2018年08月07日 阪神甲子園球場

近江vs智辯和歌山

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

近江が4投手の継投で強力智弁和歌山打線抑え込む!


 優勝候補の一角に挙げられていた智辯和歌山の牙城を崩したのは近江の継投策だった。先発は滋賀大会で1試合・1イニングしか投げていないサイドスローの松岡 裕樹(3年)、3回からは左腕・林 優樹(2年)、6回1死一、二塁の場面からは本格派右腕・佐合 大輔(3年)、9回からはオーソドックスな左腕・金城 登耶(3年)という具合に、右横→左上→右上→左上と目まぐるしく目先を変えていき、この継投策が智辯和歌山のクセの強いバッティングスタイルに見事に嵌った。

 高校球界を席巻してきた智辯和歌山の看板は今年も強力打線で、その特徴を一言で言えば、「個性の許容範囲が広い」ということ。〝超高校級″と評価される智辯和歌山の3番・林 晃汰(3年)を例に挙げるなら、側頭部あたりで構えたバットのグリップが打つ直前に肩の下まで下がるヒッチから始まり、このとき強く引いたバットが体の陰に隠れ、ステップはボールの方向に向かっていくインステップといった具合。これだけバッティングの振幅が大きいと目まぐるしい継投策に対応するのは難しい。いくら時代の流れが「個性の重視」であっても、悪いところは悪いと指摘することが必要なのではないかと強く思った。

 近江を活気づけたのは3本のホームランだ。2点先行された4回表には1死二塁の局面で4番・北村 恵吾(3年)が136キロのストレートを振り抜いて甲子園の最深部、左中間にライナーの2ランを放ち、同点で迎えた5回には7番・山田 竜明(3年)が右中間にソロ、そして4対2の8回には2死一塁の場面で北村がスライダーを捉え、この日2本目となる2ランをレフトスタンドに放り込み、ほぼ勝敗を決した。

 2本のホームランを放った北村のバッティングは林と異なり、理にかなっていた。早い段階で前足を引いてステップするタイミングを慎重にはかり、ステップの動きも慎重。バットのグリップの位置も肩のあたりから動かず、動きの中から無駄なものを削ぎ落そうという意図がはっきり見て取れた。

 ストップウォッチによる能力判定はどうだろう。私が俊足の基準にする打者走者の各塁到達タイム「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」では近江が3人5回、智辯和歌山が1人1回でわかるように近江が上回った。また今大会の大きな特徴である強肩キャッチャーという分野に目を向けると、両校にも近江有馬 諒(2年)、智辯和歌山東妻 純平(2年)が揃っていた。イニング間の二塁送球では最速1.81秒の東妻が1.95秒の有馬を上回ったが、実戦では有馬がチームを助ける好プレーを連発し、改めてキャッチャーというポジションの重要性を思い知らされた。

 3回裏には二盗を企図した西川 晋太郎(2年)を正確なコントロールで刺し、無死一、二塁の6回はあっと驚く二塁けん制で二塁走者を殺した。6回の場面は、走者を送ろうとした東妻のバント空振りに誘い出された二塁走者の動きを冷静に見ていないとできないプレーだった。

(記事=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
公式練習のない近畿大会、球児のために導入を考えるべき! 【ニュース - 高校野球関連】
組み合わせ決定!大阪桐蔭、報徳学園らの初戦は?【秋季近畿大会・抽選結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第781回 近江の4番から日本の4番へ!北村恵吾(近江)が語る今夏の活躍と今後のビジョン 【2018年インタビュー】
第776回 甲子園3度出場の北村恵吾(近江)の土台となったケガと経験 【2018年インタビュー】
近江vs近江兄弟社【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
智辯和歌山vs市立和歌山【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
近江兄弟社vs高島【滋賀県 2018年秋の大会 秋季滋賀県大会】
智辯和歌山vs桐蔭【和歌山県 2018年秋季大会 近畿地区高等学校野球大会 和歌山県二次予選】
近江vs日大三【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
第774回 秋季和歌山大会を徹底展望、高嶋監督勇退の智辯和歌山が本命か【大会展望・総括コラム】
第769回 近江・滋賀学園に注目!秋季滋賀県大会、組み合わせ決定【大会展望・総括コラム】
伝統を守りつつ時代とともに進化する、智辯和歌山に導入された野球ノートの中身とは?【現地記者の高校野球取材ノート】
第28回 山川穂高が沖縄で怪物の片りんを見せていた時代、甲子園には菊池雄星がいた【高校野球ヒストリー】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第744回 楽しさと辛さの両方を味わいながら甲子園準優勝! MIZUNO 田林正行さんが語る高校野球への想い【後編】 【2018年インタビュー】
第743回 無名球児から夏の甲子園準優勝投手へ! MIZUNO 田林正行さん(智辯和歌山出身)はいかにしてエースになったのか【前編】 【2018年インタビュー】
第734回 黒川史陽(智辯和歌山)「驚異の勝負強さで選抜準優勝に貢献!目指すは西川遥輝」 【2018年インタビュー】
近江 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

近江滋賀県代表頑張れ!小太り親父 2018.08.07
優勝候補の智辯和歌山相手に素晴らしい試合。震えます。
悔いのないように全力で楽しんでプレーしてください!
滋賀県民!皆が応援してますよ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る