2018年08月09日 阪神甲子園球場

創志学園vs創成館

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

創志学園・西が16奪三振の好投で完封。春8強の創成館を破る!


 第100回全国高校野球選手権大会の5日目。第3試合は2年ぶり2回目の出場となる創志学園(岡山)と、3年ぶり2回目の出場で今春のセンバツではベスト8に進出した創成館(長崎)が対戦した。

 最速150キロのストレートとスライダーを武器にU18侍ジャパン日本代表の第一次候補にも名を連ねるエース・西 純矢(2年)と岡山大会で5試合連続本塁打を記録した4番・金山 昌平(3年)に注目が集まる創志学園と、左腕から140キロを超えるストレートを投じる川原 陸(3年)をはじめ、右腕の酒井 駿輔(3年)、戸田 達也(3年)。変則の伊藤 大和(3年)。左腕の七俵 陸(3年)と層の厚い多彩な投手陣を誇り、主将の峯 圭汰(3年)を中心とした打線にはつながりがある創成館の一戦。

 両先発は対照的な立ち上がりとなった。素晴らしい投球を見せたのは創志学園の西。1回裏、1番の峯、2番の鳥飼 悠斗(3年)からスライダーで2者連続三振を奪う好スタートを切ると、3回裏には7番・川原をインコースの真っすぐ。8番・平松 大輝(3年)は外角のスライダー。9番・徳吉 涼太(3年)は再び内角の真っすぐで3者三振。まさに圧巻のピッチングを見せた。

 逆に、創成館の川原は毎回、得点圏に走者を背負う苦しい投球。3回まではなんとか凌いでいたが、4回表、一死から四球を出すと犠打で送られ二死二塁。ここで9番・藤原 駿也(3年)に外寄りのスライダーをレフト前に運ばれて先制を許すと、岡本 伊織(3年)には左中間を破られる適時三塁打。さらに宮崎 竜成中山 瞬にも連打を浴びてしまい、ここでノックアウト。代わった戸田も金山に三遊間を破るタイムリーを打たれ、この回5連打で4点を奪われてしまった。

 反撃したい創成館は直後の4回裏、先頭の峯がレフトへチーム2本目のヒットを放つと好走塁で二塁へ。そして、次打者の鳥飼への4球目がワンバウンドになり、キャッチャーが前にボールをこぼしたのを見て三塁を狙うがタッチアウト。その後、鳥飼にヒットが出たものの松山 隆一(3年)、杉原 健介(3年)の中軸は連続三振とちぐはぐな攻撃で得点を奪うことができなかった。

 一方、継投策に出た創成館に対し、創志学園は7回表。2番手の戸田から一死二塁のチャンスを作ると、代わった酒井にもヒットと四球で一死満塁と攻め立て、ここで8番・小谷 勝星(3年)の打球は右中間へ。前進守備のセンターが後退し、体を投げ出して必死にグラブを差し出すがボールには届かずタイムリーツーベース。さらにホームへの返球も逸れて3者が生還し、7対0と勝負を決めた。

 中盤以降もワインドアップのゆったりとしたフォームから相手打者のインコースをどんどん突いていく強気なピッチングで快投を続けた西。この試合では最速149キロをマークしたストレートと切れ味鋭いスライダーを駆使し、4回から6回にかけては6者連続三振を奪うなど、終わってみれば毎回の16奪三振。7回からの3イニングは一人も走者を許すことなく4安打完封。四死球もゼロと、創成館打線に付け入る隙をまったく与えず、危なげなく投げ切った。打線は10安打のうち7安打を4回と7回の2イニングに集中し7得点と効率の良い攻撃が目立った。また、金山は長打こそなかったものの2安打1打点と4番の役割をきっちりと果たしている。

 敗れた創成館は先発・川原が踏ん張りきれなかった。4回はアウトコース一辺倒だった組み立てを突かれ、左打者にレフト方向へ連打されていたが、もっとインコースを使った投球も見てみたかった。打線は西のストレートに対しノーステップ打法で挑んだが、ねじ伏せられた形となった。機動力を使った揺さぶりも試みたが、相手捕手の藤原に盗塁をすべて刺されてしまうなど、工夫は見せいていたのだが最後まで創志学園バッテリーを崩すことができず、無念の完敗を喫した。

 投打ともに好調な出だしを見せて、夏の甲子園では初めてとなる勝利を飾った創志学園。2回戦は大会11日目の第1試合で下関国際(山口)と対戦することが決まっている。

 

(記事=大平 明)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年は豊作!?今年注目の高校生野手を一挙に紹介!! 【ニュース - コラム】
第183回 今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】【ドラフト特集】
注目の投手は?ミレニアム世代を代表する投手たちを一挙紹介!! 【ニュース - コラム】
第182回 ミレニアム世代の投手ビッグ3や指名有望な逸材の将来性を徹底解剖!【高校生編投手】【ドラフト特集】
第779回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証 「木製バット問題はどう解消するべきか?」【大会展望・総括コラム】
第762回 侍ジャパンU18代表 野手陣考察 今年はザ・スモールベースボール。オーダーはどう組む?【大会展望・総括コラム】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
日大三vs奈良大附【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs創志学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第756回 【11日目見所】 ベスト16入りを決める4校は?創志学園vs下関国際など実力校同士の対決に注目【大会展望・総括コラム】
創志学園vs創成館【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
創志学園vs倉敷商【岡山県 2018年夏の大会 第100回記念 岡山大会】
第712回 知念 大成(沖縄尚学)「秋の状態を取り戻し、夏は100%の状態で頂点に立つ!」 【2018年インタビュー】
第617回 峯 圭汰(創成館)「ノーステップ打法で、好投手を撃破!神宮枠を絶対に持ち帰りたい」 【2017年インタビュー】
第611回 川原陸(創成館)「長崎の大型左腕、待望の全国デビュー」 【2017年インタビュー】
第422回 創志学園・髙田 萌生投手 『初の甲子園出場に導いた右腕の次なる目標は世代頂点投手へ』 【後編】 【2016年インタビュー】
第421回 初の甲子園に導いた髙田 萌生投手(創志学園) 「『人差し指』に秘められた剛腕への過程」 【2016年インタビュー】
創志学園 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

創成館一戦必勝で!ヨシケン 2018.08.03
夏の選手権出場おめでとうございます。いよいよ対戦相手も決まり気持ちも高ぶりますね!センバツのベスト8の経験をしっかり生かして一戦必勝で全国制覇を目指して下さい!今年のチームならきっと叶えられると信じています!頑張れ!創成館高校!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る