2018年08月16日 阪神甲子園球場

報徳学園vs愛工大名電

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

小園が抑えられても勝てる!報徳学園は打線と守備がかみ合い8年ぶりのベスト8!


 報徳学園vs愛工大名電の一戦は、報徳学園の1番小園 海斗の出塁がカギを握っていた。しかし今日の試合は小園以外の打者が奮起した。

 愛工大名電の先発は室田 祥吾(3年)。左腕から130キロ前後の速球、スライダー、チェンジアップを駆使する技巧派左腕だ。まず愛工大名電は敵失から1点を先制し、小園をチェンジアップで三振に打ち取るところまではよかった。しかし3回裏の第2打席でスライダーで空振り三振に打ち取ったが、振り逃げで出塁。ここから流れが変わった。

 小園は二盗を決め、2番村田 琉晟(3年)の左前安打で一、三塁のチャンスを作り、3番長尾 亮弥の場面で初球暴投で同点。その後、満塁から押し出し死球から勝ち越すと、二死満塁から6番堀尾 浩誠(3年)の中前適時打で4対1とした。

 4回表、愛工大名電は安井太規の本塁打で1点を返すが、5回裏、報徳学園は5番糸井 辰徳(3年)が左前適時打を放ち、1点を追加し、6番堀尾の犠飛、7番羽渕 達哉(3年)がセンターへ二塁打。これで7点目を入れた。

 報徳学園の先発・林 直人(2年)が好投。ゆったりとした始動から、安定した重心移動が光る好左腕。球持ちが良く、手元で切れる130キロ前半のストレートとスライダー、チェンジアップ、カーブを散らせながら強打の愛工大名電打線を7回2失点に抑えた。

 そして8回表から報徳学園は2番手・木村 勇仁(3年)が愛工大名電打線を封じ、報徳学園は8年ぶりのベスト8進出を決めた。

 一方、愛工大名電は序盤の走塁ミスが響いた。また焦りがあったのか、西愛知大会で犠打0だったチームが犠打を試み失敗。普段通りの野球ができなかったことが敗因になった。だが相手の持ち味を封じ、焦らせたのは、報徳学園の林の投球と堅い守備があったからこそ。

 勝つ野球というのはどういうものなのかを存分に見せてくれた。

(記事=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昨年の選抜出場校・おかやま山陽は30日初戦!春季岡山県大会の組み合わせ決定! 【ニュース - 高校野球関連】
報徳学園は激戦区へ!?春季兵庫県 地区予選の組み合わせ決定! 【ニュース - 高校野球関連】
第200回 今からチェック!2020年度のドラフト候補を先取り!【ドラフト特集コラム】
第199回 攻守の活躍に注目!最新版・2019年の注目野手一覧!【ドラフト特集コラム】
第847回 シード校も油断大敵!沖縄は春から熱戦の予感【大会展望・総括コラム】
第845回 咲き乱れる実力校!平成最後の愛知の春を制するのは?【愛知県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第843回 春の千葉は一次予選から見逃せない!まだまだ隠れた逸材が!【後編】【大会展望・総括コラム】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第884回 強打の二塁手へ!甲子園経験が豊富な韋駄天・根路銘 太希(興南)の現在地 【2019年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
木更津総合vs拓大紅陵【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
広陵vs創志学園【2018年秋の大会 第131回(平成30年度秋季)中国地区高等学校野球大会】
愛工大名電 【高校別データ】
報徳学園 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

愛工大名電超攻撃野球影法師 2018.08.13
どうせ作るなら一試合最多本塁打記録ではなく1イニング最多連続安打作りまひょ
下剋上一期一会 2018.08.04
白山高校野球部!
史上最大の下剋上を!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る