2018年08月20日 阪神甲子園球場

大阪桐蔭vs済美

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

大阪桐蔭が史上初、2度目の春夏連覇に王手! 済美は山口直の力投も実らず涙をのむ!


 第100回全国高校野球選手権大会15日目の準決勝。第2試合はエース・山口 直哉(3年)とリードオフマン・矢野 功一郎(3年)の活躍で接戦を制してきた済美(愛媛)と、柿木 蓮(3年)、藤原 恭大(3年)、根尾 昂(3年)といった注目の選手たちが前評判通りの実力を発揮している大阪桐蔭(北大阪)が対戦した。

 済美の先発・山口直は1回裏。宮﨑 仁斗(3年)にレフト前ヒットを打たれると、4番の藤原は高めの真っすぐで詰まらせたものの打球は深い守備位置をとっていた左翼手の前にポトリと落ちて二死一三塁のピンチを迎える。しかし、5番・根尾 昂(3年)はアウトローのチェンジアップでセカンドゴロに打ち取り、なんとか無失点で切り抜けた。

 一方、初回を3者凡退と無難な立ち上がりを見せた大阪桐蔭の先発・柿木。しかし、2回表は4番の池内 優一(3年)にセカンド内野安打、5番の伊藤 駿吾(3年)に四球を与えると、続く山口直には高めの真っすぐを弾き返され一二塁間を破るタイムリーヒット。1点を先制される。だが、なおも無死一二塁とピンチの場面だったが、山田 響(1年)は外角のスライダー、近藤 海楓(3年)は147キロのストレートで共に空振り三振。9番・政吉 完哉(3年)にはフォークをセンター前に運ばれるがホームを狙った二塁走者を中堅手・藤原がダイレクト返球で刺し追加点は許さなかった。

 すると4回裏、大阪桐蔭は先頭の藤原が四球。根尾のショート右への打球は遊撃手がこぼして無死一二塁とし、送りバントで走者を進めると、7番・山田 健太(3年)は外寄り低めのスライダーを捉えて三遊間を破るタイムリー。さらに続く小泉 航平(3年)の2球目がパスボールとなって逆転に成功した。

 しかし、済美も5回表は1番・矢野が四球。一死後、エンドランをかけると芦谷 泰雅(2年)の打球はボテボテのサードゴロ。三塁手が一塁へ送球している間に、スタート良く走っていた一塁走者が三塁を狙うと、一塁手からの送球が大きく逸れて矢野が生還。済美が同点に追いつくが、大阪桐蔭もすぐに突き放す。

 5回裏は宮崎、青地 斗舞(3年)が連打。二死から根尾が四球を選んで満塁とすると、6番・石川 瑞貴(3年)がインコースの真っすぐに詰まりながらもセンター前へ。遊撃手が必死にグラブを差し出すが、打球はその頭上を越える2点適時打となって再び勝ち越し。さらに山田のサードゴロはエラー誘い、さらに1点を追加した。

 3点のリードをもらった柿木は6回以降、快調なピッチング。8回表は死球で出した走者をバントで進められたが、伊藤のショート右へのゴロを根尾が好判断で三塁に送球し、二塁走者をタッチアウトに。9回表は山田を145キロの真っすぐで右邪飛。代打・宇佐川 輝(3年)は146キロのストレートで追い込むと最後は外へ流れるスライダーで空振り三振。政吉にはヒットを打たれたが、矢野はインコースの真っすぐで詰まらせてセカンドゴロに仕留めゲームセット。大阪桐蔭が5対2で済美を下し、夏は優勝した14年以来4年ぶりとなる決勝へ進んだ。

 大阪桐蔭の先発・柿木は序盤こそ制球に苦しんだもののピンチや2ストライクになった場面ではギアを入れ、要所を締めるピッチングで2失点完投勝利。終わってみれば三振も2桁の10個と相手打線をねじ伏せた。打線は期待のクリーンナップがシングルヒット2本に抑えられたが、6番の石川が2安打2打点。7番の山田は貴重な同点タイムリー。トップバッターの宮崎も3安打しており、中軸だけに頼らないスタメン陣の質の高さを感じさせた。

 済美はミスがことごとく失点につながった。また、5回表に同点に追いついたが、その直後に3点を奪われたのが最後まで響き、中盤以降は立ち直った柿木の前に一度も流れを引き戻すことができなかった。ただ、エースの山口直はスライダーとチェンジアップを低めに集めて粘投。リードを奪われた後も集中力を切らすことなく、6回以降は大阪桐蔭打線を無得点に抑えたのは立派だった。

 史上初となる2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭。第100回の記念大会の頂点を決める一戦は、秋田県勢として第1回の秋田中以来103年ぶりに決勝へ進み、東北初の全国制覇を目指す金足農(秋田)と対戦する。

(記事=大平 明)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
中日・石川昂弥にかかる和田一浩以来の日本人選手による30本塁打 【ニュース - 高校野球関連】
ハイレベルな戦いが序盤がありそう!夏のシードをかけた春季愛媛県大会のポイントは? 【ニュース - コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第1002回 来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト【大会展望・総括コラム】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第66回 史上初の二度目の春夏連覇を導いた西谷監督が語る大阪桐蔭に必要な2つのマインドから見える一流選手になる条件【名将たちの言葉】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1100回 伸び盛りの二刀流・仲三河優太(大阪桐蔭)が目指すは投打での大活躍! 【2020年インタビュー】
第1100回 大阪桐蔭の左腕エースでは田中誠也以来の実力派・藤江星河を覚醒させた「内角攻め」と「チェンジアップ」 【2020年インタビュー】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第72回 「気持ちの強さ、フォーム、腕の振り、全てで他の選手より優れていた」恩師が語る山本拓実(中日ドラゴンズ)【前編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
安樂智大(済美)
大阪桐蔭 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (5)

済美済美高校わぁい 2018.08.20
お疲れ様でした!!最後の最後まで頑張ってくれて、本当にありがとうございました!!感動と興奮をありがとうございました!
済美勝ちおもち 2018.08.19
大阪桐蔭はかなりかなりの強豪ですが、
最後まで諦めず抑えて打ってを貫いてください。
勝ちましょう!頑張って!
大阪桐蔭春夏連覇山田君ラブ 2018.08.19
苦しい試合もあったけど、ここまできたら、もう絶対に優勝して、春夏連覇見せてほしい。頑張れ✊‼️
大阪桐蔭高校野球のグランド上は男と男の戦場俺 2018.08.19
頑張れ、桐蔭、済美
正々堂々戦い抜こう。
済美やればできる上甲さんスマイル 2018.08.19
準決勝進出おめでとうございます。
上甲野球&校歌が好きで、甲子園出てくると応援しています。千葉県民で、今大会の初戦の中央学院戦は少し複雑でしたが…。
好きだから、キャッチャーの選手に一言!
捕球のさいのミットはベタどめを望みます。
熱投している山口投手のために、きわどい球でもストライク判定されるキャッチングを!
やればできる!! 桐蔭戦、期待してます。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る