2018年11月18日 レクザムボールパーク丸亀

報徳学園vs英明

2018年 練習試合(交流試合)・秋 招待試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

報徳学園、センバツ出場の英明を「走・攻」で圧倒!



4回裏報徳学園・一死一塁から6番・岩本悠佑真(2年主将)の三塁打で二者が生還

 「香川県高等学校野球連盟招待試合」秋の部。第1日で秋季香川県大会・秋季四国大会優勝、明治神宮大会ベスト4の高松商を10対3。秋季香川県大会準優勝で香川県21世紀枠代表にも選出された志度を8対5と逆転勝ちで破った報徳学園(兵庫)は、第2日では会場を丸亀市のレクザムボールパーク丸亀に移し、センバツ出場校の英明(秋季香川県大会3位)、四国2年生最速147キロ右腕・加茂 優太(2年)を擁する藤井学園寒川(秋季香川県大会4位)と対戦した。

 英明の先発はセンバツ・國學院栃木戦で11奪三振の最速143キロエース・黒河 竜司(2年・180センチ85キロ・右投右打・高松市立屋島中出身)。しかし、報徳学園はこの日も最速136キロに留まるなど7月の右脚中足骨骨折以降本調子でない黒河はじめ英明投手陣を早々に捕らえた。しかも大角 健二監督か「振りに行くこととボール球を見極める姿勢」をテーマにした打撃と「走れる選手が多いので、レベルを問わす積極的にやっていくことをテーマにしている」走塁も随所に絡めながら。

 

 3回裏は先頭打者1番・西井 星矢(2年・捕手・右投左打)が左前安打で出塁すると一死後、3番・赤﨑 優大(2年・右翼手・右投右打)の2球目に二盗。すささず赤﨑は次の3球目を左前適時打とし、さらに二死後3四球で得た満塁からは7番・三宅 雄雅(1年・中堅手・右投左打)の左前2点打などで計4点を奪い、黒河をこの回限りで降板させることに成功した。

 その後も13安打5盗塁で10得点を奪い、英明の反撃を4回表重盗絡みの1点に抑えて圧勝した報徳学園。自らのテーマを遂行しながら全力を尽くし勝利をつかみ取る様は、この日スタジアムの随所で見られた高校球児のみならず、より多くの指導者たちが感じ取ってもらいたいスタイルである。

 

(取材・写真=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春季関東大会を総括!東海大相模や東海大菅生が見せた投手運用を振り返る 【ニュース - コラム】
市立尼崎が報徳学園を下しBブロック決勝進出!【春季兵庫県大会・31日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
英明vs高松工芸【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
第849回 「横浜挑戦権」と「夏のシード権」をかけて!混戦模様の香川大会を徹底解説【大会展望・総括コラム】
第35回 四国選抜 海外遠征を経由して全国・世界で通用する選手・チーム輩出へ!【四国発】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第835回 激戦の近畿地区の選考!ベスト8敗退チームはどこが出ても楽しめる!【大会展望・総括コラム】
第535回 「目線は常に日本一へ」兵庫の公立の雄・社が固めた強い決意【後編】【野球部訪問】
第532回 『目標』ではなく『決意』の域へ!兵庫県の公立の雄・社が痛感した勝負への姿勢【前編】【野球部訪問】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
第819回 エースとしての自覚を胸に勝てる投手を目指す!報徳学園エース林直人 【2018年インタビュー】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
第781回 世代トップを突っ走る小園の支えは「絶え間ない向上心」 小園海斗(報徳学園) 【2018年インタビュー】
英明vs香川高専高松【香川県 2018年秋の大会 香川県秋季大会】
英明 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る