2018年11月18日 レクザムボールパーク丸亀

報徳学園vs藤井学園寒川

2018年 練習試合(交流試合)・秋 招待試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

報徳学園、藤井学園寒川との激戦制し、大会史上初「4連勝」達成!



8回表逆転劇に盛り上がる報徳学園ベンチ

 藤井学園寒川の奮闘が大いに試合を盛り上げた。攻撃は4得点こそ志度の5得点に及ばなかったものの、12安打・6四死球はいずれも大会4試合中最多で2長打は高松商とタイ。5打数3安打2打点の4番・池田 大飛(2年・中堅手・右投右打・170センチ66キロ・大阪城東リトルシニア<大阪>出身)を含め、引き付けて振り幅小さく捉えるスイングでスタメン3人がマルチ安打をマークした。

 投げても秋はベンチ入りが叶わず「この試合にかけていた」最速147キロ右腕・加茂 優太(2年・右投右打・171センチ70キロ・大阪生野リトルシニア<大阪>出身)が8回3分の2・138球を投げ9安打自責点5(失点7)。奪三振は2に留まり、9四球・5盗塁を許すなど公式戦から遠ざかった影響は否めなかった一方で、「完投を考えて抑えさせながら投げさせていた」(佐竹 茂樹監督)中でも最速は144キロ、8・9回は140キロ台を連発するなど、春以降の飛躍に期待を持たせる内容だったといえよう。

 しかし、それ以上に報徳学園は強かった。1対3で迎えた8回表には4安打に2四球2盗塁を絡めて「逆転の報徳」の真骨頂を見せる4得点。最終回も3盗塁3四球をチャンスにし、途中出場の8番・西井 星矢(2年・捕手・右投左打)が8回表の勝ち越し右犠飛に続き、二死満塁から右前2点打を放って試合を決めた。

 かくして2011年春の2連勝に続き、2012年春に「香川県高等学校野球連盟招待試合」が4試合制となって以来、春秋通じて8回目にして初となる4連勝(2016年春の大阪桐蔭は2連勝で2試合中止)を達成した報徳学園。しかし、彼らの笑顔はその瞬間だけだった。

 試合後「うどんが食べられなかったのは残念ですが(笑)西宮より空気がおいしいです」と香川県の印象を述べた主将・岩本 悠佑真(2年・二塁手・右投右打)は「近畿大会では打てずに負けたので、バットを振ってスケールを大きくすることを目指したい」と冬へ意気込めば、「公式戦より自分たちの野球ができていた」と4試合を振り返った大角 健二監督は「ミスを続けず最少失点に抑えられたことはよかった。これを大会につなげていこう」と選手たちに語り掛けている。

 その他、外野ノックから入り、外野手の半数以上が内野ノックに加わる報徳学園の「ポリバレントシートノック」など、今回もグラウンド内外での発見と学びが多かった香川県高等学校野球連盟招待試合。小野 裕作・香川県高等学校野球連盟理事長によると2019年春は横浜(神奈川)、秋は星稜(石川)、2020年春は広陵(広島)を初招待することが決まっている今大会だが、今後も継続はもちろんのこと、より多くの人々が「見る・戦う・学ぶ」ことで香川県の野球界、しいては四国の野球、スポーツがさらなる文化的価値を高めていくようになることを切に願いたい。

 

(取材・写真=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
PL学園、大阪桐蔭、報徳学園など擁する近畿地区が最多26回優勝!各地区の優勝回数を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
本日発表日!選抜候補全131校を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
第1002回 「打倒・明石商 中森俊介から10点取る打線へ」育英(兵庫)野球部訪問【後編】【野球部訪問】
第1001回 「復活を目指す兵庫の伝統校」育英(兵庫)野球部訪問【前編】【野球部訪問】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第5回 無理は禁物だが、連投できることもその投手の強みになる 槙原寛己氏【後編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第4回 全国のレベルを痛感しつつ、自信も深めた2年時の甲子園出場 槙原寛己氏【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
藤井学園寒川vs丸亀城西【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
藤井学園寒川 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る