2018年10月02日 福井県営野球場

浦和学院vs報徳学園

2018年  福井しあわせ元気国体2018 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

サヨナラ勝ちで浦和学院が最後の大会を終える!



サヨナラ打を放った中前祐也(浦和学院)

 報徳学園浦和学院の東西を代表する名門同士の対決は1点を争う好勝負となった。

 報徳学園の先発は渡邊友哉。真っ直ぐと縦の変化球が持ち球の投手。その渡邊の前に浦和学院の1番・中前 祐也はショートゴロに抑えられるも、続く2番・矢野 壱晟は高めのボールを左中間に持っていくと、打球がグングン伸びてそのままホームラン。

 浦和学院は強烈な先制パンチで報徳学園の出鼻をくじく。しかし3回に報徳学園の反撃にあう。

 8番の渡邊にライト前にヒットを打たれると、9番・稲葉 悠に送りバントを決められピンチを広げる。この場面で1番・小園 海斗にセンターへ二塁打で同点に追いつかれる。

 さらに4回には自分たちのミスで2人のランナーの生還を許して1対3。リードしていた浦和学院は今度は2点を追いかける展開となってしまう。

 だが、勝ち越された直後の攻撃で四球で出た4番・上野 暖人を7番・小町 竜梧のライトへの三塁打で返して2対3。浦和学院報徳学園に詰め寄る。

 浦和学院は1点差のまま報徳学園に食らいついて迎えた7回。途中出場の8番・畑 敦巳のセンターの二塁打でチャンスメイクすると、9番・河北 将太のセカンドゴロの間に三塁に進む。一死三塁のチャンスで2番・矢野の打球を相手がエラー。思わぬ形で浦和学院が追いつく。

 浦和学院は3番手・渡邉 勇太朗がマウンドに上がり、報徳学園の8回、9回の攻撃をシャットアウト。勝ち越しへのキッカケを作る。

 すると9回、8番・畑がレフトへの二塁打を放つと、9番・渡邉が追い込まれながら送りバントを決めて一死三塁とする。このチャンスを1番・中前は逃さず、センターへのヒットでゲームセット。4対3で浦和学院が最後の試合を白星で飾った。

(文・編集部 写真・中谷 明

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園が英明と藤井学園寒川と対決!招待試合2試合の模様をレポート! 【ニュース - 高校野球関連】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
神宮大会ベスト4・高松商と報徳学園が激突!招待試合の模様を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第779回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第775回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第819回 エースとしての自覚を胸に勝てる投手を目指す!報徳学園エース林直人 【2018年インタビュー】
第517回 夏の甲子園は特別で格別。小園・神頭・渡邉の報徳学園三人衆が振り返る「最後の1年」【野球部訪問】
第771回 ほっともっとで飛躍した逸材たち【近畿大会展望】【大会展望・総括コラム】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第800回 プロで生き残るために「吾道一貫」を胸に刻む 渡邉勇太朗(浦和学院)【後編】  【2018年インタビュー】
第796回 退部危機乗り越え 甲子園を強く見据える 渡邉勇太朗(浦和学院)【前編】 【2018年インタビュー】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
第781回 世代トップを突っ走る小園の支えは「絶え間ない向上心」 小園海斗(報徳学園) 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
浦和学院 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
第73回 国民体育大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

浦和学院勝利よしゆき 2018.10.02
3年生は最後の試合で頑張ってください 夏は報徳学園とはあたらなかったから試合やってみないとわかないかもです

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る