2018年08月06日 阪神甲子園球場

大阪桐蔭vs作新学院

第100回全国高等学校野球選手権記念大会 一回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

小関順二が徹底分析 ストップウォッチレポート

エースとしての役割を果たした柿木蓮が1失点完投勝利!


 スコアは3対1、試合時間が2時間1分。試合を見ていない人なら単調で盛り上がりに欠ける試合展開を想像されると思うが、実は中身がぎっしり詰まったベストゲームだった。

 作新学院は先発の高山陽成(3年)が1点を先制された2回限りで降板、2番手に左腕技巧派の佐取 達也(3年)がマウンドに上がったが、この佐取がストレートの球速が130キロに満たないながら、左右各打者の内角を積極的に攻め、5回を2安打1死球無失点に抑えてしまった。球は遅くても、前肩の開きが遅く、ボールの出所が見えにくいフォームから緩急で散らされ、さらに勝負どころで内角を攻められたら、大阪桐蔭の強力打線でも攻略は難しいということだろう。

 僅差の勝負を決めたのはこの佐取が登板する直前の2回裏だった。先頭打者の5番根尾 昂(3年)が1-1からの3球目、99キロのスローカーブをキャッチャー寄りで捉えると、打球は三塁線を破りレフトへ転々とし、根尾は俊足を飛ばして三塁を陥れ、このときの三塁到達タイムが今年、私が計測した中では4番目に速い11.19秒だった。この根尾を7番山田 健太(3年)の犠牲フライで返し、この1点を大阪桐蔭の先発、柿木 蓮(3年)がよく守った。

 柿木は下級生のときからよく見てきたが、私にとってはこの日が一番よく見えた。これまでの柿木がどうだったかというと、堂々とした体格と投球フォームには心が惹かれるものの、ストレートの球速が物足りなかった。この肉体的スケールなら140キロ台中盤から後半は出さなければおかしいのに140キロ台前半、あるいは130キロの中盤から後半が多く、そのスピード不足が自信を喪失したような態度によく反映されていた。

 それがこの日は1回から140キロ台中盤を計測し、その速さが最後まで衰えなかった。もちろんピッチャーの価値は速さだけではない。直曲球のキレやコントロールが最も大事だが、この日の柿木は徹底して緩急を低めに集め、それが見事にコントロールされていた。

 北大阪大会ではポイントとなる準々決勝の金光大阪戦、準決勝の履正社戦に先発したのは根尾で、柿木は背番号「1」を付けているが、実質的なエースが根尾だということは起用法を見れば一目瞭然だった。それがこの甲子園大会では勝負どころの初戦、強豪の作新学院戦の先発を任されたのは柿木だった。その起用法に応えようという気持ちはストレートの速さや低めを突く辛抱強い姿に現れていたと言っていい。

 この接戦を決したのは8回裏である。先頭の1番宮﨑 仁斗(3年)が四球で歩き、2番がバントで送って1死二塁としたあと、2死後に打席に入った4番藤原 恭大(3年)が鋭く捉えた打球はライト前に飛び、これを右翼手が後逸する間に二塁走者に続いて打者走者の藤原も生還して、勝負を決する3点目が入った。

 このベース1周は残念ながら藤原が一塁ベースに達したところでストップボタンを押してしまったので計測できなかったが、隣の友人が計測したところによると14.70秒だった。前日の慶應義塾中越戦でもエラー絡みのベース1周が見られ(中越広瀬 航大・1年)、このときのタイムは16.06秒。タイム差1.36秒はいかに藤原の足が驚異的かという証拠である。

 ストップウォッチの数値をもう少し紹介しよう。藤原のベース1周のあとに打席に立った根尾が今度は左中間に二塁打を放ち、このときの二塁到達は7.61秒。また、藤原は6回裏に二盗を決め、このときの二盗に要したタイムは3.28秒。まだある。キャッチャー、小泉の二盗を阻止する二塁スローイングはイニング間の最速が1.87秒だった。どれも見事なタイムばかりで、3対1というスコアを忘れてしまいそうだ。

 

(記事=小関 順二

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
育成の巨人襲名なるか。 横川凱(大阪桐蔭出身)と 井上温大(前橋商出身)に期待 【ニュース - 高校野球関連】
崖っぷちに立った高山優希-柿木蓮の大阪桐蔭の継投リレーで若虎打線を封じる 【ニュース - 高校野球関連】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs天理【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs長田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1266回 なぜJFE東日本に採用されたのか?天才・峯本匠(大阪桐蔭出身)を復活させた落合監督の熱いエール【後編】 【2020年インタビュー】
第1265回 蘇った天才・峯本匠(JFE東日本)の大阪桐蔭時代。2年秋のコールド負けを乗り越え頂点へ【前編】 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
作新学院 【高校別データ】
第100回全国高等学校野球選手権記念大会 【大会別データ】

応援メッセージ (6)

どちらも粉もん 2018.08.06
大阪桐蔭2回戦進出おめでとう!
本当に打つしピッチャーも強いし流石だと思った。
作新学院、大阪桐蔭相手に一点採ったところは感動しました。大差で負けたのではなく3-1!作新学院も流石だと思います。9回表なんて作新学院が一塁二塁まで進んだ時は、お!これは同点来るかも!と思いました。作新学院の底力を見ました。
負けてはしまいましたが、選手達の将来の良い経験になったと思います。
両校とも本当にお疲れ様でした。
大阪桐蔭、次も頑張ってください。
作新学院いやーワシントン 2018.08.04
一回戦からこの二校が戦うとは…
どちらも強豪!
作新学院頑張れ!
春夏連覇⚾きょん 2018.08.04
最強世代
大阪桐蔭大阪桐蔭大阪桐蔭 2018.08.03
昨年のリベンジを果たして!またキャプテンの男泣きが甲子園で観たい!あと、藤原くんのあの優勝⚾
大阪桐蔭連覇リベンジ❗LIBERTY 2018.08.03
春連覇に続き2度目の春夏連覇の偉業達成に全力で戦って下さい❗応援してます❗
大阪桐蔭目指せ優勝!!マシロ 2018.08.02
どこが勝つか分からないくらい強豪校が揃っていますが、桐蔭なら絶対勝てる!!と信じて応援しています。がんばれ桐蔭!がんばれ藤原恭大!

応援メッセージを投稿する

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る