2018年10月14日 三条パール金属スタジアム

星稜vs松本第一

2018年秋の大会 第139回北信越地区高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

星稜・奥川が圧巻の5回13K



奥川恭伸(星稜)

 3季連続の甲子園出場を目指す星稜が5回コールドで松本第一を下し、準決勝進出を決めた。この試合はU18日本代表にも選ばれた星稜のエース・奥川 恭伸(2年)の投球に尽きる。初回の先頭打者から4回一死まで10者連続奪三振という圧巻の投球を披露。5回を投げ、1安打13奪三振という圧巻の内容だった。昨日に次ぐ連投だったが、ストレート、変化球ともに冴え渡り、相手打者を力で圧倒していた。

 奥川の好投に負けじと打線も奮起した。1回裏は松本第一の先発・河野拓巳(1年)の乱れに乗じて無安打で3点を先制すると、代わった平谷光盛(2年)に対して二死満塁から9番・山本 伊織(2年)が2点適時二塁打を放ち、いきなり5点を奪うことに成功する。

 2回裏には二死一、二塁から6番・山瀬 慎之助(2年)の右前適時打で1点を追加。3回裏にも二死二塁から2番・岡田 大響(年)が中前適時打を放ち、追加点を挙げる。

 4回裏には公式戦デビューから連続試合安打を続けている4番の内山壮馬(1年)が先頭打者で中前安打を放ち、チャンスメークをすると、一死一、二塁から7番・福本 陽生(2年)の左前適時打で1点を追加。なおも一、二塁のチャンスで8番の有松和輝(2年)が右中間を破るランニング3ラン本塁打を放ち、5回コールドを確実なものにした。

 この試合に要した時間はわずか1時間。ただただ星稜の圧倒的強さを見せつけるかのような試合だった。星稜は北信越に留まらず、全国でもトップレベルの戦力を誇っているのではないだろうか。まずは準決勝の東海大諏訪戦に勝利してセンバツの出場を確実なものにしたい。

 敗れた松本第一は奥川の前に全く歯が立たなかった。守備からリズムを作ってロースコアの展開に持ち込みたかったが、先発の河野拓が乱調となったのが痛かった。何もできずに終わってしまった印象だが、全国レベルの相手と対戦できたことをプラスに捉えて今後の練習に取り組んでもらいたい。

(文・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
村上だけじゃない!古賀や濱田などヤクルトの高卒若手は半数以上が一軍でプレー 【ニュース - 高校野球関連】
履正社vs星稜【2020年甲子園高校野球交流試合】
昨夏の甲子園決勝カードは履正社に軍配。星稜はエース・岩崎 峻典を打ち崩せず 【ニュース - 高校野球関連】
第1230回 天才ゴルフ少年から星稜のスラッガーへ。中田達也の長打力の秘密はゴルフ仕込みのフルスイング 【2020年インタビュー】
松商学園vs松本第一【長野県 2020年夏の大会 夏季高等学校野球長野県大会 中信予選会】
第114回 全国制覇の道は絶たれても、未来の一歩へ力強く踏み出そうとしている星稜【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第255回 徳丸、前川など西日本の新2年生野手はスラッガー、巧打者揃い!【後編】【ドラフト特集コラム】
第108回 履正社初優勝で幕が閉じた2019年の甲子園。注目15校の逸材の進路を公開【高校野球コラム】
第1130回 奥川の後を継ぐコントロールピッチャー・荻原吟哉(星稜)が求めるのは「速さ」と「緻密さ」 【2020年インタビュー】
第1129回 目指すはゴジラ超えの高校通算61本塁打。内山壮真(星稜)が語る攻守の課題【後編】 【2020年インタビュー】
第1126回 チームメイト、指揮官が絶賛する秀才型野球選手・内山壮真(星稜)の魅力とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1096回 もっと上手くなれる。経験豊富な巧打の三塁手・知田 爽汰(星稜) 【2020年インタビュー】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
星稜 【高校別データ】
松本第一 【高校別データ】
第139回 北信越地区高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

星稜(๑˃̵ᴗ˂̵) 2018.10.13
みんなの笑顔が大好きです。必笑わすれずに頑張ってください!応援してます!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る