2018年09月07日 KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

中国vs韓国

2018年 第12回 BFA U18アジア選手権 スーパーラウンド
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

韓国、長打と小技を絡め、7回コールド勝ち!!



2ランスクイズを決めたユンスンヨン(韓国)

 韓国vs中国とのスーパーラウンド。予選ラウンド3連勝の韓国が圧巻の強さを見せた。

 韓国は試合前の打撃練習や日本戦の活躍度を見て、打順をてこ入れ。日本戦で3番を打っていたキム・チャンピョンは1番に入った。キム・ソンヨン監督によると、「打撃練習の状態が良かった」と1番起用の理由を明かした、

 1回裏、そのキム・チャンピョンが左中間を破る二塁打。一死三塁から日本戦で本塁打を放った3番・キムデハンが中前適時打を放ち、1点を先制。さらにキム・デハンが盗塁を決め、4番アン・インサンの適時打で2点目。さらに2回裏、9番キム・ヒョンスの適時打で3点目。1番キム・チャンピョンが四球で出塁し、中国は投手交代。先発・ZHENG・HEに代わり、エースの桑洋を投入。一死二、三塁から2番ユン・スンヨンが2ランスクイズ。2回まで5点を先行する。

 2ランスクイズについて、キム・ソンヨン監督は「今年のチームはパワーもスピードも優れたチーム。だけど頭脳的な攻撃もできるということを示したかった」と、硬軟織り交ぜた攻撃で点差を広げた。ちなみにユン・スンヨンは日本戦で吉田から10球投げさせて四球で出塁し、3ランにつなげる活躍を見せた。キムハンソン監督は「あの試合はユンスンヨンがMVPですよ」と、ユン・スンヨンの活躍を高く評価している。

 韓国は2年生左腕・チョン・クボンが好投。左スリークォーターから常時120キロ後半の速球、スライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜる技巧派左腕。球速は速いわけではないが、大事なところで変化球を低めに投げ込み打ち取ることができる実戦力の高さが魅力だ。

 中国は4回裏から3番手・LI FULONGが登板。体を沈めた右のサイドハンド。ストレートは常時125キロ~132キロとストレートのスピードは出ており、厳しく内角球をつくことができる。韓国の打者は内角球にしばらく苦しんでいたように見えたが、二死一、二塁は7番キム・ヒョンミンが内角ストレートを振りぬき、レフト線を破る適時二塁打で7対0と点差を広げた。

 5回表は韓国はジュン・クボンから大型右腕のチョン・ヘヨンに交代。ジョンは恵まれた体格から投げ込む右腕。常時130キロ中盤の速球、120キロ前後のスライダーを売りにする右腕。あっさりと三者凡退に退ける。

 6回裏、中国は9番キムヒョンスが2点タイムリー。キムヒョンスは、一発を打つ長打力もあれば、逆方向に鋭い打球を打ち返す技術の高さもある。なぜ9番打者を打っているのか?
「そりゃ二刀流だから、疲れさせないためだよ」とキム・ソンヨン監督は説明する。韓国のチームではクリーンナップを打っているキムヒョンス。ああいう打者が9番にいる韓国は本当に打線の層が厚い。

 さらに1番キム・チャンピョンはライトへ二塁打を放ち、2点を追加。キム・チャンピョンは3打数2安打2得点2打点と見事に1番起用に応えた。

 7回表、韓国は3番手にリー・キョフンを投入。リーは、左腕から常時135キロ前後(最速136キロ)のストレートとスライダーを投げ分ける好投手。中国打線を抑え、11対0。韓国が7回コールド勝ちで、スーパーラウンドの通算成績を2勝0敗として、決勝進出へ大きく前進した。

 キム・ソンヨン監督は「平常心でやっていくだけです」と台湾戦へ向けての意気込みを話した。

 試合を重ねるごとにスクイズ、エンドランと小技を絡め、打者の対応力も上がっている。良いリズムで、勝ち進むことができている。今年の韓国は倒しがいのある強いチームになっている。

(記事=河嶋 宗一

U18代表特設サイト!試合や合宿情報など掲載中!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
要注目!宮崎で躍動したアジアの逸材たちを紹介! 【ニュース - コラム】
第785回 怪物・キム・デハン、台湾の大谷翔平・李晨薰など宮崎で躍動したアジアの逸材たち【大会展望・総括コラム】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
第778回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「ルールへの対応」【大会展望・総括コラム】
NEOショー!150キロを出した根尾昂「帰って練習やりたい」 【ニュース - 高校野球関連】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る