近江のスーパー1年生・土田龍空が攻守で躍動!



攻守で躍動する土田(近江)

 甲子園でも強打を発揮した高知商。国体でも試合序盤は高知商らしい野球だった、近江の先発・松岡 裕樹(3年)の甘く入った直球に狙いを定め、1番・前田 貴友(3年)の安打、2番藤田 昂志郎(3年)の適時二塁打とわずか4球で先制。さらに5番山崎 大智(3年)の適時打で2点目。そして2回裏、2番藤田の適時打で3点目を入れ、高知商がリードを広げた。 

 先発の北代 真二郎(3年)も甲子園に比べると力強いピッチングだった。常時135キロ~142キロの直球は甲子園より勢いがあり、130キロ前後のカットボール、100キロ台を割るカーブ、110キロ台のカーブと投げ分けながら近江打線を7回まで無失点に抑える完璧なピッチングを見せていた。だが、近江も先発の松岡が持ち直す。持ち直すことができた要因は近江の堅い守備陣にある。その中でも一際目を引いたのは1年生ショート・土田 龍空の守備である。

 多賀章仁監督は「身体能力が素晴らしい。入学した時、守備を見て、すぐにレギュラーで使おうと思いました。うちにはプロ入りした植田 海(阪神)がいますが、植田よりもワンランク上」と絶賛するほどだ。

本人は「持ち替え、守備範囲、一歩目の速さには自信あります」とショートに必要なスキルを自信あると答えるように、出足から違う。前の打球に対しては簡単に追いつき、さらには、センターへ抜けそうな打球に対しては、シングルハンドで追いつくなど、スピードが違う。

 守れると攻撃にリズムが出てくる。近江は8回表に反撃開始。瀬川純希(3年)の2ラン本塁打を放ち、2番木村 龍之介(3年)の適時打で追いつくと、打席に立ったのは土田。カーブを振り抜いた打球は勝ち越しの適時二塁打をなり、その後、中大表明した北村 恵吾(3年)の適時打で5対3とした。その後、本塁打で1点差に迫られたが、9回表にも9番瀬川の適時打で1点を追加して、6対4と再び2点差とした。

 そして9回裏二死。再び土田のもとに打球が襲う。土田の手前で大きくバウンドした打球を捕球。アウトにならなかったが、観客はざわついた。多賀監督も「アウトにはならなかったのですが、あのプレーはすごかった。教えてできるものではないですし、あれはセンスですね…」と絶賛するプレーに、土田は「バウンドする打球に対しては、同バウンドするのか、そのラインを予測してグラブを出します」というが、簡単な技術ではない。やはり天性のものがあるのだろう。

 近江は3投手のリレーで逆転勝利で準々決勝進出を決めた。土田は「まだ3年生たちと一緒にプレーできてよかったですし、今も秋の大会の途中ですけど、打撃の調子を落としていたので、この結果を機に調子を挙げていきたいです」と国体後の県大会も見据えている。

 多くの方を驚かせたスーパー1年生・土田。ショートを始めたのは中学2年生とまだ経験は浅い。
「自分はあまり緊張しない」という強心臓のショートストップはどんなプレーを表現するのか、次の日大三戦も見逃せない。

(文・河嶋 宗一 写真・中谷 明