2018年10月21日 HARD OFF ECOスタジアム新潟

啓新vs上田西

2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

啓新が接戦を制し決勝へ



啓新バッテリー

 3回に二番・髙寺望夢内野手(1年)のタイムリー二塁打で先制した上田西。6回には六番・小林裕貴外野手(2年)と九番・堀篭昌真外野手(2年)がタイムリー二塁打を放ち、2点を追加した。

 しかし先発の阿部 巧雅投手(1年)がレフトへ回り、山口直央投手(2年)がリリーフした7回に展開が変わった。先頭打者への死球から無死二、三塁のピンチを背負うと、啓新のリリーフで九番に入っていた浦松 巧投手(2年)に止めたバットに当たった打球をセンターへ運ばれ二者が生還。1点差となった。さらに二、三塁から誰もいない一塁に牽制球。これが悪送球となり、啓新が逆転。

 結局、これが決勝点となり、啓新が北信越大会で初の決勝進出を果たした。

 継投はいつも難しい。『野球あるある』ではあるが、両監督に話を聞くと、また違った感覚になる。

 このゲーム。先に継投したのは啓新の方だった。先発の安積航大(2年)は6回を投げて、10安打3失点。6回の失点は痛かったが、10安打を浴びているわりにはよく3点に抑えていたと言える。植松照智監督も、「あの地点で10安打なのに3点。安積は合格点。あとの7回から9回は浦松が何とか抑えてほしいと。その期待に応えてくれた」と心境を話した。

 一方の上田西。結果だけを見れば、7回の阿部から山口への継投は失敗した形だ。しかし試合前から原公彦監督は、球数100球程度での交代を話していた。さらに試合後、継投のタイミングを聞かれ、こう補足した。「(阿部は)肩の後ろに張りがあると言っていたので、無理をさせちゃいけないと思っていた。100球程度でと思っていたので、タイミングとしては悪くなかったと思います」。

 6回を投げ終わったところで、阿部と山口には伝えていた。「山口には6回のピンチの所で四死球を出したら代えることもあると言いました」と伝達に関しては問題ないとの見解である。

 結果的には、7回の代わりっぱなの死球で山口はテンパッてしまった形だ。二、三塁から誰もいない一塁に牽制球を投げてしまったのは、頭の中が冷静になりきれてなかった表れでもある。それでも指揮官は、「監督の責任」と選手たちをかばった。

 もう一つ、焦点がある。100球程度と交代期を決めていて、回の頭から代えるとした場合、6回までで91球だった阿部の球数だ。取材の中で、こんな質問が飛んだ。「せめて、もう1イニング待つというのは考えなかったですか?7回は下位打線でしたし」。

 原監督は「そこかな。もう1イニングですか・・・」と少し考え込んだ後、「そこに結論を求めちゃいけないのかなと思います」といつもの穏やかな口調で語った。

 これが全てだろう。100球をオーバーしてから代えるのか、オーバーする前に代えるのか。結果論からはいくらでも考えられるが、実際にベンチにいる指揮官がその場で判断したことであることだ。

 ただし野球とは、将棋の感想戦のように、結果論から色々復習できるスポーツであることも忘れてはいけない。

 スコアを見直す、あるいは映像を見る。客観的に見れば、勝負のヒントは別のところにあるかもしれない。それを探るのもまた面白い!

(文・写真=松倉 雄太

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
平成最後の選抜を制するのはどこだ?組み合わせ決定直後の大会展望を徹底分析! 【ニュース - コラム】
第852回 星稜vs履正社、広陵vs八戸学院光星と激戦ばかり!勝負のポイントは?【大会展望・総括コラム】
選抜出場の啓新が徳島県で戦力強化を図る合宿を決行!練習試合の模様を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
啓新vs生光学園・池田【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第44回 若狭(福井)「昨夏は決勝戦で敗退。あと一歩を乗り越え聖地に飛び込めるチームに!」【冬が僕らを強くする2019】
第550回 センバツ注目度ナンバーワン・星稜(石川)「現状の実力を再認識した秋季大会」【前編】【野球部訪問】
第838回 奥川、及川の両剛腕に注目!第91回選抜逸材ガイドブック!【東日本投手編】【大会展望・総括コラム】
星稜vs啓新【2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会】
健大高崎vs上田西【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第764回 激戦が予想される秋季長野県大会地区予選会を展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
佐久長聖vs上田西【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
上田西vs松本国際【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
上田西 【高校別データ】
啓新 【高校別データ】
第139回 北信越地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (7)

上田西選抜と明治神宮大会K 2018.10.21
上田西の勇姿が見たいです!頑張れ!
啓新初の甲子園へ敦賀星 2018.10.21
啓新高校の皆さん甲子園へ向けてあと一勝頑張ってください。そのまま神宮大会へも出場してください。応援しています。
上田西全員野球クー 2018.10.20
準決勝頑張って下さい。エースの阿部君や、山口君ピッチャーを信じて、監督、コーチ、保護者、野球部員、全員で頑張ってきてください。
上田西西高旋風クー 2018.10.20
一人一人が仲間を信じて戦ってきて下さい。
上田西必勝、勝利、心を一つにクー 2018.10.20
落ち着いて自分達の野球をして下しい。選抜出てください
上田西きっと二人卒業。 2018.10.20
吹き曝しのグランドで掴んだ夢まであとわずか。
いつもの西高野球で原野球で。きっと
上田西王手近所の野球好き 2018.10.15
いつも通りの野球をすれば、きっと結果はついてくる❗
ファイト✊

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る