これぞ日大三野球!土壇場からひっくり返してサヨナラ!



木下元秀(敦賀気比)

 開催地・福井県代表の敦賀気比と、夏の甲子園ベスト4の日大三の試合。前半は緊迫した投手戦となった。

 日大三の先発・中村 圭太は130キロ中盤の真っ直ぐと鋭く落ちる縦の変化球を軸にピッチングをする。タイプで見ればバッターに対して力で勝負ができる部類の投手である。
 また腕のしなりが良く、ボールを弾いて投げているように見える。

 その真っすぐを投げながらも三振を狙いにはいかず、変化球も交えつつ打たせて取るピッチングで5回まで許したヒットは僅か1本だった。

 一方の敦賀気比の先発・木下 元秀は、130キロ前半の真っ直ぐと大きく縦に変化する変化球が持ち球。

 しかし彼の最大の武器は横幅とギャップだ。木下のフォームは、足をゆったり上げる形で始動する。そのフォームから130キロ台のストレートが来る。まずはそこにギャップがある。さらに変化球は100~110キロ台と真っ直ぐとの球速差が20~30キロほどある。そこにもギャップがあり打者はなかなか捉えられない。

 そしてもう1つが横幅。外角一辺倒というわけではなく、効果的に内角をつき、日置 航をはじめとする強力日大三の打者を詰まらせるシーンを何度も見た。緩急が利いていることもあるだろうが、キッチリとコーナーをつくことができているためと考えられる。木下が許したヒットは5回までで3本だけだった。

 両者持ち味を最大限に発揮した前半戦。しかし整備明けの6回に均衡は崩れた。

 日大三は2番手・河村 唯人をマウンドに送る。甲子園ベスト4の立役者である河村だが、この日は違った。

 なかなかストライクを取ることができず、苦しいカウントを作ってしまいがち。その結果、6回の敦賀気比の攻撃で8番・森田 里玖と9番・西川剣之介を四球で歩かせると、1番・岩本 大輔と2番・黒田 響生の連打で2失点。日大三は2点ビハインドとなる。

 続く7回には8番・森田と9番途中出場の中野 樹にタイムリーを浴びてさらに2点を献上。敦賀気比に0対4と点差を広げられる。