ここまで無失点の浦和学院を大阪桐蔭が打ち砕く!


 今大会の大きなテーマは「どこが大阪桐蔭の進撃をストップさせるか」。初戦が終わって
 「ストップ・ザ・桐蔭」の候補の1つに挙げたのが浦和学院だった。ドラフト上位候補の渡邉 勇太朗(3年)が絶対エースであることは間違いないが、南埼玉大会で10イニング以上投げている投手が渡邉以外にも2人いる。登板過多で大阪桐蔭と対戦したときはよれよれ、という状態が避けられる、それが浦和学院を対抗馬の1つに挙げた理由だった。

 しかし渡邉は2日前の二松学舎大付戦に先発し、5安打完封してしまった。2日前のストレートの最速が149キロだったのに対して、この日は148キロ。マイナス1キロ分くらいの疲労残りはあったと言っていいだろう。

 投球内容は悪くはなかった。ストレートには勢いがあり、スライダー、カーブ、ツーシームなどの変化球にはスピードとともに変化にもバリエーションがあり、大阪桐蔭の強力打線でも簡単に攻略されないキレがあった。

 投球以外でも3回表の無死一塁の場面で見せたバント処理が見事だった。大阪桐蔭の1番宮﨑 仁斗(3年)の送りバントが一塁側ファールゾーンへの小フライになり、これを桑田 真澄(元巨人など)ばりのスライディングを敢行して見事にキャッチしてしまったのだ。こういうプレーを見ると疲労残りがどうとか言うのがバカらしくなる。

 それでも2、3、5回に1点ずつ献上し、6回には四球で出した走者をバントで送られたところで投手交代が告げられた。大量点を入れられる前の渡邉の降板を浦和学院の敗因の1つに挙げている友人がいたが、前のイニングから投げ終わったあとに体勢を崩す場面が何度かあり、もう限界だと思った。やはり、大阪桐蔭の各打者が凄かったのである。

 2回には1死走者なしの場面で5番根尾 昂(3年)が140キロのストレートを左中間スタンドに放り込んで先制。3回には1死満塁で4番藤原 恭大(3年)が一塁方向にゴロを打ち、これを一塁到達4.06秒の俊足で内野安打とし2点目を入れた。根尾のホームランが左翼方向だったため、ライト方向に強い打球を打てない技術的欠陥を指摘する声もあるが、この試合に関しては根尾の放ったホームランがチームの勢いになったことは間違いない。

 5回には渡邉の投じた143キロのストレートを今度は藤原がライトスタンドに運んで3点目、5回には渡邉と浦和学院の2番手投手から3つの四死球に3安打を連ねて5点を加え、3番手にも襲いかかって6点目を入れて試合を決した。根尾と藤原のアベックホームランは2回戦の沖学園戦以来で、藤原は8回にもセンターバックスクリーンへこの日2本目のホームランを放った。高岡商戦で左腕・山田 龍聖に2三振を喫した鬱憤を2日後に晴らした格好になった。

 大阪桐蔭のピッチャーで注目したのはリリーフした柿木 蓮(3年)。作新学院戦で完投したあと沖学園、高岡商戦でリリーフを任され、沖学園戦ではストレートが自己最速の151キロを計測。イニングが短いためか、先発のときと違い存分に腕を振って打者を圧倒する柿木を初めて見た。プロ野球界は日本人の抑えが少なく、外国人の寡占状態にあると言っていい。この2戦はプロに対していいアピールになった。

 

(記事=小関 順二