近江、壮絶な打撃戦を制し、1位校に!



サヨナラ打を放った有馬諒(近江)

 ミレニアム世代最後の公式戦。近江vs日大三の一戦は序盤からシーソーゲームとなった。

 1回表、日大三は敵失で1点を先制。しかし近江日大三の先発・中村 奎太(3年)を攻め立て、一死満塁から1番住谷 湧也(2年)の適時打で逆転に成功する。2番手左腕・河村 唯人(3年)がマウンドに登るが勢いは止めることはできず、バッテリーミスもあり、一気に1対4とされる。

 だが、4回表、日大三は一死一、二塁から7番飯村 昇大(3年)が右中間を破る適時三塁打を放ち、3対4と1点差に迫る。4回裏、北村恵吾(3年)の犠飛で近江が5点目を入れた。だが、5回表から日大三打線が反撃開始。無死一、二塁から3番日置航(3年)が右中間を破る適時二塁打で逆転に成功。5番中村 奎太(3年)の適時二塁打、7番飯村の適時二塁打などで一挙6点を入れて、9対5と大きく勝ち越した。

 近江もこのままで終わらず、6回裏、内野ゴロの間に1点を返し、8回表、日置の適時二塁打と失策で2点入れられ、11対6とされたが、8回裏に併殺の間に1点を返すと、勝負の9回裏が訪れる。

 一死から9番川村重太郎(3年)がストレートの四球で出塁すると、1番住谷が二塁打を放ち、一死二、三塁のチャンスを作ると、2番山田 竜明(3年)の適時打で11対8。そして3番土田 龍空(1年)の遊ゴロで、二死一塁で11対9。ここで打席に立ったのは4番北村 恵吾(3年)だ。「本塁打を狙っていた」と語る北村。高校最後の打席で、河村が投じたストレートを振り抜くと、打球はバックスクリーンへ消える本塁打となり、同点に追いついた。

北村は「甲子園の2ホーマーよりも今回の本塁打がうれしかったです」と笑顔。高校最後の打席で高校通算45本塁打を記録した。そして試合は延長10回裏、日大三が12対11と1点リード。近江は無死満塁のチャンスを作って打席に立ったのは有馬 諒(2年)。有馬はストレートを振り抜き、逆転適時打でサヨナラ勝ちを決めた。

 日大三と近江の対決は2001年の夏の甲子園決勝以来。近江は17年越しでリベンジした形となった。

(文・河嶋 宗一 写真・中谷 明