2018年08月18日 阪神甲子園球場

日大三vs下関国際

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

日置のV打で日大三が逆転勝利! 下関国際のエース・鶴田は終盤に力尽きる!


 第100回全国高校野球選手権大会14日目の準々決勝。第3試合は8打席連続出塁を記録した木代 成(3年)を筆頭に3試合連続2桁安打を記録した強力打線と4投手の継投で勝ち上がってきた日大三(西東京)と、甲子園3試合でフルイニングを投げているエース・鶴田 克樹の奮投と粘りのある攻撃が強みの下関国際(山口)が対戦した。

 日大三の先発は初戦以来となる右腕・中村 奎太(3年)。しかし、初回から制球に苦しみ、2回表は一死から吉村 英也(3年)に四球。西山 勇輝(3年)、品川 優人(3年)にも連続フォアボールを与えて満塁としてしまうと、9番・佐本 快(2年)にはアウトローのストレートをセンターへ弾き返され、あっさりと先制点を奪われた。

 一方、下関国際の先発・鶴田は文句なしの立ち上がり。1、2回を3者凡退でスタートすると、4回裏には2つの四球で一死一二塁のピンチを迎えるが5番・中村を外角のツーシームでセカンドゴロに打ち取り併殺。
5回裏は代打・飯村 昇大(3年)のレフト左への飛球を左翼手・吉村がダイビングキャッチ。柳澤 真平(3年)のセカンド左への緩い打球は二塁手の浜松 晴天(3年)がジャンピングスローでアウトにするなどバックの好守もあり、強打の日大三打線を6回までノーヒットに抑えてみせた。

 日大三も3回から左腕の河村 唯人(3年)にスイッチすると、この河村が素晴らしいピッチング。4回表は5番・吉村を137キロの外角の真っすぐで空振り三振。木村 大輝(2年)は同じくアウトコースのストレートで見送り三振。5回表も品川をフォーク、佐本をストレート、浜松もフォークで3者連続空振り三振に切ってとった。

 投手戦の様相を呈するなか、中盤、先に得点を奪ったのは下関国際。6回表、川上 顕寛(3年)が甘く入ってきたストレートを待ち構えていたかのように強振。これがレフトオーバーのツーベースとなると、4番・鶴田はアウトローの真っすぐを逆らわずに弾き返してライト右へのタイムリーヒット。川上をホームへ迎え入れ2点目を挙げた。

 下関国際の鶴田にノーヒットに抑えられていた日大三は7回裏の二死から5番・中村が外側から甘く入ってきたスライダーをレフト前に運び初ヒット。そして、8回裏は先頭の飯村が初球の甘く入ったスライダーをセンター前。8番・柳澤も初球の高めに浮いてきたインコースのストレートを思い切り引っ張って右線二塁打。無死二三塁と一打同点のチャンスを作り代打に高木 翔己(3年)を送ると、この高木も初球の真っすぐをセンター返し。この一打で2者が返って2対2。さらに犠打と内野ゴロで二死三塁とチャンスをつなぎ、3番・日置 航(3年)は外角高めのスライダーを流し打ちしてファーストへの強烈なライナー。この打球が一塁手のグラブをはじくタイムリーとなって一気に逆転した。

 9回裏の下関国際は先頭の木村が四球を選ぶが西山の送りバントがフライになってワンアウト。それでも品川が犠打を決めて二死二塁とするが、最後は佐本が空振り三振。日大三が3対2で下関国際を逆転で下しベスト4へ進出した。

 日大三は看板の打線が6回まで完全に沈黙し苦しい展開だったが、8回裏は3者連続で初球を捉える3連打で同点。甘い球を逃さない積極的な姿勢が逆転劇を呼んだ。また、2番手の河村も7回を投げて1失点。右打者のインコース、左打者のアウトコースに投じるストレートには威力があり、10三振を奪う力投だった。
さらに、初回は捕手の佐藤 英雄(2年)が盗塁を2つ刺し、2回の先制点を奪われた場面では中堅手の柳澤が好返球で追加点を狙った二塁走者をホームでアウトにするなど、無駄な失点を与えなかったことが勝利につながった。

 下関国際はエース・鶴田が強力打線を相手にもまったく力むことなく、スライダーやツーシームといった変化球を巧みに使った投球で7回途中までノーヒットピッチング。だが、3回戦までの3試合で390球を投げ、この試合での投球数も100球に近づいたところでさすがに疲れが出たのか、終盤、ボールが甘くなったところを痛打されてしまった。

 優勝した11年以来、7年ぶりの4強となった日大三。準決勝は大会15日目の第1試合で金足農(秋田)と近江(滋賀)の勝者と対戦することが決まっている。

(記事=大平 明)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
開幕ローテーションへ!2020年の櫻井周斗は一味違うところを見せられるか? 【ニュース - 高校野球関連】
井上広輝(日大三-西武)はドラフト6位でも成功の可能性を秘めた大器! 【ニュース - インタビュー】
第1104回 ドラフト6位でも大成の可能性を秘めた井上広輝(日大三-西武)。高卒プロは常に考えていた 【2020年インタビュー】
第9回 神宮第二球場の思い出 ~東京五輪に始まり、東京五輪に終わる~【後編】【東京の高校野球】
第7回 五輪イヤーの2020年 東京都の高校野球を占う【東京の高校野球】
第1056回 神宮第二との別れ、そして球数制限という検証への想い 武井克時 東京都高校野球連盟理事長【前編】 【理事長インタビュー】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第4回 1つの『転』機となった2019年東京都の高校野球 今年を表す漢字は『転』しかない!【東京の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
帝京vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs東海大菅生【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs安田学園【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
日大三vs八王子【東京都 2019年秋の大会 東京都大会】
錦城vs日大三【東京都 2019年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第948回 名将・前田監督からの評価も高い逸材二塁手・小松涼馬 どの舞台でも結果を残す勝負強さが最大のウリ【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第869回 叩き上げの習志野っ子・飯塚脩人(習志野)!習志野のエースに相応しい実力を身に付ける! 【2019年インタビュー】
下関国際 【高校別データ】
日大三 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

下関国際頑張れ、下関国際ぐっさん 2018.08.18
下関の大学に通ってました
下関国際のチャンステーマが、大好きです。
日大三高は、強敵
全力を出し切れ
日大三負けられない一戦たぬき 2018.08.17
一人エースで勝ち抜く時代ではない。
坂東さんが活躍した時代ではない。
選手層の厚みというハンデを考えたら、負けられない。
応援しています。
下関国際下関ばなな 2018.08.17
頑張ってください
日大三練習は嘘をつかない‼ほっぺまん 2018.08.17
三回戦、龍谷大平安は素晴らしい相手でしたね。
でも、そんな相手をまた持ち前の「粘り」で倒す‼
次は下関国際ですね。粘り強くて勝負強い好チームだと思います。
そんなチームを倒すのが日置組の「諦めない」野球。
本当に三高野球が大好きです‼
絶対に勝って準決勝進出期待しています‼
「練習は嘘をつかない」を証明して下さい‼

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る