粘りの済美再び!サヨナラ勝ちで準々決勝へ!



済美 サヨナラの瞬間

 高岡商済美の一戦は初回から動く。

 済美の先発・山口 直哉は、高岡商1番・森田 朝陽に内野安打を許していきなりランナーを背負う。後続のバッターを打ちとって何とか二死までこぎつけるも、4番・筏 秀生にレフトスタンドへのホームランを打たれ0対2。高岡商に先制点を許してしまう。

 しかし直後の攻撃で済美は反撃を見せる。
 高岡商の先発は山田 龍聖。U18代表にも呼ばれた左腕だが、済美の1番・矢野 功一郎、2番・中井 雄也が四球を選んで出塁。3番・芦谷 泰雅は倒れて一死となるも、4番・池内 優一がライト前へタイムリーを放ち1対2。済美が1点を返す。

 チャンスは続き、二死から6番・山口がレフト線へのポテンヒットで2人目が生還。済美がすぐさま追いつき、簡単には高岡商に試合の主導権を渡さない。

 初回の攻防を見れば、どちらかがすぐに勝ち越しをするかと思われたが、ここから試合は均衡状態に入る。

 山口はストレートと小さく動く縦のスライダーを低めに集めて打たせて取るピッチング。山田はボールが荒れながらも、縦のカーブ・スライダー、そして角度のあるストレートで要所を締める。

 両者一歩も譲らず勝ち越し点を許さないまま、試合は9回に入る。
 9回表、二死から高岡商の7番・井林 泰雅に高めの浮いたストレートを左中間に運ばれる二塁打で二死二塁。8番・田嶋怜はボテボテの当たりながら内野安打。二死一、三塁と一打勝ち越しのピンチを済美の山口は背負うこととなる。

 ここで打席には、山田が入る。山口は踏ん張りたいところで、打席の山田から見事空振り三振を奪い一打勝ち越しのピンチを凌いだ。