2018年10月22日 HARD OFF ECOスタジアム新潟

星稜vs啓新

2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会 決勝戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

15回決着つかず!決勝戦は再試合へ!



ホームクロスプレーもタッチアウト

 星稜は2回、七番・福本 陽生内野手(2年)の犠牲フライで先制すると、4回には福本が今度はタイムリー内野安打を放ち追加点。

 今大会無失点のエース・奥川 恭伸投手(2年)の前に、7回まで2安打と抑えられていた啓新は8回、一死から六番・山澤太陽内野手(1年)が左中間へ二塁打を放ってチャンスを作ると、一死一、三塁として八番・幸鉢悠樹内野手(1年)のセカンドゴロが本塁でフィルダースチョイスとなり1点差。さらに二死一、二塁から一番・濱中 陽秀内野手(2年)がレフト前へ落とすタイムリーを放ち、同点に追いついた。

 啓新は8回から先発の安積 航大投手(2年)から浦松 巧投手(2年)にリレー。星稜は奥川が1人で投げ、延長15回までお互い得点を与えず、15回引き分け。23日に再試合が行われることになった。

 今シーズンから全ての公式戦で13回からタイブレーク方式を採用し、決着がつくまでエンドレスで行われるようになったが、高校野球特別規則では決勝に限ってタイブレークを適用せず、15回引き分けとなっている。なお、決勝の再試合では延長13回からタイブレーク方式で、決着がつくまで試合が行われる。

 15回を終えた両指揮官。勝敗をつけきれなかったという何とも言えない表情を浮かべていた。啓新の植松照智監督は、「接戦に持ち込めたが、私が色気が出てしまった。一、三塁で打たせたり、私自身がその辺りを反省しないといけない」と振り返った。

 一方の星稜・林和成監督も、「終盤はピンチの場面は守ってくれたが、初回からチャンスがあったものの、攻めきれなかったのがこういう展開になった。もどかしい」と話した。

 ゲームとしては、星稜が攻め、啓新が守る。奥川という存在がいる以上、啓新にとっては、少ないチャンスを活かすしかなく、8回の2点はそれができた形だ。攻めた星稜は、啓新の2人の投手から取り切れなかった。

【次のページ】 星稜vs啓新(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
15日開幕!!明治神宮大会の組み合わせをチェック!! 【ニュース - 高校野球関連】
打撃力は前チーム以上!北信越4連覇を達成した星稜(石川)を紹介!【明治神宮大会チーム紹介】 【ニュース - コラム】
第4回 星稜高等学校(石川・北信越地区代表)「北信越4連覇と無類の強さを発揮!打線の力は昨年以上」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第1079回 赤坂諒(上野学園) 理想は勝てる投手。次なるステージで再び革命を起こす【後編】 【2019年インタビュー】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
第1072回 激戦区・大阪府予選がターニングポイントに 甲子園決勝では緊張より楽しかった 岩崎峻典(履正社)【後編】 【2019年インタビュー】
第1071回 夏の甲子園初優勝へと導いた岩崎峻典投手(履正社)が急成長した理由とは【前編】 【2019年インタビュー】
第1066回 世代トップの巧打者・内山壮真(星稜)が語る秀才的な感覚 そしてラストイヤーへの決意【後編】 【2019年インタビュー】
星稜vs佐久長聖【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第1065回 星稜中の経験が自分の基礎を形作った 内山壮真(星稜)【前編】 【2019年インタビュー】
星稜vs敦賀【2019年秋の大会 第141回北信越地区高等学校野球大会】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第232回 今年のドラフトでマークすべき高校生投手たち!【厳選13投手リスト・前編】【ドラフト特集コラム】
智辯和歌山vs星稜【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
履正社vs星稜【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs中京学院大中京【第101回全国高等学校野球選手権大会】
啓新 【高校別データ】
星稜 【高校別データ】
第139回 北信越地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る