2018年08月12日 阪神甲子園球場

高知商vs慶應義塾

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

高知商が12安打10得点の猛攻で慶應義塾を粉砕! 北代は粘りの投球で2試合連続完投勝利!


 第100回全国高校野球選手権大会の8日目。第4試合は1回戦をサヨナラで勝ち上がった慶應義塾(北神奈川)と、壮絶な打撃戦を制してきた高知商(高知)が対戦した。

 140キロを超えるストレートが武器の慶應義塾のエース左腕・生井 惇己(3年)と、初戦で2本塁打を含む16安打を放った好調・高知商打線の対決が見どころの一つとなった一戦。

 試合は序盤から大きく動き出す。1回表、高知商は先頭の前田 貴友(3年)がセンター前ヒット。続く西村 貫輔(1年)はバントの構えを見せることなく、生井の低めの真っすぐを捉えて左中間へ適時三塁打。高知商があっという間に先制した。

 慶應義塾もすぐその裏。高知商の先発・北代 真二郎(3年)に対し、宮尾 将(3年)が初球をレフト前ヒット。死球を挟んで、下山 悠介(3年)も初球をレフトへ運んで満塁のチャンス。ここで4番の廣瀬 隆太(2年)が思い切り引っ張った強烈な打球は三塁手のすぐ脇を抜けるレフト前ヒットとなって同点。この時、二塁走者はレフト・藤高 祐一郎(3年)の好返球でホーム寸前タッチアウトとなったが、それでも続く根岸 辰昇(3年)はカーブをセンターへ弾き返して逆転に成功した。

 だが、高知商は2回表に猛攻を仕掛ける。一死一三塁から前田のピッチャーゴロは生井のホームへの送球がわずかに逸れ、その間に三塁走者が生還して瞬く間に同点。なおもチャンスの場面で西村はチェンジアップをレフト線へ2点適時二塁打。なおも乗松 龍之介(3年)がレフト前、5番の山崎 大智(2年)はセンター前にタイムリー。エラーを挟んで、藤田 昂志郎(3年)は甘く入った変化球を右中間へ2点適時三塁打と、この回一挙に7点を奪ってみせた。

 4回表にも、高知商は2安打と死球で一死満塁とすると、再び藤田が低めのチェンジアップをセンター前へ2点適時打を放ち、生井をノックアウト。甘い球は逃さず、難しい球にも粘り強く付いていく打撃で好投手・生井を見事に打ち崩した。さらに代わった渡部 淳一(3年)からも、北代がセンターへ犠牲フライ。9番・浜田 麟太郎(3年)も一二塁間をしぶとく抜くタイムリーを放って12対2と大きくリードを広げた。

 高知商の北代は5回裏、下山 悠介(3年)に2ランホームランを浴びたものの、味方の大量得点に守られて余裕のピッチング。7回裏は一死から走者を許すものの、慶應義塾の好打者・宮尾を手元でナチュラルに変化するストレートでピッチャーゴロに打ち取りゲッツーに仕留めるなど、序盤のリードを保った高知商が12対6で慶應義塾を下し、3回戦に進出した。

 高知商は初戦に続いて、この試合でも打線が爆発し12安打で12得点。先発の北代も中盤からは緩い変化球を上手く使い、ストレートで詰まらせるシーンも見られるなど130キロ台の真っすぐを速く見せる投球で完投した。

 慶應義塾は2番手の渡部がスライダーを中心にした投球で5回以降はスコアボードに0を並べたが、序盤の失点が響きリズムを取り戻すことができなかった。攻撃面では、ストライクの球なら初球からどんどん振っていくバッティングで初回は1死球を挟んで5連打。9回には田邊 慎之佑(3年)と杉岡 壮将(2年)の2人の代打も初球をヒットにするなど2点を奪い返したが、その一方で気合いが空回りしている感も強く、初回は二塁走者がシングルヒットでホームを狙って2度アウト。この時、返球は外野から直接ホームへ戻ってきたのにも関わらず一塁走者はいずれも二塁でストップしており、少しちぐはぐな印象を残した。また、2回表の守備ではレフト前ヒットで二塁走者の生還を防ごうと焦った左翼手がボールを後ろへ弾き、三塁で止まっていたランナーをホームへ帰してしまうなど、気負いすぎで視野が狭くなっていたように感じた。ハートは熱く、頭はクールにという言葉があるが、積極性が素晴らしいプレーを生んでいただけに、やや冷静さに欠けてしまったところは残念だった。

 初戦に続く2桁安打、2桁得点で勝ち上がった高知商。3回戦は大会12日目の第3試合で済美(愛媛)と対戦することが決まっており、ベスト8を懸けた四国対決となる。

(記事=文:大平 明)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第59回 秋の四国で見つけたダイヤの原石第3回 和田 育也(高知中央2年・投手)【四国発】
秋季高知県大会を展望  「高知県の2019秋」は四国大会も見据え混戦模様 【ニュース - コラム】
第967回 秋季高知県大会を展望  「高知県の2019秋」は四国大会も見据え混戦模様【大会展望・総括コラム】
神奈川はベスト8が決定!東海大相模や横浜、桐光学園などが順当に勝ち上がる【秋季神奈川県大会  15日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第949回 第101回全国高等学校野球選手権高知大会総括  森木 大智が蒔いた「熱闘」の種【大会展望・総括コラム】
第937回 【神奈川大会総括】東海大相模圧巻の強さも魅せ4年ぶりV!公立校の躍進が目立つ!【大会展望・総括コラム】
高知vs高知商【高知県 2019年夏の大会 第101回選手権高知大会】
第935回 第101回選手権高知大会準決勝展望  「シード4強」の頂上決戦 好投手たちの攻略が大きなかぎ【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
高知商vs高知東【高知県 2019年 第72回高知県高等学校体育大会】
高松商vs高知商【2018年秋の大会 第71回秋季四国地区高等学校野球大会】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第413回 鹿取 義隆氏【後編】「侍ジャパン」への入り口に立つ投手・指導者たちへ 【2016年インタビュー】
高知商 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

慶應義塾お疲れ様カメ大王 2018.08.12
慶應義塾の皆様は、甲子園の2回戦にてお疲れ様でした
今日は私の現職の後輩と一緒に、岡山から観に行きました
私はプレーボールの一部始終を観ながら。慶應義塾ビイキに拍手を送りました
今夏の甲子園の2回戦の結果はとても残念でしたが、第2試合の最中から並んだカイが大有りでした!!☆☆♪
そして試合後は慶應義塾に対して、また甲子園に出られるよう公式戦における勝利を目指して頑張れと声をかけました
慶應義塾サイドの皆様は、今年の秋の大会以後の公式戦に向けて、勝利を目指して頑張って下さい
ガンバレ慶應義塾!!めざせ公式戦における勝利☆☆
慶應義塾が今年の秋の大会以後の公式戦でも勝利を挙げることを楽しみにしています
慶應義塾頑張れ!慶應応援 2018.08.12
野球のことはよく分からないですけど
慶應義塾のことはすごく応援してます!
諦めないで頑張ってください!
高知商諦めない心高商応援 2018.08.08
高知商業1戦目突破おめでとう!
最後まで楽しみ、諦めない気持ちで試合に臨むとゆうのが高知商業のテーマらしいので今回の慶応戦もその気持ちで最後まで戦って下さい!!頑張れ高商!!!!
慶應義塾山梨学院と高知商の戦いを見て山本 2018.08.06
乱打戦になっていたのを見て、今度は慶応打線で大量得点を狙えると思った。あとは、生井投手で失点を抑えることができれば勝てると思う。中越戦を見て、やっぱり甲子園って甘くないんだなと思った。ベスト8を目指すよりも、一戦必勝。次のことは考えないのが良さそう。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る