2018年08月18日 阪神甲子園球場

大阪桐蔭vs浦和学院

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

ここまで無失点の浦和学院を大阪桐蔭が打ち砕く!



2本のホームランを放った藤原恭大(大阪桐蔭)

 今大会の大きなテーマは「どこが大阪桐蔭の進撃をストップさせるか」。初戦が終わって
 「ストップ・ザ・桐蔭」の候補の1つに挙げたのが浦和学院だった。ドラフト上位候補の渡邉 勇太朗(3年)が絶対エースであることは間違いないが、南埼玉大会で10イニング以上投げている投手が渡邉以外にも2人いる。登板過多で大阪桐蔭と対戦したときはよれよれ、という状態が避けられる、それが浦和学院を対抗馬の1つに挙げた理由だった。

 しかし渡邉は2日前の二松学舎大付戦に先発し、5安打完封してしまった。2日前のストレートの最速が149キロだったのに対して、この日は148キロ。マイナス1キロ分くらいの疲労残りはあったと言っていいだろう。

 投球内容は悪くはなかった。ストレートには勢いがあり、スライダー、カーブ、ツーシームなどの変化球にはスピードとともに変化にもバリエーションがあり、大阪桐蔭の強力打線でも簡単に攻略されないキレがあった。

 投球以外でも3回表の無死一塁の場面で見せたバント処理が見事だった。大阪桐蔭の1番宮﨑 仁斗(3年)の送りバントが一塁側ファールゾーンへの小フライになり、これを桑田 真澄(元巨人など)ばりのスライディングを敢行して見事にキャッチしてしまったのだ。こういうプレーを見ると疲労残りがどうとか言うのがバカらしくなる。

 それでも2、3、5回に1点ずつ献上し、6回には四球で出した走者をバントで送られたところで投手交代が告げられた。大量点を入れられる前の渡邉の降板を浦和学院の敗因の1つに挙げている友人がいたが、前のイニングから投げ終わったあとに体勢を崩す場面が何度かあり、もう限界だと思った。やはり、大阪桐蔭の各打者が凄かったのである。

 2回には1死走者なしの場面で5番根尾 昂(3年)が140キロのストレートを左中間スタンドに放り込んで先制。3回には1死満塁で4番藤原 恭大(3年)が一塁方向にゴロを打ち、これを一塁到達4.06秒の俊足で内野安打とし2点目を入れた。根尾のホームランが左翼方向だったため、ライト方向に強い打球を打てない技術的欠陥を指摘する声もあるが、この試合に関しては根尾の放ったホームランがチームの勢いになったことは間違いない。

 5回には渡邉の投じた143キロのストレートを今度は藤原がライトスタンドに運んで3点目、5回には渡邉と浦和学院の2番手投手から3つの四死球に3安打を連ねて5点を加え、3番手にも襲いかかって6点目を入れて試合を決した。根尾と藤原のアベックホームランは2回戦の沖学園戦以来で、藤原は8回にもセンターバックスクリーンへこの日2本目のホームランを放った。高岡商戦で左腕・山田 龍聖に2三振を喫した鬱憤を2日後に晴らした格好になった。

 大阪桐蔭のピッチャーで注目したのはリリーフした柿木 蓮(3年)。作新学院戦で完投したあと沖学園、高岡商戦でリリーフを任され、沖学園戦ではストレートが自己最速の151キロを計測。イニングが短いためか、先発のときと違い存分に腕を振って打者を圧倒する柿木を初めて見た。プロ野球界は日本人の抑えが少なく、外国人の寡占状態にあると言っていい。この2戦はプロに対していいアピールになった。

 

(記事=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【選手名鑑・新規登録リスト】今年も逸材揃う!ベスト4まで勝ち上がった大阪桐蔭の主力選手たちを一挙登録! 【ニュース - 高校野球関連】
【大阪】大阪桐蔭、履正社、東海大仰星が4強!そして山田が公立校唯一のベスト4へ!<27日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
川越東vs浦和学院【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
大阪桐蔭vs箕面学園【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
浦和学院vs上尾【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
花咲徳栄vs久喜北陽【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
浦和学院vs埼玉栄【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第263回 右サイドの豪腕・美又王寿(浦和学院)が次のステージで活躍するための課題は?【ドラフト特集コラム】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 中川卓也(大阪桐蔭-早稲田大)屈辱の1年を乗り越え、東京六大学で首位打者を狙える選手へ 【2020年インタビュー】
第1141回 二度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭の主将・中川卓也(早稲田大)が濃密な3年間で得たもの 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

浦和学院頑張れ~!柏井J  2018.08.18
♪かっ飛ばせ~ 坪井

リク 暑い中での応援、お疲れ~!
熱中症に気を付けて

まだまだ、行くよ! 埼玉県勢二連覇
浦和学院浦和学院のみなさんさとし 2018.08.17
二松学舎戦、ずぶ濡れになりながら応援してました。
ベスト8おめでとうございます。
でもこれは通過点ですよね。
明日の大阪桐蔭戦、苦しい時は去年までの先輩達の悔し涙の事を思い出して頑張って下さい
明日も打ちまくって、走りまくって、投げまくって、守りまくって頑張って下さい

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る