大阪桐蔭が公式戦最後を勝利で飾る!



校歌を歌う大阪桐蔭ナイン

 大阪桐蔭済美の夏の甲子園準決勝戦の再戦となったこの試合。序盤から一歩も譲らぬ試合運びとなる。

 大阪桐蔭の先発・横川 凱は角度・威力があるストレートを中心に、時より見せるスライダーを軸にピッチングを組み立てる。

 一方の済美の先発はエース・山口 直哉。ストレートとスライダーを低めに丁寧に集める打たせて取るピッチングで、大阪桐蔭打線からアウトの山を築いていく。

 試合が動いたのは4回。4番・藤原 恭大が外角高めに来た山口のストレートを逆らわずにレフト前へ。無死一塁とすると、続く5番・根尾 昂が内角のボールを捉えると、打球はセンターの頭上を越える。

 一塁ランナー・藤原は快足を飛ばして一気にホームに戻り、1点を大阪桐蔭が奪う。

 先制点を奪った大阪桐蔭は、先発の横川からスイッチした2番手・森本 昂佑が素晴らしい投球を披露する。

 最速148キロを計測したストレートと130キロ台スライダーを軸に済美打線を圧倒。4回からマウンドに上がり、7回まで投げて無失点。流れを引き寄せるピッチングで大阪桐蔭が1点リードで終盤に入る。

 7回、大阪桐蔭は6番・山田 健太と7番・石川 瑞貴の連打で無死一、二塁。8番・小泉 航平は送りバントを決めて一死二、三塁にする。

 代打・青木 大地は三振に倒れるも、1番・宮﨑 仁斗がレフト線を破る2点タイムリーで4対0。さらに8回にも6番・山田の犠牲フライで1点を追加して5対0と大阪桐蔭がリードを広げる。

 大阪桐蔭は8回からマウンドに上がっているエース・柿木 蓮が9回もそのままマウンドに向かう。