2018年08月17日 阪神甲子園球場

近江vs常葉大菊川

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 三回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

近江・北村が4安打6打点と勝負強さを発揮! 先発・林も8回を投げて1失点、11奪三振の好投で常葉大菊川を下す!


 第100回全国高校野球選手権大会の13日目。第1試合は今大会2本塁打の主砲・北村 恵吾(3年)の猛打と林 優樹(2年)を中心にここまで4投手を使った継投策で勝ち上がってきた近江(滋賀)と、エース・漢人 友也(3年)とトップバッター・奈良間 大己(3年)を投打の軸に打撃戦と投手戦の異なった展開の試合を勝ち抜いてきた常葉大菊川(静岡)が対戦した。

 近江の先発はこれまで救援で2試合に登板している左腕の林。1回表は先頭の奈良間から空振り三振を奪うなど快調な立ち上がり。変化球を中心にボールを低めに集めて、3回表は7番・衣笠 仁(3年)をアウトローのチェンジアップで、海瀬 隼兵(3年)は外角低めのスライダーで、そして神谷 亮良(3年)は再びチェンジアップで3者三振を奪うなど5者連続三振。テンポの良い投球で4回まで常葉大菊川打線をパーフェクトに抑えてみせた。

 常葉大菊川の左腕・榛村 大吾(3年)は1回戦の好リリーフに続くマウンドで、先発は今大会では初めて。1回裏は簡単に2アウトを取ったが、3番・家田 陸翔(3年)にライト前ヒットを打たれると北村にはスライダーが甘く入ってしまい右中間へタイムリーツーベースを浴びて先制されてしまった。

 近江は3回裏にも住谷 湧也(2年)の内野安打と死球などで二死一二塁とすると、北村が今度は低めのスライダーを上手く払ってレフトへタイムリーヒット。さらに5回裏にも一死から木村 龍之介(3年)がセカンドへ内野安打。土田 龍空(1年)の犠打はピッチャーの榛村が一塁へ悪送球して一三塁とし、二死後、打席に入ったのはまたも北村。ここはインハイの真っすぐを逆方向へ弾き返し、右中間を破る2点適時二塁打。この試合、3本目のタイムリーでリードを4点に広げた。

 近江の林は中盤も好投が続く。5回表は4番・根来 龍真(3年)からアウトハイのストレートで空振り三振を奪うと、伊藤 勝仁(2年)はインコースへ入ってくるスライダーで意表を突いて見送り三振。榛村のセカンドゴロは二塁手が弾いて初めて走者を許すが、衣笠 仁(3年)には129キロの真っすぐをインコースにズバッと投げ込み、この試合10個目の三振を奪ってみせた。

 それでも常葉大菊川は6回表、代打の宮﨑 泰地(3年)がアウトローの真っすぐをセンターへ弾き返して初ヒットを記録。7回表には東 虎之介(3年)の内野安打と死球で一死一二塁とすると、5番・伊藤がアウトコースのチェンジアップを捉えてセンターへタイムリーを放ち1点を返した。

 しかし、近江も7回裏。住谷と土田のヒットで二死一二塁として好調の4番につなぐと、ここでも期待に応えた北村は真ん中に入ってきたチェンジアップを逃さずレフトオーバーの2点適時三塁打。6対1とリードを広げると、8回裏にも代わった漢人から住谷の2点適時三塁打と木村のスクイズで3点を追加。9回表は2番手の金城 登耶(3年)が鈴木 琳央(3年)の犠飛と伊藤の2ランで3点を失ったものの悠々と逃げ切って、近江が9対4で常葉大菊川を下した。

 近江は北村が4打数4安打6打点の大活躍。甘い球を見逃さず、左へ右へ長打を飛ばして全打席で打点を挙げた。先発の林は8回を投げて3安打1失点。得意のチェンジアップにはキレがあり、左打者に対しても有効に活用していた。また、ストレートの球速は130キロ前後ながらも腕の振りが良く、時折、インコースを突く真っすぐには威力があった。

 常葉大菊川は9回表、奈良間のレフトフェンス直撃の三塁打をきっかけに3本の長打で2点を返して意地を見せたが、遅きに失した。6回裏は初ヒットの宮﨑が盗塁失敗。7回裏は1点を取った後も一死一三塁のチャンスだったが、投ゴロで一塁への送球間に三塁走者がホームを狙ってタッチアウト。点差とイニングを考えると慎重に攻めた方が良かったかもしれないが、積極的なプレーは常葉大菊川のチームカラーなだけに、ここは守りきった近江を褒めるべきだろう。

 投打の主役が躍動し、夏の甲子園では準優勝した01年以来となるベスト8に進出した近江。準々決勝は大会14日目の第4試合に登場することが決まっている。

(記事=大平 明)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
「投球より牽制のほうが得意だった」横川凱(大阪桐蔭)の中学時代をボーイズ恩師が振り返る 【ニュース - コラム】
第158回 中学生で180弱、達人級の牽制術…巨人期待の星・横川凱(大阪桐蔭出身)の中学時代の逸話!【恩師が語るヒーローの高校時代】
中日3位・土田龍空(近江)の中学時代をボーイズ恩師が振り返る 【ニュース - コラム】
第157回 「緊張するような男じゃない」中学時代の恩師が知る中日3位・土田龍空(近江)のメンタリティー【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1032回 3強は藤枝明誠・加藤学園・常葉菊川か 東海地区の2021年高校野球を占う!【静岡編】【大会展望・総括コラム】
第30回 今年の顔から2021年の注目選手まで!2020年最も読まれたインタビュー記事TOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第30回 強豪校の練習映像多数!これまで視聴された高校野球ドットコムYouTube人気ランキングTOP10【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
宮崎商vs宮崎北【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
享栄vs近江【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
海星vs常葉大菊川【2020年秋の大会 第73回秋季東海地区高等学校野球大会】
神戸国際大附vs近江【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
近江vs綾羽【滋賀県 2020年秋の大会 秋季滋賀県大会】
第1192回 超前向きな世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。名将も評価するメンタルの強さを武器に躍動を【後編】 【2020年インタビュー】
第1191回 世代屈指の遊撃手・土田龍空(近江)。社会人の練習参加、意識改革で守備のレベルは急上昇【前編】 【2020年インタビュー】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
近江 【高校別データ】
常葉大菊川 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る