サヨナラ勝ちで浦和学院が最後の大会を終える!



サヨナラ打を放った中前祐也(浦和学院)

 報徳学園浦和学院の東西を代表する名門同士の対決は1点を争う好勝負となった。

 報徳学園の先発は渡邊友哉。真っ直ぐと縦の変化球が持ち球の投手。その渡邊の前に浦和学院の1番・中前 祐也はショートゴロに抑えられるも、続く2番・矢野 壱晟は高めのボールを左中間に持っていくと、打球がグングン伸びてそのままホームラン。

 浦和学院は強烈な先制パンチで報徳学園の出鼻をくじく。しかし3回に報徳学園の反撃にあう。

 8番の渡邊にライト前にヒットを打たれると、9番・稲葉 悠に送りバントを決められピンチを広げる。この場面で1番・小園 海斗にセンターへ二塁打で同点に追いつかれる。

 さらに4回には自分たちのミスで2人のランナーの生還を許して1対3。リードしていた浦和学院は今度は2点を追いかける展開となってしまう。

 だが、勝ち越された直後の攻撃で四球で出た4番・上野 暖人を7番・小町 竜梧のライトへの三塁打で返して2対3。浦和学院報徳学園に詰め寄る。

 浦和学院は1点差のまま報徳学園に食らいついて迎えた7回。途中出場の8番・畑 敦巳のセンターの二塁打でチャンスメイクすると、9番・河北 将太のセカンドゴロの間に三塁に進む。一死三塁のチャンスで2番・矢野の打球を相手がエラー。思わぬ形で浦和学院が追いつく。

 浦和学院は3番手・渡邉 勇太朗がマウンドに上がり、報徳学園の8回、9回の攻撃をシャットアウト。勝ち越しへのキッカケを作る。

 すると9回、8番・畑がレフトへの二塁打を放つと、9番・渡邉が追い込まれながら送りバントを決めて一死三塁とする。このチャンスを1番・中前は逃さず、センターへのヒットでゲームセット。4対3で浦和学院が最後の試合を白星で飾った。

(文・編集部 写真・中谷 明