の感性から生まれた 【2019年インタビュー】
第7回 漢字表記のユニフォームを紹介!上田西は独特のデザインで強烈なインパクトを残す!【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第837回 試合内容、数字面で圧倒的に上回る東海大菅生に対し、関東地区はどう対抗するのか??【大会展望・総括コラム】
第816回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
山梨学院vs前橋育英【2018年秋の大会 第71回秋季関東大会】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
第800回 秋の関東も激戦!秋季関東大会2018 出場15校逸材ガイドブック!【大会展望・総括コラム】
近江vs前橋育英【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
前橋育英vs近大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
大阪桐蔭vs作新学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
前橋育英vs健大高崎【群馬県 2018年夏の大会 第100回選手権群馬大会】
第719回 丸山和郁(前橋育英-明治大学)一日一歩ずつ歩んだ道程が大記録に繋がる 【2018年インタビュー】
第570回 丸山和郁(前橋育英)「日本の韋駄天、勝負の一手を決める」 【2017年インタビュー】
第541回 根岸 崇裕(前橋育英)「背番号1の期待に少しは応えられたかな」 【2017年インタビュー】
作新学院 【高校別データ】
前橋育英 【高校別データ】
第71回 秋季関東地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

作新学院sakushin必勝4号線 2018.10.20
先ず本日の初戦勝利して
強豪2つ倒し最後も勝ち神宮大会めざし頑張りましょう!
行けるよ!!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る