2018年08月08日 阪神甲子園球場

金足農vs鹿児島実

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

14奪三振完投!大会No.1の呼び声高い吉田が見せたハイレベルなピッチング


 大会ナンバーワン投手の呼び声高い金足農のエース、吉田 輝星(3年)がどんなピッチングをするかに興味が集まったが、予想通り素晴らしいピッチングを展開した。ストレートの球速は1回表、143キロ程度が多く、速さだけに興味がある人はがっかりしたと思う。しかし、よかったのは投球フォーム。

 1回のピッチングに入る前、ステップする位置を丁寧に歩測する姿を見て、「ああ、このピッチャーはいいピッチングをするな」と思った。ちなみに、これまでステップする位置を歩測したピッチャーは生井 惇己慶應義塾)くらいしか思い出せない。

 プレートの踏む位置は真ん中。鹿児島実の先発、吉村 陸矩(3年)は三塁側を踏み、金足農のスタメンに並ぶ8人の右打者の外角球に横の角度をつけようという工夫が見られたが、吉田は吉村より球速が10キロを上回るので、このあたりの感覚はアバウトだ。また、下半身がステップしてから、時間差で上半身が下半身を追いかけること。つまり、「下半身→上半身」という体の使い方ができているかどうかだが、この体重移動も依然として発展途上。それでいながら吉田の投球フォームには見る者を魅了する美しさがある。

 投球フォームで最も重要なのは体(前肩)が開かないこと。これが吉田は完璧と言ってもいいくらいできている。「開かない」ことだけ一生懸命やると動きがぎくしゃくして投球フォーム全体が窮屈に見えるものだが、吉田の場合は動き全体がなめらかで、気になるのは繰り返しになるが、「下半身→上半身」の動きだけである。

 体が開かない効用は奪三振の内容にしっかり現れている。奪った14個の三振のうちストレートで取ったのは12個あり、さらにそのうち10個が空振りだった。現代野球においてストレートで三振を奪うというのは多数派ではない。ストレートを見せておいて、フォークボールやチェンジアップで三振を奪うパターンが多いはずだ。それが吉田の場合は14奪三振のうち12個がストレート。これは前肩が開かないことによって打者はボールの出所が見えにくかったのだろ。

 試合を振り返ると、3回裏に金足農は先頭の8番・菊地 亮太(3年)がヒットで出塁、これを9番打者がバントで送って1死二塁とし、1番の菅原 天空(3年)が1ボールからのファーストストライクを捉えて三塁打を放ち先制の1点を奪い、2番打者のスクイズが犠打と野選となりもう1点、さらに3、4番のヒットが続いて3点目が入った。吉田の投球が万全なだけにこの3点で試合は決したと言ってもいい。

 吉田の投球にも一度話を戻すと、目をみ見張ったのはギアチェンジしてスピードが上がった場面だ。5回表、1死二塁になり打者は1番の山下 馨矢(3年)。1ボール2ストライクになり吉田が4球目に投じた球は内角への148キロをストレート(この日の最速)。山下のバットがぴくりとも動かず見逃がしの三振に倒れるのだが、コントロールの緻密さ、勝負どころで内角勝負する度胸のよさなど吉田のよさがすべて出た場面として記憶に残る。

(文=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋田、金足農など公立校王国・秋田を率いる伝統公立校。第1回大会と第100回大会で決勝進出 【ニュース - 高校野球関連】
西武・川越は打率5割、2011年春の甲子園に出場した選手は誰がいる? 【ニュース - 高校野球関連】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第4回 劇的な勝利に沸いた2試合 鹿児島ベストゲーム2019【鹿児島の高校野球】
鹿児島実vs神村学園【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs川内【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs国分中央【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs鹿児島城西【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島実vs鹿屋中央【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第890回 ノルマは1日500スイング!打撃向上の礎となったのは毎日の継続力 瀬尾秀太(山口東リトルシニア) 【2019年インタビュー】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
第801回 目指すは春夏連続甲子園出場!新世代トップクラス捕手・有馬諒(近江)が描くシナリオ 【2018年インタビュー】
鹿児島実 【高校別データ】
金足農 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

金足農夏の甲子園では23年ぶりとなる勝利おめでとうカメ大王 2018.08.08
金足農の皆様は、夏の甲子園では23年ぶりとなる勝利誠におめでとうございます!!☆☆♬
鹿児島は良い県ですが、能代商に続く、甲子園における鹿児島県勢に対する連勝もおめでとうございます!!☆☆♬
8回に点数を返されても、2点を引き離したのが、甲子園の勝敗を分ける最大のジャンクションでした!!♬
さて、今夏の甲子園の2回戦の対戦相手は、大垣日大ですね
2007年の夏の甲子園のデビュー戦の時より、大垣日大のレベルは確実に上がっています!!
私は金足農の勝利を楽しみにしています
それでも勝者には今夏の甲子園の3回戦以後も勝利を願いたいです
私も期待しています
金農サイドの皆様は、今夏の甲子園の2回戦に向けて、勝利を目指して頑張って下さい
ガンバレ金足農!!めざせ甲子園における勝利☆☆
金足農が今夏の甲子園の2回戦で大垣日大からリベンジすることを楽しみにしています
金足農強いきりたんぽ 2018.08.08
両校ともお疲れ様でした!
金足強いね!
東北勢まずは一勝!本当におめでとう!
次も頑張れ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る