2018年08月09日 阪神甲子園球場

下関国際vs花巻東

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下関国際が逆転勝ちで甲子園初勝利!


 大会第5日目の第2試合は花巻東(岩手)と下関国際(山口)の一戦だった。

 花巻東の先発は伊藤翼(3年)の立ち上がり。ストレートの球速は120キロ台が中心だが、外角中心の配球で下関国際打線に安打を許さない。一方、下関国際の先発・鶴田 克樹(3年)は先頭の谷 直哉(3年)に安打を許すも、140キロ台のストレートにスライダーのコンビネーションで無失点に切り抜ける。両投手ともに無難な立ち上がりで試合は始まった。

 4回表、下関国際は先頭の甲山 達也(3年)が安打で出塁すると、犠打と四球で一死一、二塁とチャンスを作る。相手のミスもあり二死二、三塁と走者を進めるが、あと一本が出ずこの回も無得点。

 先制点を奪ったのは花巻東だった。5回裏、二死から佐藤 千暁(3年)が二塁打を放つと、つづく藤森 晃希(3年)のあたりは遊撃への平凡なゴロ。しかし、甲山から一塁への送球が逸れ、その間に二塁走者が一気に生還。花巻東が1対0とリードする。

 1点を追いかける下関国際は6回表一死から走者を出すも、次打者が併殺となりチャンスを作れない。しかし7回表、2死から三連打で1点を返し同点に追いつくことに成功する。

 同点に追いつかれた花巻東は8回裏、先頭の谷が安打で出塁すると手堅く送り、一死二塁のチャンスを作る。ここで迎えた田中 大樹(3年)が右前打を放ち、二塁走者がホームに戻り1点を勝ち越すことに成功。なおも一死二塁とチャンスはつづくが、後続に適時打は生まれずこの回1点止まり。

 9回表、1点ビハインドの下関国際は4番・鶴田から。鶴田は初球を振り抜くも平凡な遊ゴロに倒れてしまう。しかし、5番・吉村 英也(3年)が中前に弾き返し、一死一塁と同点の走者が塁に出る。6番・木村 大輝(2年)も安打でつづき一死一、二塁。ここで7回に適時打を放っている西山 勇輝(3年)が再び適時打を放ち、土壇場で同点に追いついた。

 9回裏、花巻東は得点を奪うことができず試合は延長戦へと突入する。

 終盤に追いついて勢いに乗る下関国際は10回表、一死から連打で一、三塁のチャンスを作る。ここで川上 顕寛(3年)があわや本塁打の大ファールの後に左前適時打を放ち、1点を勝ち越すことに成功。その後、吉村にも適時打が生まれさらに1点を追加する。

 ここで花巻東は投手を伊藤から西館勇陽(2年)にスイッチ。西館は後続を抑え、裏の攻撃に望みを託す。

 10回裏、花巻東は代打で登場した先頭の中村 勇真(2年)が四球を選び、得点圏まで走者を進めたが、反撃もそこまで。下関国際が4対2で逆転勝ちを収めている。これが同校にとって甲子園初勝利。

 最後までひとりで投げ抜いた下関国際の鶴田は終盤でも球速は落ちず、10回にも144キロのストレートを投じるなどスタミナがあることを証明してみせた。スライダーを多投する場面も見られたが、ストレートに威力があるからこそ、変化球が生きたといえる。

 次戦の投球にも注目したい。

 

(記事=勝田 聡)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
動画で振り返る根尾昂(大阪桐蔭)!ミレニアム世代のトップランナーの軌跡とは?! 【ニュース - コラム】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
悔しさを乗り越え選抜連覇!大阪桐蔭の軌跡を試合レポートで振り返る【前編】 【ニュース - コラム】
第815回 史上3校目の選抜連覇を達成!大阪桐蔭の1年間の軌跡「手探りの秋、逞しさが出た選抜」【前編】【大会展望・総括コラム】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
八戸学院光星vs花巻東【2018年秋の大会 第71回(平成30年度)秋季東北地区高等学校野球大会】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第759回 【準決勝展望】日大三vs金足農、済美vs大阪桐蔭 激戦が予想される2試合のポイントは?【大会展望・総括コラム】
日大三vs下関国際【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
下関国際vs木更津総合【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
第356回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.1「目標に向かって真剣に」 【2016年インタビュー】
第329回 埼玉西武ライオンズ 菊池 雄星投手 「剛腕左腕復活の1年」 【2015年インタビュー】
下関国際 【高校別データ】
花巻東 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

花巻東がんばれまきまき 2018.08.07
まずは初戦ですね。
花巻東頑張れ!
下関国際初勝利ヒデキ 2018.08.03
甲子園初勝利かなり期待してます

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る