2018年09月13日 健大高崎野球部グラウンド

健大高崎vs上田西

2018年 練習試合(交流試合)・秋 練習試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

強豪校同士の対決。ともに収穫ある一戦に!



主将の宮坂愛斗(上田西)

 9月になると各地で公式戦も本格化する。その中でも時間があれば、練習試合をしたい。木曜日に健大高崎vs上田西の試合が実現した。お互いこの夏の地方大会準優勝チーム。さらに公式戦中のさなかである。

 例年、上田西はこの時期、学校が早く終わる日があり、定期的に行っているカードだという。上田西は公式戦のユニフォーム、さらに背番号をつけて試合に臨んだ。

 上田西はエースの阿部巧が先発した。エースの阿部はオーソドックスで名門校で鍛えられた右の好投手。常時130キロ~135キロ(最速136キロ)のストレートは威力があり、スライダー、カーブの精度も高いのだが、1回表に4番伊藤の中前適時打で1点を取られ、2回表にも3点を失い、4失点降板。普通ならばそう簡単にとられる投手ではないが、甘く入ったところを見逃さない健大高崎打線は脅威だ。

 4回表から宮尾優豪が登板。宮尾は2番手としてかなりの好投手で、130キロ前半だが、コントロールは実によく。変化球も低めに集め、3回表に1点を取られたが、4回~6回まで無失点の好投を見せた。リードする宮坂愛斗も「まだまだですけど、しっかりとコントロールできれば、これほど強い相手を抑えることができるんだと収穫になりました」と宮尾のピッチングに手ごたえを感じていた。

 原監督は阿部、宮尾の2人について北信越大会出場のキーマンとして期待をしている。「まだ甘さがありますが、1か月すればかなり良くなると思います。試合は土日が試合となりますので、彼らが交互に投げあう形になると思います。やはり彼らがしっかりと投げてくれれば北信越大会出場の可能性も大きくなると思いますし、また北信越大会出場ができれば好投してくれると思います」とさらなる進化を期待していた。

 宮尾は6回で降板。7回表、上田西の3番手・山口を投入する。阿部、宮尾以外の投手力向上もこの練習試合のテーマだったが、健大高崎打線が爆発。3番・山本 陸人(津ボーイズ出身)が2ラン本塁打を打たれ、5番柳澤 光星(群馬西毛ボーイズ出身)もソロ本塁打を打たれ、その後、得点を重ね、結局12点を入れた。原監督からすれば打たれるのは想定内。打たれるのも勉強ということで、この練習試合に帯同していた投手がすべて登板した。

 一方、打線は目標の5点をとった。4番宮坂が高校通算13号目となる2ラン本塁打。また3番一ノ瀬もライトへ適時二塁打、9回裏に2ラン。一ノ瀬は新チームになって一番ホームランを打っている選手。一ノ瀬、宮坂も決して上背はないが、パワフルなスイングができる右の強打者で、長野県でも屈指の打者になる可能性を秘めている。

 野手は宮坂、一ノ瀬以外にも好選手が多くおり、塁間タイム4.1秒前後を計測した斎藤、ショートの井出、サードの高寺と夏の経験者が多く残っており、楽しみな布陣である。

【次のページ】 健大高崎vs上田西(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
目指すはトリプルスリー!?プロ入り後の目標を語る!【後編】 【ニュース - インタビュー】
第772回 目指すはトリプルスリー!研究心豊かなスラッガー・山下航汰(健大高崎)【後編】 【2018年インタビュー】
星稜、上田西がコールド発進!大会初日の結果は?【秋季北信越大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第764回 通算75本塁打の礎を作った中学時代と高校1年時の打撃改造 山下航汰(健大高崎)【前編】 【2018年インタビュー】
第3回 「やっぱり漢字がいいね」の一声で変わった強豪校のユニフォームデザイン  【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第764回 激戦が予想される秋季長野県大会地区予選会を展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第745回 前評判通りに佐久長聖が優勝!長野の夏を総括する!【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs高崎商【群馬県 2018年夏の大会 第100回選手権群馬大会】
前橋育英vs健大高崎【群馬県 2018年夏の大会 第100回選手権群馬大会】
佐久長聖vs上田西【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
上田西vs松本国際【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
上田西vs小諸商【長野県 2018年夏の大会 第100回選手権長野大会】
第710回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【野手編】【大会展望・総括コラム】
第153回 今年もジャイアンツカップ優勝経験者に注目。山下・太田・大石のドラフト候補トリオが見逃せない【ドラフト特集】
第539回 小野大夏(健大高崎)「先発でも力で押せる投手になりたい」 【2017年インタビュー】
第208回 【侍ジャパン18U代表】高崎健康福祉大学高崎高等学校 脇本 直人選手 【2014年インタビュー】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
上田西 【高校別データ】
健大高崎 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る