2018年09月07日 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

日本vsチャイニーズタイペイ

2018年 第12回 BFA U18アジア選手権 スーパーラウンド
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

投打ともに精彩を欠いた日本代表。台湾に9年ぶりに敗退



柿木蓮(大阪桐蔭)

 U18など青年世代の国際大会は勝つことも大事だが、1つ1つの試合が将来の成長の糧となる。果たしてこの試合から得るものはあるのか。非常に考えさせられる試合だった。

 チャイニーズタイペイの先発・王彥程は中国戦でもリリーフしていた142キロ左腕。永田監督は「中国戦の映像を見てこの投手が来るものだと思いました」と語るように左投手に備えての準備を行った。

 日本ベンチの見方としては韓国の左腕・キムギフンより攻略はたやすい。そういう見方だった。

 だが王は中国戦よりも良かった。ゆったりと右足を上げていきながら、インステップ気味に踏み込んでいきながら、勢いよく投げ込んでいく左腕で、常時140キロ~143キロの速球をどんどん投げ込んでいく。速球の勢いは中国戦以上で、125キロ前後のスライダーの切れもよい、1回表、三者凡退に終わったが、制球は粗い。しかし日本はなかなか1本が出ない。

 日本の先発は柿木 蓮大阪桐蔭)。韓国戦に続いて連投である。負けられない戦いなので、永田監督は「スクランブル体制」と説明した。だが柿木はブルペンから良くない。その柿木はマウンドに登っても変わらなかった。2回裏、4番李逸達の遊撃内野安打。犠打で一死二塁となって、6番林軒逸が甘く入ったスライダーを逃さず左前適時打を放ち1点を先制。さらに7番戴培峰が右前安打。一塁走者は三塁を狙ったが、ライト・根尾 昂大阪桐蔭)が素晴らしい返球を見せ、アウト。一、三塁になるピンチを見事に防いだ。

 日本は王相手に3回まで無安打だったが、4回表、小園 海斗報徳学園)がセーフティバントで出塁し、一死一塁から4番野尻 幸輝木更津総合)が右中間を破る二塁打を放ち、一死二、三塁から5番中川 卓也大阪桐蔭)の犠飛で同点に追いつく。

 4回裏、日本ベンチは調子が悪かった柿木に代えて、吉田 輝星金足農)を投入。もちろんスクランブル体制という意図で、中1日を置いての登板である。

 だが今日の吉田。最速148キロを出したものの、ほとんど130キロ後半~140キロ前半で、ぐっと伸び上がるようなストレートはない。上半身が先行して動く形となっている。いつものように下半身が先行して、ゆったりとした間で投げることができていない。そのため押し出すような投げ方となり、生きたボールがいかない。台湾打線はそれを見逃してくれなかった。

 いきなりヒットで出塁を許すと、その傾向が顕著に。二死一、二塁のチャンスから8番曾傳昇の左前適時打、9番郭天信が自慢の俊足を生かした三塁へのセーフティバント。3対1と2点差をつけた

 この2点が日本代表に重くのしかかる。劣勢時こそじっくりと攻めていくのが定石だが、早打ち早打ちで、なんと7回まで76球。王を気持ちよく投げさせていた。

 王は回を重ねるごとに甘い球は来ている、ボールの勢いはない。日本の打者はそれを感じ取っていたが、具体策はない。選手たちは仕留めきれなかった「技術不足」というが、なぜそれができなかったのか。その具体策が出ないまま9回まで進んだ。

 王は9回表もマウンドに登り、三者凡退。
1対3。
 二大会連続のアジア制覇はなくなった。

 韓国には2年連続で敗戦、台湾には2009年の第8回AAAアジア野球選手権大会以来の敗戦。韓国には投打で圧倒され、台湾にはベンチワークの差で負けた。この敗戦はしっかりと受け止めないといけないだろう。

 日本の野球は後がなくなると主力投手をつぎ込ませる戦法をとることが多い。去年は田浦 文丸、今年は吉田 輝星。敗れてしまうと残るものは何もない。将来的な素質はプロのローテーションに入っていてもおかしくない吉田 輝星に責任を負わせる形にしたのは、高校球児育成のために考えていかなければならない問題だ。

 18人はアジア制覇だけではなく、それぞれ自分を高めたい思いを持って宮崎に来ている。残り2試合はその意味を見出し、将来につながる2試合になることを期待したい。

(記事=河嶋 宗一

U18代表特設サイト!試合や合宿情報など掲載中!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
これぞ決勝戦!チャイニーズタイペイ代表vsアメリカ代表の一戦を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
奥川、韮澤がベストナイン、西が最多本塁打を受賞!日本からは3人が表彰される! 【ニュース - 高校野球関連】
第1052回 目指すはナンバーワン野手。さらにレベルアップし、来年も日本代表へ 横山陽樹(作新学院) 【2019年インタビュー】
第1051回 韓国でもいつも通り。リリーフエース・飯塚 脩人の恐るべき精神力の強さ 【2019年インタビュー】
第36回 個性のクセが強い!WBSC U-18出場国のユニフォームを紹介【後編】【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1050回 「奥川の持ち味を引き出すことに関しては誰にも負けない」 奥川快投の裏には必ず山瀬慎之助(星稜)がいる 【2019年インタビュー】
第1050回 甲子園・W杯合わせて10勝。水上桂(明石商)は大舞台で勝てる捕手として邁進中! 【2019年インタビュー】
第30回 勝てばスーパーラウンド進出決定のチャイニーズタイペイ戦は雨対策と左腕投手がポイント!【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第28回 【U18日本のライバル国紹介】台湾の大谷翔平・李晨薰に16歳で153キロをマークした潘文輝 チャイニーズタイペイも要警戒【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1033回 静かに剣を研ぐ伸び盛りの2年生 作新学院・横山陽樹が実践力の高さをアピール 【2019年インタビュー】
第785回 怪物・キム・デハン、台湾の大谷翔平・李晨薰など宮崎で躍動したアジアの逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
都立青井・都立日本橋 【高校別データ】
都立日本橋 【高校別データ】
日大高 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
日大二 【高校別データ】
日体大柏 【高校別データ】
日本文理大附 【高校別データ】
日本航空石川 【高校別データ】
日本航空二 【高校別データ】
日大山形 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る