2018年08月12日 阪神甲子園球場

浦和学院vs仙台育英

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 二回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

浦和学院が仙台育英に快勝!5年前の因縁の相手にリベンジを果たす!


 浦和学院にとって仙台育英は春夏連覇を狙った5年前、初戦で敗れた因縁の相手。雪辱しようという執念が1回表の攻撃によく見えた。四球で歩いた1番・中前 祐也(2年)を2番打者がバントで送ろうとするが失敗。1死一塁の場面で打席に立った3番・蛭間 拓哉(3年)が1ボールからの2球目低めストレートをしっかり上から捉えてセカンドの頭をライナーで超えるライト前ヒットを放ち一、三塁、さらに4番打者の3球目に二盗に成功して二、三塁とし、2死後、5番・佐野 涼弥(3年)が138キロのストレートを右中間に弾き返して2人の走者を迎え入れた。

 ここまでの中のどこに「雪辱しようという執念」が見られたかというと、1回の1~6番までの各打者が見逃したストライクは全27球中3球だけ。さらに蛭間の二盗にも攻撃的精神が垣間見られた。試合前、選手たちは5年前に敗れた仙台育英戦の録画を見たという。先輩たちの痛みを自分の痛みに置き換え、死に物狂いでボールに向かっていくという精神はこういう部分によく表れる。2回は三者三振に倒れるが三振はすべて空振りで、ストライクの見逃しは1つだけだった。

 打者走者の全力疾走にも見るべきものがあった。私が俊足の基準にする「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」をクリアしたのは4人6人(仙台育英は3人5人)。例年、浦和学院はこれほど走らない。

 投手に目を向けると、先発の渡邉 勇太朗(3年)が素晴らしかった。左肩の早い開きを抑え、投げ始めから投げたボールがキャッチャーミットに収まるまでの投球タイムが約2秒。このゆったりとしたフォームからストレートは最速149キロを計測し、カットボールを含めたスライダー系にバリエーションがあり、コントロールも抜群だった。

 南埼玉大会から評判で私は準決勝の聖望学園戦のピッチングを見たが、このときはストレートが143キロ止まりで、変化球もこの日ほどキレがよくなかった。4万1000人が押し寄せた甲子園の雰囲気が渡邉の成長を促したと言ってもいい。もし渡邉がドラフト会議前にプロ志望届を提出すれば2、3位くらいの上位指名があってもおかしくないと思っている。

 仙台育英では先発の田中 星流(3年)が面白かった。ストレートは最速140キロで今の高校野球では速い部類に入らない。実際に1回は捉えられるのだが、そこからの投球の変化が目を引いた。1回から2回にかけて浦和学院の下位打線から4者連続三振を記録するのだが、その結果球がフォークボールを思わせる激しく大きく落ちる変化球。どうもそれはカットボールらしいのだが、これを初球から投げ、勝負球でも投げるという徹底ぶりで浦和学院の強打線を惑わせた。

 結果は2回3分の2を投げ4安打、4失点で降板するのだが、ストレートを中心に投球を組み立てるという高校野球における前提が崩れかけている様子が見て取れる。

(記事=文:小関 順二)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
東京ガスの核弾頭!社会人3年目を迎える注目スラッガー・笹川晃平へインタビュー! 【ニュース - インタビュー】
第956回 日本一の1番打者へ!笹川晃平(東京ガス)「チームあっての自分。今年こそ日本一を狙いたい」 【2019年インタビュー】
「ドラフト下位指名✕ご当地選手」今野龍太がプロ初勝利 【ニュース - 高校野球関連】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
第94回 早稲田大学編「スター選手から名監督まで、彩に満ちた『WASEDA』のつながり」【前編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第95回 浦和学院(埼玉)編「好投手を輩出し続ける投手王国・浦和学院のつながり」【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
第54回 「自身の経験を通して、選手に何を伝えたいのか?」髙橋 左和明監督(九里学園)vol.6【名将たちの言葉】
叡明vs浦和学院【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
浦和学院vs白岡【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第884回 浦和学院vs白岡など今年の埼玉はシード争いと関東大会出場争いが例年以上に熱い!【大会展望・総括コラム】
浦和学院vs市立浦和【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第865回 甲子園の「花」になる!144キロ右腕・伊藤樹(秀光中等教育)が見据える一流への道 【2019年インタビュー】
第863回 最速147キロサウスポー・笹倉世凪(秀光中等教育)が明かした球速アップの秘密 【2019年インタビュー】
第802回 冬場の鍛錬と開き直りが成長に繋がる 草薙柊太(国士舘高)【前編】 【2018年インタビュー】
第800回 プロで生き残るために「吾道一貫」を胸に刻む 渡邉勇太朗(浦和学院)【後編】  【2018年インタビュー】
浦和学院vs報徳学園【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭vs浦和学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
浦和学院 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (8)

浦和学院勝利おめでとう吉田(笑) 2018.08.13
圧倒的な実力の仙台育英にまさかあんな大差で勝てるとは(笑)3回戦も勝利目指して頑張ってください。
仙台育英見ました育英 2018.08.13
浦和に完封負けしてしまったけど、今年の経験を来年にまた甲子園に戻ってきてほしいです。
やっぱり宮城と言えば仙台育英だから。
あと佐々木監督復活願います。
来年の夏、また進化した仙台育英が見れることを期待して待ってます。頑張れ!
浦和学院一塁側から応援しましたさとし 2018.08.12
ナイスゲーム
初戦突破おめでとう。
選手は初めて甲子園でプレーしてどうだったかな?
ハツラツと出来てたように見えました。
打って守って投げて隙を見て走って、甲子園でたくさん浦学野球が見れて嬉しかったです。
次の試合も頑張って下さい。
浦和学院頑張れ~ 壮地!柏井J  2018.08.12
♪かっ飛ばせ~ 壮地!
TV の前で応援します
仙台育英吠えろ暴れろ勝利 2018.08.11
花巻東、羽黒が敗退してしまったので東北勢として仙台育英には頑張ってもらいたいです!
仙台育英、本当に大ファンです。ガンガン暴れていいんで、出し惜しみせず押して押して押しまくれ!!!
仙台育英普通に戦えば勝てる吉田 2018.08.10
実力は圧倒的に仙台育英が上。しかし、甲子園は何が起きるかわからない。気を緩めずに平常心で戦ってください
仙台育英ライオン軍団ライオンファン 2018.08.07
今年の仙台育英は一味違います。
新監督となった須江監督率いる新生仙台育英ですもんね。
須江監督は秀光軟式監督時代全国制覇を成し遂げています。今年は長年の佐々木順一郎監督から変わってしまって昨年後半から、試合禁止と言う辛い時期でもありましたが、宮城県大会のように落ち着いて丁寧に試合していた仙台育英を見て今年はいつもと一味違う仙台育英に見えました。県大会の古工戦のような落ち着いて監督を信じれば必ず勝てます。
先ずは初戦です。猛暑で大変だろうけど、勝てることを祈って全力で応援するので頑張れ!
ライオン軍団!!
浦和学院埼玉からさとし 2018.08.02
応援に行きます。
苦しい時は南埼玉で敗れ去った83チームの涙を背負ってる事と、5年前の先輩達の悔し泣を背負ってる事を忘れず頑張って下さい。
厳しい戦いになると思うけど、一生懸命応援するので、たどり着いた夢舞台で楽しんで、打ちまくって、暴れて下さい。

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る