2018年11月25日 岩倉高西東京総合運動場

星城vs岩倉

2018年 練習試合(交流試合)・秋 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

星城、東京遠征締めくくりは猛打爆発で岩倉粉砕



2ラン本塁打を放った星城・坂井田君

 この連休に東京遠征を組んでいた星城。その最後の試合が、この日の岩倉との試合となった。

 岩倉は秋季東京地区大会でベスト8に進出して、着実に復活への兆しを示している。もっとも、この日はエースの宮里 優吾君と、坂本 一樹君が東京選抜メンバーとなっているために不在。一方、星城もいつ年生からメンバー入りしていた石黒 佑弥君が愛知県選抜メンバーとなっていて、この遠征には帯同できなかったということで、条件はほぼ同じということになった。

 遠征の最終試合は、やはり勝って締めくくりたいという星城と、前日は花咲徳栄との試合で大敗を喫したという岩倉。シーズン最後でもあり、やはりしっかりと勝っておきたいという思いはあるはずだ。星城は、平林監督の期待も高い右の奥田君が先発で、制球は悪くなく丁寧にコースを突いてくる投球。岩倉は秋季大会でも背番号11をつけて、試合でも登板した左腕櫛田君が先発となった。

 そんな両校のガチンコ勝負となったが、星城が犠飛と押し出しで序盤に1点ずつ奪うと、岩倉は3回、1番仲俣君と3番荻野君が相次いで中越本塁打を放って追いついた。試合展開としても、「どうなっていくのかな?」と思わせるものとなってきた。星城は4回にすかさず7番の舩戸君が左翼へソロ本塁打して再びリードした。そして、奥田君はこのリード以降4~6回を3人ずつで抑えていった。櫛田君も5回、6回を0に抑えていたが7回、星城は坂井田君が失策の走者を二塁に置いて右越2ランを放って突き放し、さらに二死満塁として下釜君のタイムリーで2点を追加した。さらに、8回には星城の打線爆発となって近藤君、宮川君の連続二塁打など打者11人で7点を奪うビッグイニングとなった。

 こうして結果としては星城が終盤の大量点で点差が開いてしまった。

 岩倉の豊田浩之監督は、「7回でしょうね。結局失策からでしたから。難しい球の捕球だったんですが、そこからの送球という練習は何回もやってきていたところなんですけれどもね。結局、あれで集中がキレて行ってしまって…、こんなことになってしまうんですよ」と、緊迫した展開の試合で緊張感を維持しきれなかったことを残念がっていた。そして、この冬の練習としても、気持ちを上げていきながら維持していくというメンタルの強化もテーマとしているようだ。

 星城の平林宏監督は、「シーズン最後に、こうして東京遠征が出来て、いろんな形で刺激も得られたし、(県内を)出てみて経験出来ることは、収穫になった」と、遠征の成果を感じていた。前日は、日大三に打ち負けた形にはなってしまったというが、強豪に序盤で点を取られつつも、追いすがっていく姿勢を示せたことも意識が高まっていった要素となったという。

 この日の試合では、7回以降1イニングずつ3人が投げたが、3者三振とした水谷君、ややトリッキーな左腕宮本君など、それぞれ持ち味を出して、投手陣の充実も感じられた。

 そうした、この遠征の成果を糧として、来シーズンへ向けて、さらに強化していくという意識も高まっている。大いに楽しみである。

(取材・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
二松学舎大附vs岩倉【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
東東京勢対決は二松学舎大附に軍配!岩倉を7回コールドで下す! 【ニュース - 高校野球関連】
岩倉vs都立豊多摩【東京都 2020年秋の大会 東京都大会】
共栄学園vs岩倉【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
岩倉vs都立三田【東京都 2020年夏季東西東京都高等学校野球大会 東東京大会】
【東東京大会展望】帝京、関東一、二松学舎大附など強豪ひしめく東東京は今年も熱い! 【ニュース - コラム】
第1012回 【東東京大会展望】シード校・堀越のブロックが最激戦区に!東東京は今年も熱い!【大会展望・総括コラム】
第7回 甲子園という強固な理念があるからこそ「もっとやれた高校野球」 岩倉高校OB・後尾和男社長(新灯印刷株式会社)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
岩倉vs専修大附【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第115回 「最後まで競い合う」岩倉は、夏の甲子園へ向かう戦いと同じ意識で戦える覚悟を個々に確認【高校野球コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第1075回 宮里優吾(岩倉)目標は千賀。伝家の宝刀・フォークを手にプロ入りの夢を目指す【後編】 【2019年インタビュー】
第1075回 宮里優吾(岩倉)最速147キロの剛腕は下積みを重ね、飛躍の瞬間を待ち続けた【前編】 【2019年インタビュー】
第884回 主将として、攻守のキーマンとして、荻野魁也(岩倉)はさらに己を磨く【後編】 【2019年インタビュー】
第884回 経験豊富な攻守の要・荻野魁也(岩倉)のルーツを探る【前編】 【2019年インタビュー】
岩倉 【高校別データ】
星城 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る