八戸学院光星が5年ぶりに優勝を飾る!



優勝を決めた八戸学院光星

 秋季東北大会決勝は、八戸学院光星が5対3で盛岡大附を破り、5年ぶり5回目の優勝を果たした。

 八戸学院光星は2対2の7回に、相手のエラーに乗じて2点を勝ち越し。9回には三番・武岡 龍世主将(2年)がセンターオーバーのタイムリー三塁打で5点目を奪った。武岡主将は初回の先制2ランを放っており、この日3打点の活躍を見せた。

 投げては5回途中からリリーフしたエース・後藤 丈海投手(2年)が4安打1失点と力投した。

 仲井宗基監督は、「後藤は夏の甲子園でベンチを外した悔しさを、今日も投球に出してくれた」と讃えた。

 勝負のポイントとなった7回表裏の攻防にいずれも絡んだのがエース・後藤。まず表の攻撃。四球で出塁すると、二塁まで進んだ。一死一、二塁で三番・武岡の2球目。サインではなく、自らの意思で三盗を試みた。タイミングはアウトだったが、相手キャッチャーからの送球が大きく乱れ、生還。仲井監督が「私も驚いた」というまさに味方もビックリの奇襲だった。「(相手の)サードのポジションが三遊間よりだったのと、ピッチャーのテンポもセカンドの選手がサインを出してすぐにパット投げていた。いけるかなと思って。タイミングはアウトでしたが(笑)」と冷静に見ていたことを明かした後藤。三盗は、今まで試みたことがなく、盗塁のサインも出ないそうだ。仲井監督からは、「今の三盗、何?タイミングアウトやん」と言われたと報道陣を笑わせた。それでも、「三塁までいけばバッターが武岡なので、何とかしてくれると思った。点が欲しかった」と自らの投球を楽にしたい思いがあったことを話した。

 2点を勝ち越した後の裏の攻撃では、1点を返され、なお一死満塁のピンチ。ここで盛岡大附は同点狙いのスクイズを仕掛けた。結果はピッチャー・後藤への小フライでダブルプレー。「(一死満塁で)どんな攻撃がくるかわからなかったので、とりあえず低めに集めて打たせてゲッツーをとれればラッキーかなと考えていました。相手のスクイズ失敗で乗り切れて、流れがこっちにきた。嬉しかった」と喜んだ。