2018年08月16日 阪神甲子園球場

済美vs高知商

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 三回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

済美・山口が3試合連続完投!ベスト8進出


 済美中央学院を5対4、星稜をタイブレークの末に逆転サヨナラ満塁ホームランで13対11の歴的勝利を挙げ、高知商山梨学院を14対12、慶應義塾を12対6の乱戦で退け、3回戦に進出している。過去の戦績を見れば、当然この試合は点の取り合いになって終盤までもつれると予想したが、結果は「もつれる」以外はまるで違った。

 済美の先発、山口 直哉(3年)はこの日最速の142キロのストレートを主体にピッチングを組み立て、変化球は100キロ台のカーブとチェンジアップのような落差を見せる縦変化のスライダーがあり、これらを「外角」と「低め」に集める丁寧なピッチングを見せた。高知商が記録したゴロアウトは14、ここに山口の苦心の跡がよく見える。

 高知商の先発、北代 真二郎(3年)はストレートの最速が130キロ台中盤という技巧派。変化球は90~100キロ台のカーブ、110キロ台中盤の縦・横2種類のスライダーがあり、これらを丁寧に低めに集めて山口とは逆に4回までにフライアウトを7個量産した。打ち気にはやる済美打線を翻弄するようにこれでもかというくらい緩い変化球を根気よく低めに集め、ストレートの速い山口の7個をしのぐ9個の三振を奪っているところにも北代の真価が見える。

 試合は北代が思うようにフライアウトを取れなくなった5回から動いた。5回裏、済美は2死走者なしの局面から1番矢野 功一郎(3年)が右中間に三塁打を放ち、2番打者が四球で出塁すると3番芦谷 泰雅(2年)がレフト前にヒットを放ち先制。7回には先頭打者の矢野が一塁手のエラーで出塁、2番中井 雄也(3年)が右中間に二塁打を放って矢野を迎え入れ、さらに無死二塁の場面で芦谷のバントをピッチャーの北代が三塁に投げ記録は野選、一三塁の場面で4番打者の併殺打で三塁走者が生還して3対0と引き離した。

 高知商は7回裏に2本のヒットと1つの四球を絡めて1点を返したが、山口は最後までストレートがコンスタントに140キロ台を弾き出し、高知商打線に反撃の糸口を与えなかった。10点以上の点の取り合いになった星稜戦でも10回以降の4イニングで山口は1安打しか与えていない。このときはストレートが最速145キロを計測し、最後は力でねじ伏せた感があるが、高知商戦ではヒットを打たれながら「低め」と「外角」に球を集め、ピンチを脱した。

 両校には注文もある。私はストップウォッチを持参し、打者走者の各塁への到達タイムを見て走力を判定している。俊足の基準にしているのは「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」というタイム。これをクリアしたのは高知商が2人3回、済美が1人1回でわかるように人数、回数とも少ない。さらに、高知商は「一塁到達5秒以上、二塁到達9秒以上、三塁到達13秒以上」という〝アンチタイムクリア″が3人6回もいた。このうちの1人は内野ゴロのとき一塁ベースまで走っていない。ベース手前で引き返してしまったのだ。甲子園大会では極めて異例なので強く印象に残った。

 四国勢がかつての〝野球王国″に返り咲くためには土佐高校が元祖と言われる全力疾走する姿を取り戻すことが絶対に必要である。勝ち上がった済美には準々決勝でそれを期待している。

(記事=小関 順二)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
140キロ前半の速球でも次々と差し込んでいく藤川球児(高知商出身)の凄さ。250セーブまで9セーブ! 【ニュース - 高校野球関連】
ハイレベルな戦いが序盤がありそう!夏のシードをかけた春季愛媛県大会のポイントは? 【ニュース - コラム】
第1004回 投手王国・西条に通算29本塁打・山田響を擁する済美。140キロ超がいる、聖カタリナ学園に宇和島東も目が離せない!【春季愛媛県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第1回 2019年高知県高校野球3大ニュース 森木 大智(高知)がもたらした「化学変化」【高知の高校野球】
第2回 愛媛県高校野球3大ニュース 混沌の先に見える一筋の光【愛媛の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
済美vs小松【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
済美vs帝京第五【愛媛県 2019年秋の大会 愛媛県秋季大会】
高知vs高知商【高知県 2019年夏の大会 第101回選手権高知大会】
済美vs宇和【愛媛県 2019年夏の大会 第101回選手権愛媛大会】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第413回 鹿取 義隆氏【後編】「侍ジャパン」への入り口に立つ投手・指導者たちへ 【2016年インタビュー】
第412回 鹿取 義隆氏【前編】「侍ジャパン」への入り口に立つ投手・指導者たちへ 【2016年インタビュー】
第286回 広島東洋カープ 福井 優也投手 「自分を成長させた済美高、そして大学での経験」 【2015年インタビュー】
安樂智大(済美)
高知商 【高校別データ】
済美 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (3)

済美済美頑張れさとちゃん 2018.08.16
南予でみかん農家をしています。
畑で作業しながら勝利願ってます。
三回戦進出おめでとうございます香川県民 2018.08.15
四国勢同士潰しあいになりますが、両者とも頑張って下さい
済美済美頑張れ!エヒメ 2018.08.14
済美、頑張れ!応援しているよ。
野球に興味のない私でも、済美を応援している!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る