2018年08月18日 阪神甲子園球場

済美vs報徳学園

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

済美が芦谷の2本のタイムリーと、池内、山口の継投で報徳学園の追撃を振り切り4強へ!


 第100回全国高校野球選手権大会14日目の準々決勝。第2試合はリードオフマン・小園 海斗(3年)の高い得点力が光る報徳学園(東兵庫)と、2回戦で矢野 功一郎(3年)が逆転満塁サヨナラ本塁打を放つなどこれまでの3試合をすべて2点差以内で競り勝ってきた済美(愛媛)が対戦した。

 報徳学園の先発は初戦以来の2度目となる左腕の渡邊 友哉(3年)。1回表は2番・中井 雄也(3年)に137キロのストレートをライト前に弾き返され送りバントで得点圏へ走者を進められると、4番・池内 優一(3年)にも三遊間を破られるタイムリーヒットを打たれて、いきなり先制を許してしまった。

 一方、済美が先発に送ったのは、愛媛大会も含めて今夏は初登板となる右腕・池内。初回は先頭の小園をチェンジアップで引っ掛けさせて二ゴロに打ち取るなど3者凡退に仕留めたが、2回裏。4番・神頭 勇介(3年)に投げた高めの真っすぐをライト前ヒットにされると送りバントなどで二死二塁。7番・羽渕 達哉(3年)はショートゴロに打ち取ったに見えたが、捕球直前に打球が高く跳ねて遊撃手が対応できず。センターへ抜けるヒットとなって同点に追いつかれた。

 中盤に入り、4回裏の報徳学園長尾 亮弥(3年)が右前打で出塁すると4番・神頭との間でバスターエンドランをかけ、遊ゴロで二進。糸井 辰徳(3年)の一二塁間への打球は内野安打となって一死一三塁とする。ここで堀尾 浩誠(3年)は三遊間へ痛烈な当たりを放つが、中間守備だった遊撃手・中井はバックハンドでキャッチするとすぐさま時計回りに回転して二塁へ送球。二塁手が一塁へ転送してダブルプレーと、好守備で池内を助けた。

 守備で流れを引き寄せた済美は5回表。越智 伊吹(1年)と矢野 功一郎(3年)のヒットと四球などで一死満塁。ここで報徳学園は右腕の木村 勇仁(3年)をマウンドへ送るが、3番・芦谷 泰雅(2年)がカットボールをバットの先でなんとか捉えてライト前にタイムリーヒット。勝ち越しに成功した。

 その裏の報徳学園は2本の内野安打で一死一三塁。チャンスで小園を打席に迎える場面で、済美も投手を交代。満を持してエースの山口 直哉(3年)を登板させる。すると、その山口は2ボール2ストライクの5球目。チェンジアップがツーシーム気味に外へ流れたボールを振らせて空振り三振。続く村田 琉晟(3年)もアウトローのチェンジアップで二ゴロに打ち取り、ベンチの起用に応えた。

 済美の山口はその後も好投。7回裏を3人でしりぞけると、8回裏も先頭の小園をファーストゴロに抑えて3者凡退。すると、9回表には芦谷がこの試合2本目のタイムリーを放って貴重な3点目を挙げた。

 だが、9回裏に報徳学園も最後の反撃。レフト前ヒットの神頭を一塁に置いて、糸井が外角低めのスライダーを逆方向へ飛ばしてレフトオーバーの適時二塁打。堀尾がバントで送って一死三塁と同点のチャンスを作る。しかし、済美の山口は羽渕をインローのスライダーで詰まったセカンドゴロに打ち取ると、最後は代打・森本 龍治(2年)を低めの変化球で空振り三振に仕留めてゲームセット。終盤までもつれた試合は済美が3対2で報徳学園を下し、またも接戦を制してベスト4入りを決めた。

 済美は投手陣の継投が見事に決まった。先発・池内はスライダーを中心にした投球で5回途中まで5安打1失点。後を受けた山口も140キロ前後のストレートにスライダーとチェンジアップを織り交ぜたピッチングでしっかりとリードを保ち、最終回のピンチにもまったく動じことなく強心臓ぶりを見せつけた。

 報徳学園は6回裏の攻撃時、二塁走者が投ゴロで飛び出してしまうなど試合巧者らしくないプレーが散見した。また、頼みの小園は1死球があったものの3打数ノーヒット。守備でも9回にエラーを犯し、その走者に生還されるなど攻守に精彩を欠いた。

 夏の甲子園では準優勝した04年以来、14年ぶりの4強に進んだ済美。準決勝は大会15日目の第2試合で大阪桐蔭(北大阪)と対戦する。

(記事=大平 明)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
報徳学園、筑陽学園など…4連休で敗退が決まった有力校たち【西日本編】 【ニュース - 高校野球関連】
兵庫の誇る超名門・報徳学園の主力選手たちを一挙紹介!<選手名鑑・新規登録リスト> 【ニュース - 高校野球関連】
第14回 甲子園のヒーローは指導者の道へ。近田怜王さん(報徳学園出身)にとって高校野球とは人生そのものだった vol.4【甲子園のヒーローに会いに行く】
第13回 一度は諦めた野球。母の支えと恩師の激励で掴んだ夏の聖地 近田怜王さん(報徳学園出身)vol.3【甲子園のヒーローに会いに行く】
第11回 最速137キロを計測するスーパー中学生だった近田怜王さん(報徳学園出身)の野球人生の始まり vol.1【甲子園のヒーローに会いに行く】
済美vs東温【愛媛県 2020年秋の大会 愛媛県秋季大会中予地区予選】
第1037回 真の強豪を目指す報徳学園。投打ともにタレント揃いの今年のチームの課題とは【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
第1135回 三拍子揃ったプレースタイルが武器の荒木颯太(熊本泗水ボーイズ) 小園海斗を目標に春から報徳学園へ  【2020年インタビュー】
第1118回 報徳学園のエース・坂口翔颯が目指す「圧倒」する投球。スケールと制球力を高めて夏こそ聖地へ 【2020年インタビュー】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs宇和【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第963回 名門の道を歩んできた野球人生 転機となった台湾遠征 宮本涼太(大阪桐蔭)【前編】 【2019年インタビュー】
安樂智大(済美)
済美 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

報徳学園頑張れ、報徳ぐっさん 2018.08.18
兵庫県代表の力を発揮しろ!
済美済美旋風愛媛県民代表 2018.08.18
快進撃を続ける済美高校の野球が大好きです!次も強敵ですが楽しくを1番にいつも通りの全力で悔いのないプレーをしてください!それがきっと結果に繋がります。愛媛から家族で応援しています。やればできるがんばれ済美
済美のびのびとしたプレーを!ととろ 2018.08.17
ベスト8進出おめでとうございます!毎試合感動しています!
次の相手は強豪報徳学園。今まで通りのびのびと自慢のチームワークを生かし勝ってくださいね!さらなる高みへ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る