投手戦を制したのは高岡商!次戦は佐久長聖!


 大会第3日目の第1試合は佐賀商(佐賀)と高岡商(富山)の一戦だった。

 試合は序盤から投手戦の様相を見せる。両チームを通じて初めて三塁に走者が進んだのは3回表だった。佐賀商は安打と相手のミスで二死一、三塁と一打先制のチャンスを作る。しかし、3番の松隅亮(2年)は二塁ゴロに倒れ得点を奪えない。

 一方の高岡商も140キロを超えるストレートを主体とする佐賀商木村 颯太(3年)の前に、四回終了まで放った安打はわずか1本と完全に封じ込められてしまう。

 均衡が破れたのは五回裏だった。高岡商は二死から7番・井林 泰雅(2年)が値千金の本塁打を放ち、1点を先制する。

 しかし、佐賀商も反撃を開始する。直後の六回表、好投を続ける山田 龍聖(3年)を攻め立て、安打と四球で一死一、二塁のチャンスを作る。二死後に6番・中島 優仁(2年)が中前打を放つが、好返球もあり二塁走者は戻ってこれない。

 この場面で本塁のベースカバーに入った投手の山田の足がつってしまい、試合は中断する。治療でベンチに戻ったことで流れを奪われたのか、次打者の小柳 翼(2年)は三振に打ち取られこの回無得点。

 佐賀商が同点に追いついたのは七回表だった。先頭の本嶋 大暉(3年)が安打で出塁し無死一塁。木村 颯太(3年)はバントを失敗するも、つづく済木 龍輝(2年)の打席で本嶋が盗塁に成功し、結果的に一死二塁のチャンスを作る。ここで済木の打球はボテボテの投ゴロとなったが、山田の悪送球があり二塁走者の本嶋が一気に生還し試合は振り出しに。

 ピンチの後にチャンスあり。その裏、高岡商は一死後から連打と四球で満塁のチャンスを作り、打席には本塁打を放っている井林が向かう。1ボール2ストライクと追い込まれた直後の4球目。木村の140キロを超えるストレートを一振り。打ち取られたかに見えたあたりは、前進守備を敷いていた一塁の失策を誘い三塁走者が生還。1点を勝ち越すことに成功する。なおも一死満塁で田嶋怜(3年)が右翼の頭上を越える適時二塁打を放ち、2点を追加しこの回3点を奪う。

 高岡商は8回から継投策に入り、大島 嵩輝(3年)が2番手としてマウンドへ。山田の好投に負けじと大島も佐賀商を無失点に抑える。

 そして迎えた最終回、佐賀商は相手の失策で先頭の本嶋が出塁する。3点ビハインドの場面で、佐賀商が選んだ作戦は二盗だった。しかし、筏 秀生(3年)の好送球で二塁タッチアウトになり、走者がいなくなってしまう。つづく木村の場面で代打に送られた松浦 遼太(3年)は空振り三振。最後は済木が中飛に倒れゲームセット。

 4対1で高岡商が投手戦をものにし佐賀商に勝利している。

 両チームを通じて連打は七回裏の高岡商が一度記録しただけと、各投手が踏ん張った。また、両チームとも失策が失点に結びついており、守りの重要性を改めて感じさせてくれた試合だあったと言えるだろう。

 勝利した高岡商は、大会史上初のタイブレークを制し勝ち上がってきた佐久長聖(長野)と対戦する。

文=勝田 聡