2018年08月07日 阪神甲子園球場

近江vs智辯和歌山

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

近江が4投手の継投で強力智弁和歌山打線抑え込む!


 優勝候補の一角に挙げられていた智辯和歌山の牙城を崩したのは近江の継投策だった。先発は滋賀大会で1試合・1イニングしか投げていないサイドスローの松岡 裕樹(3年)、3回からは左腕・林 優樹(2年)、6回1死一、二塁の場面からは本格派右腕・佐合 大輔(3年)、9回からはオーソドックスな左腕・金城 登耶(3年)という具合に、右横→左上→右上→左上と目まぐるしく目先を変えていき、この継投策が智辯和歌山のクセの強いバッティングスタイルに見事に嵌った。

 高校球界を席巻してきた智辯和歌山の看板は今年も強力打線で、その特徴を一言で言えば、「個性の許容範囲が広い」ということ。〝超高校級″と評価される智辯和歌山の3番・林 晃汰(3年)を例に挙げるなら、側頭部あたりで構えたバットのグリップが打つ直前に肩の下まで下がるヒッチから始まり、このとき強く引いたバットが体の陰に隠れ、ステップはボールの方向に向かっていくインステップといった具合。これだけバッティングの振幅が大きいと目まぐるしい継投策に対応するのは難しい。いくら時代の流れが「個性の重視」であっても、悪いところは悪いと指摘することが必要なのではないかと強く思った。

 近江を活気づけたのは3本のホームランだ。2点先行された4回表には1死二塁の局面で4番・北村 恵吾(3年)が136キロのストレートを振り抜いて甲子園の最深部、左中間にライナーの2ランを放ち、同点で迎えた5回には7番・山田 竜明(3年)が右中間にソロ、そして4対2の8回には2死一塁の場面で北村がスライダーを捉え、この日2本目となる2ランをレフトスタンドに放り込み、ほぼ勝敗を決した。

 2本のホームランを放った北村のバッティングは林と異なり、理にかなっていた。早い段階で前足を引いてステップするタイミングを慎重にはかり、ステップの動きも慎重。バットのグリップの位置も肩のあたりから動かず、動きの中から無駄なものを削ぎ落そうという意図がはっきり見て取れた。

 ストップウォッチによる能力判定はどうだろう。私が俊足の基準にする打者走者の各塁到達タイム「一塁到達4.3秒未満、二塁到達8.3秒未満、三塁到達12秒未満」では近江が3人5回、智辯和歌山が1人1回でわかるように近江が上回った。また今大会の大きな特徴である強肩キャッチャーという分野に目を向けると、両校にも近江有馬 諒(2年)、智辯和歌山東妻 純平(2年)が揃っていた。イニング間の二塁送球では最速1.81秒の東妻が1.95秒の有馬を上回ったが、実戦では有馬がチームを助ける好プレーを連発し、改めてキャッチャーというポジションの重要性を思い知らされた。

 3回裏には二盗を企図した西川 晋太郎(2年)を正確なコントロールで刺し、無死一、二塁の6回はあっと驚く二塁けん制で二塁走者を殺した。6回の場面は、走者を送ろうとした東妻のバント空振りに誘い出された二塁走者の動きを冷静に見ていないとできないプレーだった。

(記事=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
智辯和歌山vs和歌山南陵【和歌山県 2019年夏の大会 第101回選手権和歌山大会】
強肩強打の高校ナンバーワン捕手・東妻純平(智辯和歌山)のスローイング、打撃のコツに迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1025回 前向きに全国制覇と日本一の捕手へ 東妻純平(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
世代ナンバーワン捕手の呼び声高い東妻純平(智辯和歌山)の捕手人生の原点とは? 【ニュース - インタビュー】
第1023回 兄のリベンジを胸に名門の扉を叩いた超強肩捕手 東妻純平(智辯和歌山)【前編】 【2019年インタビュー】
第1024回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第1019回 149キロ右腕・池田陽佑(智辯和歌山)の原点。投手人生のスタートは13歳の誕生日から【前編】 【2019年インタビュー】
近江兄弟社vs長浜北星【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
近江vs膳所【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第1010回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第934回 智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第933回 近江を止めるのはどこだ?滋賀学園、光泉ら力校が追随する!【滋賀大会展望】【大会展望・総括コラム】
近江vs智辯学園【2019年春の大会 近畿大会】
第918回 まだまだいる近畿の逸材!隠れた逸材野手、スーパー1年生たちをピックアップ!【大会展望・総括コラム】
近江vs高田【2019年春の大会 近畿大会】
近江 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

近江滋賀県代表頑張れ!小太り親父 2018.08.07
優勝候補の智辯和歌山相手に素晴らしい試合。震えます。
悔いのないように全力で楽しんでプレーしてください!
滋賀県民!皆が応援してますよ!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る