2018年12月08日 小牧市総合運動場野球場

愛知県選抜vs中部大

2018年 練習試合(交流試合)・秋 強化試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

愛知県選抜、連敗も それぞれの選手がアピール!



先発する安藤大斗(小牧南))

 年末になると各地の高野連が代表チームを結成して海外遠征をするが、今年は東京・愛知・四国が海外遠征を行う。愛知県選抜は8日、中部大学と対戦。国内では最後の試合である。

 先発マウンドに登ったのは安藤 大斗小牧南)。左腕からのグラブを高く掲げ、真っ向から右腕を振り下ろすフォームが特徴の本格派右腕。右腕から繰り出すストレートは常時130キロ~138キロを投げ込む。速球の勢いはなかなかで、低めに決まるストレートは素晴らしい。ただ初回、一死から2番早川 圭汰(2年)の二塁打からピンチを招き、4番中川 涼成(2年)は自慢の直球で打ち取ったものの、左前安打で1点を失う。しかし後続を抑え、3回を投げ、被安打2、1失点の好投を見せた。

 投手としての素質、奥行きはかなりのモノを秘めた投手。今後が楽しみな逸材だ。

 愛知県選抜は1回裏、5番今泉 颯太(中京大中京)の適時打で同点に追いつくと、4回裏、一死二塁のチャンスを作り、9番藤掛 大希(愛知産大高)がしぶとく右前適時打を放ち、勝ち越しに成功する。

 愛知県選抜の2番手・山田 紘太郎西尾東)。この秋はチームを4位に導く好投を見せた右の本格派。ただ調子を崩しているのか、左足にぐっと体重が乗らず、140キロを超えるストレートは影を潜め、130キロ前半がほとんど。それでもスライダー、カーブを丁寧に投げ分け、2回無失点に抑えた。

 6回表からマウンドに登ったのは3番手大竹竜輝(豊橋中央)。大竹は、左腕から120キロ後半の速球、スライダー、チェンジアップを駆使して、2回無失点に抑え、8回から投打の柱・石川 昂弥東邦)がマウンドに登った。しかし一死二、三塁のピンチを招いたところから味方のミス、逆転打を打たれ、さらに9回表には梶田に本塁打を打たれ、2対4と点差を広げられる。

 8回、9回ではチャンスを作るも、愛知県選抜は得点できず、2対4で敗れた。ただ11安打を放ったことは評価できる点だろう。中部大学の投手は3投手のうち、2人は130キロ後半の速球を投げる投手。そういう投手たちから安打を記録したことを考えると、野手のレベルは高いものがあった。特に素晴らしかったのは上田 希由翔愛知産大三河)。夏の甲子園を経験している左のスラッガーだが、打撃の素質が非常に高い。

 ゆったりとした構えから弧を描くスイングは鋭く、木製バットの適応度は高い。2安打を放った打球は大学生と変わりなく、体の回転をしっかりと使って打つことができていたので、このまま経験を重ねていけば、木製バットでも本塁打量産も期待できそうな選手だ。打撃だけいえば、ドラフト級。ただレフトをやっていなかったのか、打球の追い方、一歩目の反応、ポジショニング、送球などはかなり鍛える必要があるだろう。反復練習を重ねて、守備面でも破綻のないレベルまで引き上げてほしい。

 高校通算37本塁打の石川は、第1試合は1安打のみで終わった。木製バットのヘッドが重く、その対応に苦しんでいる印象だったがとらえた打球は速い。肩の強さを見てもけた違いのポテンシャルを持った逸材だけに、文句なしの結果を見せるためにも、そのためには一歩踏み込んだ取り組みを期待したい。またこの選抜で大きく評価を挙げている西村 進之介(栄徳)も構えから雰囲気を感じさせた。この試合では当たりはなかったが、来春以降、じっくりとチェックしてみたいと思わせる選手だった。

(取材=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る