2018年12月02日 二松学舎大附グラウンド

東京代表vs二松学舎大附

2018年 練習試合(交流試合)・秋 強化試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

東京代表、守り勝ちで2連勝!



先発する中村晃太朗(東海大菅生)

 東京代表実戦3試合目。相手は名目上、二松学舎大附3年生チームの対決だが、先発は帝京の松澤 海渡、DHには日大三中村 奎太がスタメン出場。さらには林 玲介日大三)、河村 唯人日大三)も控えており、ある意味、3校連合といっていいチームだ。東京代表は谷 幸之助(関東一)がライト、井上 広輝がセンターと投手2人が先発となっている。その意図について、前田 三夫監督は「本番では5試合ありますから、やはりいつでも同じスタメンというわけにはいかないので、投手も野手としてスタメンがあるということで、試したかった」と起用法を説明。まず第1試合では野手として起用された選手が奮起。

 試合は3回表、東京代表は9番谷 幸之助(関東一)が左前安打を放ち、1番小山 翔暉東海大菅生)の右前安打で続き、無死一、二塁のチャンス。ここで2番野村 昇太郎(二松学舎大附)がセーフティバント。これを投手・松澤が処理を誤り、暴投。二者生還し、野村も三塁へ。さらにバッテリーミスで1点を追加する。

 東京代表は中村 晃太朗東海大菅生)が2回無失点の好投を見せる。しかし3回裏、武内寛人(八王子)が相手の3番平間陸斗に適時二塁打を打たれ、1点を失ってしまう。

 その後、両チームの投手が好投。二松学舎大附は147キロ右腕・岸川 海、東京代表は4回途中からリリーフした伊藤 大征早稲田実業)が伸びのある130キロ前半の速球で抑える好リリーフ。5回裏は細野 晴希東亜学園)は回転数抜群の135キロ前後のストレート、120キロ台のスライダーを織り交ぜ1回2奪三振のピッチング。さらに6回裏から井上 広輝(日大三)は常時140キロ台・最速143キロのストレート、125キロ前後のスライダーのコンビネーションで1回2奪三振無失点の快投を見せ、順調な仕上がりをアピールした。

【次のページ】 東京代表vs二松学舎大附(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る