2018年08月16日 阪神甲子園球場

二松学舎大附vs浦和学院

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 三回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

浦和学院・渡邉が二松学舎大付から10三振を奪って完封勝利! 今大会、無失点のまま準々決勝へ!


 第100回全国高校野球選手権大会の12日目。第2試合は海老原 凪(2年)、岸川 海(3年)の継投で接戦を勝ち上がってきた二松学舎大附(東東京)と、蛭間 拓哉(3年)の一発など12安打で9得点を挙げて快勝してきた浦和学院(南埼玉)が対戦した。

 春は82年に準優勝の経験があるが夏は初のベスト8を目指す二松学舎大附と、こちらも春は13年に優勝しているが夏は32年ぶりとなる8強入りを目指す浦和学院の一戦。

 浦和学院の先発は初戦に引き続き、190cmの長身右腕・渡邉 勇太朗(3年)。1回表は先頭打者をエラーで出塁させると、さらに四球と犠打で一死二三塁のピンチを迎える。しかし、ここは4番・保川 遥(3年)を148キロのアウトコースの真っすぐで見逃し三振。5番・畠山 大豪(3年)も144キロのアウトハイの真っすぐで空振り三振と、2者連続で3球三振を奪い得点を与えなかった。

 二松学舎大附の先発はこちらも初戦同様、左腕の海老原。2回までは左打者に対しアウトコースにストレートとスライダーを決めて0点に抑えていたが、3回裏。8番・畑 敦巳(2年)に外角の真っすぐを逆らわずに打たれて左前打。一死後、1番・中前 祐也(2年)にはフルカウントからアウトハイの真っすぐをやはり逆方向へ弾き返され左中間を破る適時三塁打。さらに矢野 壱晟(3年)にもセンター前にタイムリーを打たれて2点を先制されてしまった。

 4回表の二松学舎大附平間 陸斗(3年)の中安打と保川の右線二塁打で無死二三塁。絶好の反撃のチャンスを作ったが、畠山はアウトローのスライダーで空振り三振。6番・野村 昇大郎(2年)は149キロの高めの真っすぐで空振り三振。そして、有馬 卓瑠(2年)はショートゴロに打ち取られ、どうしても得点を奪うことができない。

 すると、5回裏の浦和学院はこの回から代わった2番手の岸川を攻め、先頭の渡邉が左翼線にポトリと落ちる二塁打で出塁すると犠打で三塁に進み、矢野の2打席連続となる中前タイムリーでホームイン。続く蛭間の一二塁間を抜いた打球は右翼手がフェンス際まで深く守っていたこともあって二塁打。その後、四球などで二死満塁となり、後藤 陸人(2年)の打球はセカンドゴロ。しかし、二塁手がボールを弾いてしまい三塁走者が生還。さらに二塁走者も一気にホームを狙うと、本塁への返球はタイミングこそアウトだったもののタッチ時にボールがこぼれてしまい2点を追加。浦和学院がリードを5点に広げた。

 その後、6回裏にも矢野の犠飛で得点を挙げた浦和学院は、終盤も反撃を許すことなく6対0で二松学舎大附を下して準々決勝進出を決めた。

 浦和学院は先発・渡邉が5安打10奪三振で109球の完封勝利。最速149キロのストレートには球威があり、得意のスライダーで両サイドを広く使った組み立てで的を絞らせなかった。また、序盤のピンチは力でねじ伏せ、特に4回表の無死二三塁の場面では2点リードしていたこともあって内野は前進守備をとらなかったが、2者連続で三振を奪い無失点。攻撃陣も着々と追加点を奪って、中盤以降は一度も流れを渡すことなく磐石の試合展開で完勝した。

 二松学舎大附は注目の1年生捕手・山田 将義(1年)がマスクをかぶったが浦和学院の強力打線に対して外角一辺倒の配球が目立ち、やや狙い打たれている感もあった。7回裏には5番・佐野 涼弥(3年)からインハイの真っすぐで空振り三振を奪ったシーンもあっただけに、見せ球でも構わないのでもう少しインコースを使っても良かったのではないだろうか。ただ、4回裏には盗塁を試みた一塁走者を悠々アウトにしたり、バント処理では機敏な動きを見せたりするなど、大器の片鱗は見せていた。

  2試合連続の完封勝利、そして2試合連続の2桁安打でベスト8進出を決めた浦和学院。投打共に好調な仕上がりを感じさせており、準々決勝以降も期待が持てそうだ。

(記事=大平 明)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東京都の逸材が集合!東京代表20名の特徴を徹底紹介! 【ニュース - コラム】
第783回 東京代表20名が発表!代表選手の特徴を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
絶体絶命のピンチを脱し甲子園へ!春夏連覇を達成した大阪桐蔭を試合レポートで振り返る!【後編】 【ニュース - コラム】
第779回 危機感を乗り越え史上初の2度目の春夏連覇!!大阪桐蔭の1年間を試合レポートで振り返る!【後編】【大会展望・総括コラム】
第776回 日大三の初戦敗退から始まり国士舘の優勝で幕を閉じた秋季東京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第800回 プロで生き残るために「吾道一貫」を胸に刻む 渡邉勇太朗(浦和学院)【後編】  【2018年インタビュー】
第796回 退部危機乗り越え 甲子園を強く見据える 渡邉勇太朗(浦和学院)【前編】 【2018年インタビュー】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
東海大菅生vs二松学舎大附【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第775回 センスと思考力を併せ持つ社会人No.1スラッガー・笹川晃平(東京ガス) 【2018年インタビュー】
二松学舎大附vs都立東大和【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
二松学舎大附vs共栄学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会】
第792回 甲子園の経験者が多く残る日大三と二松学舎大附が軸!秋季東京都大会の展望を占う【大会展望・総括コラム】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
二松学舎大附vs上野学園【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
第757回 何もかも大谷翔平。渡邉勇太朗(浦和学院)が持つ独特の感性 【2018年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (12)

二松学舎大附ベスト8は未知の領域松葉緑 2018.08.18
二松学舎の選手たち!とても良く頑張ったね!お疲れ様。浦和学院はしっかりと横綱相撲を見せてくれてありがとう。素晴らしいチームだと思います。二松学舎にとっては、ベスト8はやっぱり未知の領域なんだね。夢のうちに終わってしまったような気がします。次は横綱にのしあがって行く構えを見せてほしいです。秋の大会も楽しみにしています。まずは疲れをとって、また練習を頑張ってくださいね。
浦和学院今夏の甲子園にて準々決勝進出おめでとうカメ大王 2018.08.16
浦和学院の皆様は、32年ぶりとなる夏の甲子園の準々決勝進出おめでとうございます!!☆☆♬
また完封勝利おめでとうございます!!☆☆♬
さて、今夏の甲子園の準々決勝の対戦相手は、大阪桐蔭ですね
甲子園では2012年のセンバツ以来6年半ぶりとなる再戦でしょう
今夏の甲子園では浦和学院の勝利を願っています
浦学サイドの皆様は、今夏の甲子園の準々決勝の大阪桐蔭戦に向けて、勝利を目指して頑張って下さい
ガンバレ浦和学院!!めざせ甲子園における勝利☆☆
浦和学院が今夏の甲子園で大阪桐蔭から勝利を挙げることを願っています
二松学舎大附両チームとも頑張ったね。大学OB 2018.08.16
負けてしまいましたが、よく頑張りました。どうか胸を張って帰ってきてください。今日はゆっくり休んでね。

浦和学院の皆さん、二松学舎の分まで頑張って、ぜひ優勝してください!!
二松学舎大附どっちもがんばって欲しいです小山台卒業生 2018.08.16
ですが、私は東京出身なので二松学舎推しです!

お互い交流がある同士、お隣都県同士の対戦ということで更に親交が深まるといいですね!
もちろん試合内容も楽しみにしています。

左対海老原くん。
岸川投手につなぐ必勝パターンはこの試合でも見物ですね!
浦和学院勝利ファン 2018.08.16
ワシは埼玉県民です
関東勢同士で浦学が勝利しますように頑張ってください!
浦和学院今日の試合さとし 2018.08.16
球場で応援します。
まだまだ暴れ足りないと思うので、今日も打って走って暴れまくって下さい。
二松学舎のみなさんも同じ関東勢同士よろしくお願いします。
二松学舎大附学舎頂点ナカザイル 2018.08.15
初戦突破おめでとうございます。次も全力で戦って下さい。
浦和学院浦和学院のみなさんさとし 2018.08.14
応援してます。
花咲徳栄の分まで頑張って下さい。
二松学舎大附学生歌を高らかに二松魂 2018.08.14
夏の甲子園での壁である2勝目、グランドで1回でも多く学生歌を聴いてください。そうすれば結果は、ついてきます。
二松学舎大附一つ一つのプレーを大切に九段二丁目町会 2018.08.13
初戦突破おめでとうございます。
次の試合を勝てばベスト8といった邪念は捨てて
無心で目の前のプレーに集中してください。
それができれば自ずと結果はついてきます。頑張れ二松学舎!!
二松学舎大附新たな伝説を!大学OB 2018.08.13
勢いに乗ってる浦和学院さんとの一戦だね。だけどひるむ必要はないよ。いつものように、落ち着いて丁寧に二松学舎の野球をやれば、自ずと結果はついてくるよ。こっちも気合を入れて応援するから、その力もきっと届くと思う。仲間と自分を信じて全力を出し切れ!
二松学舎大附昨年度準優勝校を相手に見事な戦いぶりでした松葉緑 2018.08.13
浦和学院が次の相手ということで、関東勢同士の戦いになりますね。相手は波に乗っていますが、二松は地方大会からすると、まだまだ伸びしろがあると考えています。打線がつながって大量得点をしたあとの油断は、いつの場面でも用心してください。もっとも相手投手を攻略してからの話になりますが。
丁寧に守り抜いて、最終回までひたすらチャンスの時を待てれば、必ず得点につながっていきます。畠山くんはモヤモヤしていると思うけど、打てていた時期のイメージをよく思い起こして、基本に立ち返ることができれば、必ず長打につながります。右田くんは謙虚な気持ちを持ちつつも、持ち前の元気の良さを発揮してください。平間くんはジャストミートを心がけて、ライト方向のホームランを期待しています。相手ピッチャーは、150kmに近い球を投げ込んできますから、ミートで十分フェンスまで届くと思います。今度のピッチャーはそう簡単にバントも、振り逃げもさせてもらえないかも知れません。揚野くん、有馬くん、野村くんは、一球ごとに頭を使って対応してくださいね!
相手の応援を自分の力に変えて、最後まで粘り強い野球をして、勝敗ではなくて、そこでしか学べないものをよくよく吸収してください。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る