2018年10月02日 福井県営野球場

浦和学院vs報徳学園

2018年  福井しあわせ元気国体2018 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

サヨナラ勝ちで浦和学院が最後の大会を終える!



サヨナラ打を放った中前祐也(浦和学院)

 報徳学園浦和学院の東西を代表する名門同士の対決は1点を争う好勝負となった。

 報徳学園の先発は渡邊友哉。真っ直ぐと縦の変化球が持ち球の投手。その渡邊の前に浦和学院の1番・中前 祐也はショートゴロに抑えられるも、続く2番・矢野 壱晟は高めのボールを左中間に持っていくと、打球がグングン伸びてそのままホームラン。

 浦和学院は強烈な先制パンチで報徳学園の出鼻をくじく。しかし3回に報徳学園の反撃にあう。

 8番の渡邊にライト前にヒットを打たれると、9番・稲葉 悠に送りバントを決められピンチを広げる。この場面で1番・小園 海斗にセンターへ二塁打で同点に追いつかれる。

 さらに4回には自分たちのミスで2人のランナーの生還を許して1対3。リードしていた浦和学院は今度は2点を追いかける展開となってしまう。

 だが、勝ち越された直後の攻撃で四球で出た4番・上野 暖人を7番・小町 竜梧のライトへの三塁打で返して2対3。浦和学院報徳学園に詰め寄る。

 浦和学院は1点差のまま報徳学園に食らいついて迎えた7回。途中出場の8番・畑 敦巳のセンターの二塁打でチャンスメイクすると、9番・河北 将太のセカンドゴロの間に三塁に進む。一死三塁のチャンスで2番・矢野の打球を相手がエラー。思わぬ形で浦和学院が追いつく。

 浦和学院は3番手・渡邉 勇太朗がマウンドに上がり、報徳学園の8回、9回の攻撃をシャットアウト。勝ち越しへのキッカケを作る。

 すると9回、8番・畑がレフトへの二塁打を放つと、9番・渡邉が追い込まれながら送りバントを決めて一死三塁とする。このチャンスを1番・中前は逃さず、センターへのヒットでゲームセット。4対3で浦和学院が最後の試合を白星で飾った。

(文・編集部 写真・中谷 明

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
いきなり実現した東西の名門対決 【ニュース - 高校野球関連】
公立躍進光る兵庫の底力 【ニュース - 高校野球関連】
第1028回 2020年の埼玉は初優勝チームが2校!伝統校、新鋭校がひしめきあう激戦区に!【大会展望・総括コラム】
第30回 強豪校がそろい踏み!2020年の「高校野球ドットコム」野球部訪問ランキングTOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第283回 来年の世代屈指の大型左腕候補・久野悠斗(報徳学園)を要チェック!【ドラフト特集コラム】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
常総学院vs浦和学院【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
川越東vs浦和学院【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs上尾【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
花咲徳栄vs久喜北陽【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
第73回 国民体育大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

報徳学園最後までありがとう諸君兵庫県の高校野球ファン 2019.07.13
私は報徳学園を応援して40年になりますが、今年のチームは特に印象に残ったよ。人生これからだね。
浦和学院勝利よしゆき 2018.10.02
3年生は最後の試合で頑張ってください 夏は報徳学園とはあたらなかったから試合やってみないとわかないかもです

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る